ギジェルモ・リゴンドウ(Guillermo Rigondeaux)

ギジェルモ・リゴンドウ(Guillermo Rigondeaux)(キューバ)

 

本名:ギジェルモ・リゴンドウ・オルティス
生年月日:1980年9月30日
国籍:キューバ
戦績:22戦20勝(13KO)1敗1無効試合

 

【獲得タイトル】
2001年度世界ボクシング選手権バンタム級優勝(アマチュア)
2005年度世界ボクシング選手権バンタム級優勝(アマチュア)
2003年度パンアメリカン大会バンタム級優勝(アマチュア)
2006年度中央アメリカ・カリブ海大会バンタム級優勝(アマチュア)
シドニーオリンピックバンタム級金メダル(アマチュア)
アテネオリンピックバンタム級金メダル(アマチュア)
NABA北米スーパーバンタム級王座
WBCインターナショナルスーパーバンタム級シルバー王座
リングマガジン世界スーパーバンタム級王座
WBA世界スーパーバンタム級暫定王座
第45代WBA世界バンタム級王座
第33代WBA世界スーパーバンタム級王座
第2代WBA世界スーパーバンタム級スーパー王座
第18代WBO世界スーパーバンタム級王座

 

【戦歴】
2009/05/22 ○3RTKO フアン・ノリエガ(米)
2009/07/17 ○1RTKO ロバート・ギーエン(米)

■NABA北米スーパーバンタム級王座決定戦
2009/09/18 ○3RTKO ジョバンニ・アンドラーデ(ブラジル)
※NABA北米スーパーバンタム級王座獲得

2009/12/16 ○8R判定 3-0(80-71、80-71、79-72) ランテ・アディー(ガーナ)
2010/02/05 ○1RKO アドルフォ・ランデロス(メキシコ)
2010/08/21 ○7R棄権 ホセ・アンヘル・ベランサ(メキシコ)

■WBA世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦
2010/11/13 ○12R判定 2-1(117-109、114-112、112-114) リカルド・コルドバ(パナマ)
※WBA世界スーパーバンタム級暫定王座獲得

■WBA世界スーパーバンタム級暫定タイトルマッチ
2011/03/19 ○1RTKO ウィリー・ケーシー(アイルランド)
※WBA世界スーパーバンタム級暫定王座防衛①

■WBA世界スーパーバンタム級王座統一戦
2012/01/20 ○6RKO リコ・ラモス(米)
※WBA世界スーパーバンタム級王座獲得・防衛②

■WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
2012/06/09 ○5RTKO テオン・ケネディ(米)
※WBA世界スーパーバンタム級王座防衛③

■WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
2012/09/15 ○12R判定 3-0(118-108、118-108、118-109) ロバート・マロキン(米)
※WBA世界スーパーバンタム級王座防衛④

■WBAスーパー/WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦
2013/04/13 ○12R判定 3-0(116-111、115-112、114-113) ノニト・ドネア(比)
※WBA世界スーパーバンタム級スーパー王座獲得・防衛⑤
※WBO世界スーパーバンタム級王座獲得
※リングマガジン世界スーパーバンタム級王座獲得

■WBAスーパー/WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
2013/12/07 ○12R判定 3-0(120-108、120-108、120-108) ジョゼフ・アグベコ(ガーナ)
※WBA世界スーパーバンタム級スーパー王座防衛⑥
※WBO世界スーパーバンタム級王座防衛①

■WBAスーパー/WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
2014/07/19 ○1RKO ソッド・ゴーキャットジム(タイ)
※WBA世界スーパーバンタム級スーパー王座防衛⑦
※WBO世界スーパーバンタム級王座防衛②

■WBAスーパー/WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
2014/12/31 ○11R棄権 天笠 尚(山上)
※WBA世界スーパーバンタム級スーパー王座防衛⑧(のちに休養王座に認定)
※WBO世界スーパーバンタム級王座防衛③(王座剥奪)

■WBCインターナショナルスーパーバンタム級シルバータイトルマッチ
2015/11/21 ○10R判定 3-0(100-90、100-90、97-93) ドリアン・フランシスコ(比)
※WBCインターナショナルスーパーバンタム級シルバー王座獲得(のちに返上)

■WBA世界スーパーバンタム級スーパータイトルマッチ
2016/07/16 ○2R棄権 ジェームズ・ディケンズ(英)
※WBA世界スーパーバンタム級スーパー王座防衛⑨

■WBAスーパー/IBO世界スーパーバンタム級王座統一戦
2017/06/17 ×1R無効試合 モイセス・フローレス(メキシコ)
※タイトル移動なし

■WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
2017/12/09 ●6R棄権 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
※WBO世界スーパーフェザー級王座挑戦

2019/01/13 ○1RKO ヒオバンニ・デルガド(メキシコ)
2019/06/23 ○8RTKO フリオ・セハ(メキシコ)

■WBA世界バンタム級王座決定戦
2020/02/08 ○12R判定 2-1(112-115、116-111、115-112) リボリオ・ソリス(ベネズエラ)
※WBA世界バンタム級王座獲得

■WBA/WBO世界バンタム級王座統一戦
2021/08/14 対戦予定 ジョンリル・カシメロ(比)

 

【補足情報】
・アマチュア戦績:247戦243勝4敗。アルヘニス・メンデス(ドミニカ共和国)
 アブネル・マレス(メキシコ)を破っている。
エリスランディ・ララ(キューバ)とともに亡命未遂事件を起こし、北京五輪への出場は
 できず。その後、亡命に成功し、米国でプロデビュー。
・ファイトスタイルから実力に比べて人気が出ないことや、契約問題でこじれることも多く、
 試合枯れに陥りやすかった。
・2019/12/21にはWBA世界バンタム級王座決定戦としてリボリオ・ソリス(ベネズエラ)と対戦する
 予定だったが、ソリスのビザの問題で延期されている。
・日本語表記ではギジェルモ・リゴンドー、ギレルモ・リゴンド、ギレルモ・リゴンドーなどと
 表記されることもある。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-き-に戻る
索引-G-に戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました