井上 拓真(Takuma Inoue)

井上 拓真(Takuma Inoue)(大橋)

 

本名:井上 拓真
生年月日:1995年12月16日
国籍:日本
戦績:15戦14勝(3KO)1敗

 

【獲得タイトル】
第35代OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座
第49代OPBF東洋太平洋バンタム級王座
WBC世界バンタム級暫定王座

 

【戦歴】
2013/12/06 ○6R判定 3-0(59-55、59-55、59-56) 福原 辰弥(本田フィットネス)
2014/04/06 ○8R判定 3-0(79-73、79-73、79-73) ファーラン・サックリンJr(タイ)
2014/09/05 ○2RKO チャナチャイ・ソーシアムチャイ(タイ)
2014/12/30 ○8R判定 3-0(80-72、80-72、 80-73) ネストール・ナルバエス(亜)

■OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座決定戦
2015/07/06 ○12R判定 3-0(117-110、116-111、115-112) マーク・アンソニー・ヘラルド(比)
※OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座獲得

■OPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ
2015/12/29 ○12R判定 3-0(118-109、118-109、117-110) レネ・ダッケル(比)
※OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座防衛①

■OPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ
2016/05/08 ○2RTKO アフリザル・タンボレシ(インドネシア)
※OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座防衛②(のちに返上)

2016/09/04 ○10R判定 3-0(97-90、97-90、96-91) フローイラン・サルダール(比)
2017/08/30 ○10R判定 3-0(98-92、98-93、97-94) 久高 寛之(仲里)
2017/12/30 ○10R判定 3-0(98-92、97-93、96-94) 益田 健太郎(新日本木村)
2017/05/25 ○1RKO ワルド・サブ(インドネシア)

■WBC世界バンタム級挑戦者決定戦
2018/09/11 ○12R判定 3-0(116-111、117-110、114-113) マーク・ジョン・ヤップ(六島)
※WBC世界バンタム級挑戦権獲得

■WBC世界バンタム級暫定王座決定戦
2018/12/30 ○12R判定 3-0(117-111、117-111、117-111) ペッチ・CPフレッシュマート(タイ)
※WBC世界バンタム級暫定王座獲得

■WBC世界バンタム級王座統一戦
2019/11/07 ●12R判定 0-3(112-115、107-120、110-117) ノルディ・ウーバーリ(仏)
※WBC世界バンタム級暫定王座陥落

■OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ
2021/01/14 ○9R負傷判定 3-0(89-82、89-82、90-81) 栗原 慶太(一力)
※OPBF東洋太平洋バンタム級王座獲得

 

【補足情報】
・兄は世界三階級制覇王者の井上 尚弥(大橋)。従兄は
 WBOアジア太平洋スーパーライト級王者の井上 浩樹(大橋)
・アマチュア戦績:57戦52勝(14KO)5敗。第16代WBO世界ミニマム級王者の
 田中 恒成(畑中)はアマチュア時代のライバル。
・トレーナーは父の井上真吾。
・5戦目でのタイトル獲得は兄と同じ日本2位タイのスピード記録。
・OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座を獲得したヘラルド戦では、最終ラウンドにプロ初の
 ダウンを喫している。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-い-に戻る
索引-T-に戻る 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました