平岡 アンディ(Andy Hiraoka)

平岡 アンディ(Andy Hiraoka)(大橋)

 

本名:平岡 アンディ
生年月日:1996年8月8日
国籍:日本
戦績:17戦17勝(12KO)

 

【獲得タイトル】
2014年度東日本ライト級新人王
初代日本スーパーライト級ユース王座

 

【戦歴】
2013/12/03 ○4RTKO 工藤 克比古(ドリーム)
2014/01/10 ○4R判定 3-0(40-36、40-36、40-37) 橋口 芳邦(白井・具志堅S)
2014/04/04 ○3RTKO 中田 侑(レパード玉熊)
2014/06/20 ○4R判定 3-0(40-36、39-37、39-37) 高橋 善仁(セレス)
2014/09/25 ○4RTKO 関根 翔馬(ワタナベ)

■2014年度東日本ライト級新人王決勝
2014/11/02 ○5R判定 3-0(48-47、48-47、48-47) 中村 槙太郎(角海老宝石)
※東日本新人王獲得

2016/10/03 ○3RTKO ルークタム・N&Pボクシングジム(タイ)
2016/12/30 ○1RKO ナティー・ヨンラクサ(タイ)
2017/05/21 ○6RTKO 山口 祥吾(唯心)
2017/08/23 ○3RTKO 吉開 右京(島袋)

■日本スーパーライト級ユース王座決定戦
2017/11/11 ○5RTKO 小林 孝彦(TEAM 10COUNT)
※日本スーパーライト級ユース王座獲得

2018/02/28 ○8R判定 3-0(80-72、80-72、80-73) 木村 文祐(JM加古川)

■日本スーパーライト級ユースタイトルマッチ
2018/09/11 ○3RTKO 吉開 右京(島袋)
※日本スーパーライト級ユース王座防衛①

2019/07/12 ○10R判定 3-0(97-93、98-93、98-92) 近藤 明広(一力)
2019/11/30 ○2RTKO ロジェリオ・カサレス(米)
2020/10/31 ○4RTKO リッチー・エドワーズ(米)
2021/03/11 ○3RTKO 木村 文祐(JM加古川)
2021/09/09 対戦予定 対戦相手未定

 

【補足情報】
・神奈川県横浜市出身。
・父は米国人。アマチュアボクシングの元選手であり、父の指導のもと、4歳から競技開始。
・花形ジムよりデビュー。米国修行を経て、ルークタム・N&Pボクシングジム戦より
 大橋ジム所属。
・2014年12月21日には2015年度全日本ライト級新人王決定戦として山口 祥吾と対戦する
 予定だったが、平岡が直前にインフルエンザにより倒れ、棄権と
 なっている。2017年3月27日には再度、山口 祥吾と対戦の予定が組まれたが、こちらも
 平岡の棄権で流れ、2か月後に延期の上で対戦した。
・2019年4月8日にはアッチャリヤ・トーチャンタロイ(タイ)との対戦が組まれたが、
 トーチャンタロイの棄権により流れている。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-ひ-に戻る
索引-A-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました