和氣 慎吾(Shingo Wake)

和氣 慎吾(Shingo Wake)(FLARE山上)

 

本名:和氣 慎吾
生年月日:1987年7月21日
国籍:日本
戦績:35戦27勝(19KO)6敗2分

 

【獲得タイトル】
第39代日本スーパーバンタム級王座
第41代OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王座

 

【戦歴】
2006/10/31 ○1RKO 佐藤 慎之介(石丸)
2007/04/18 ○2RKO 飯田 允胤(イマオカ)
2007/05/29 ○4R判定 3-0(40-37、40-37、39-38) 小関 剣太(上滝)
2007/08/06 ●4R判定 0-2(37-39、38-39、38-38) 久保 裕樹(横浜さくら)
2007/12/24 △4R判定 0-1(38-39、39-39、38-38) 宮本 比火地(角海老宝石)
2008/05/16 ●4R判定 0-3(38-39、38-39、38-39) 洞平 勝賢(シャイアン山本)
2008/10/09 ○4R判定 3-0(40-37、40-37、39-37) 大石 秀人(セレス)
2009/03/24 ○6R判定 3-0(60-55、59-55、58-55) 阿部 博明(ピストン堀口)
2009/07/31 ○3RTKO 太田 ユージ(ヨネクラ)
2009/11/07 ●8R判定 0-3(73-80、73-79、73-79) 石本 康隆(帝拳)
2010/02/15 ○6R判定 3-0(59-55、59-56、58-56) 石田 將大(本多)
2010/07/26 ○6R判定 3-0(59-55、59-55、59-56) 高橋 勇治(横浜光)
2010/11/15 ○6RTKO 岡畑 良治(セレス)
2011/04/07 ○8RTKO 岸 裕機(野口)
2011/10/01 △8R判定 1-1(76-77、77-76、76-76) コーチ 義人(角海老宝石)
2012/05/11 ●8R判定 0-3(74-77、75-77、75-77) 中嶋 孝文(ドリーム)
2012/07/11 ○8R判定 3-0(78-74、78-74、77-74) ジョナタン・バァト(比)
2012/11/03 ○8R判定 3-0(79-73、79-74、79-74) 山口 卓也(レイS)

■OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ
2013/03/10 ○10R棄権 小國 以載(VADY)
※OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王座獲得

■OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ
2013/06/10 ○9RTKO 菊地 永太(真正)
※OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王座防衛①

■OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ
2013/10/14 ○3RTKO ジュンリエル・ラモナル(比)
※OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王座防衛②

■OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ
2014/02/10 ○2RKO ジョビー・カツマタ(勝又)
※OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王座防衛③

■OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ
2014/07/21 ○10RTKO リ・ジェーソン(韓)
※OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王座防衛④

■OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ
2015/02/27 ○1RKO ジミー・パイパ(比)
※OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王座防衛⑤

■IBF世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦
2015/06/10 ○12R判定 3-0(119-108、119-108、118-109) マイク・タワッチャイ(タイ)
※IBF世界スーパーバンタム級挑戦権獲得

2016/02/17 ○5RKO ワルド・サブ(インドネシア)

■IBF世界スーパーバンタム級王座決定戦
2016/07/20 ●11RTKO ホナタン・グスマン(ドミニカ共和国)
※IBF世界スーパーバンタム級王座挑戦

2017/07/19 ○5RTKO 瀬藤 幹人(協栄)
2017/09/13 ○8RKO パノムルンレック・カイヤムハーダオジム(タイ)
2017/12/31 ○3RTKO アドゥンデット・サイトーンジム(タイ)
2018/04/17 ○4RTKO ローマン・カント(比)

■日本スーパーバンタム級タイトルマッチ
2018/07/27 ○10RTKO 久我 勇作(ワタナベ)
※日本スーパーバンタム級王座獲得

2019/01/19 ○6RTKO 中嶋 孝文(竹原慎二&畑山隆則)
2019/10/11 ●3RTKO ジュンリエル・ラモナル(比)
2020/08/22 ○6RKO 川島 翔平(真正)

 

【補足情報】
・アマチュア戦績:24戦15勝9敗。高校時代にはインターハイに出場。
・古口ジムよりデビュー、瀬藤 幹人戦よりFLARE山上ジム所属。
・2014年11月頃、WBA世界スーパーバンタム級正規王者スコット・クイッグ(英)への
 世界挑戦が決まるが、和氣の捻挫の為中止となった。
・2014年12月にはWBA/WBO世界スーパーバンタム級王者の
 ギジェルモ・リゴンドウ(キューバ)への挑戦が決まったが、和氣が行方不明となり、
 代役として天笠 尚(山上)の挑戦が決まった。
・2020/03/14には横川 聡也(ミツキ)と対戦する予定だったが、コロナウイルス流行の影響で
 中止されている。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-わ-に戻る
索引-S-に戻る 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました