天笠 尚(Hisashi Amagasa)

天笠 尚(Hisashi Amagasa)(FLARE山上)
 
 

本名:天笠 尚
生年月日:1985年10月18日
国籍:日本
戦績:42戦33勝(21KO)7敗2分
 
 

【獲得タイトル】
第58代日本フェザー級王座
第44代OPBF東洋太平洋フェザー級王座
 
 

【戦歴】
2004/12/15 ○1RKO 倉本 雄輔(古口)
2005/03/31 △4R判定 1-0(38-37、38-38、38-38) 大塚 秀一(八王子中屋)
2005/05/31 ○2RKO 豊川 陽樹(笹崎)
2005/09/02 △4R判定 1-1(39-38、38-39、38-38) 萩原 猛(T&T)
2005/11/30 ○1RKO 林 延明 (ファイティング原田)
2006/01/30 ○1RTKO 藤井 智徳(ヨシヒロ)
2006/05/23 ○1RTKO 千木良 恒平(角海老宝石)

■2006年度B級トーナメントフェザー級準決勝
2006/08/23 ●5R判定 1-2(48-49、48-49、49-48) 福田 健造(横田S)
※B級トーナメント敗退

2006/11/30 ●6R判定 0-2(57-59、56-58、58-58) 梶川 悠(宮田)
2007/05/08 ○2RKO 八木橋 淑郎(オサム)
2007/08/07 ○5R判定 3-0(49-47、48-47、48-47) 矢島 ヨシハル(ジャパンS)

■2007年度B級トーナメントフェザー級決勝
2007/10/30 ●6R判定 0-2(57-58、57-58、58-58) 笛木 亮(ジャパンS)
※B級トーナメント敗退

2008/03/05 ○7RTKO 小平 恵司(伴流)
2008/05/26 ○2RTKO 石東 正浩(グリーンツダ)
2008/09/16 ○3RKO L・シッソーイ(タイ)
2008/12/06 ○4RKO 吉田 尚司(フラッシュ赤羽)
2009/02/25 ○8R判定 3-0(79-71、78-73、77-73) 竹内 佑典(JB SPORTS)
2009/05/19 ○7RKO 永田 浩司(ウォズ)
2009/09/19 ○8R判定 2-0(78-75、77-76、76-76) 福島 学(花形)
2010/03/12 ○3RTKO 矢板 貴行(全日本パブリック)

■日本フェザー級タイトルマッチ
2010/06/05 ●10R判定 0-3(93-98、93-98、94-97) 李 冽理(横浜光)
※日本フェザー級王座挑戦

2010/10/16 ○8R判定 3-0(79-74、78-74、77-75) 東上 剛(ドリーム)
2011/02/23 ○2RTKO 凉野 康太(五代)
2011/07/01 ○1RTKO 古谷 充(吉祥寺鉄拳)

■日本フェザー級王座決定戦
2011/12/19 ○5RTKO 鈴木 徹(大橋)
※日本フェザー級王座獲得

■日本フェザー級タイトルマッチ
2012/04/09 ○10R判定 3-0(97-91、97-91、97-92) 上野 則之(RK蒲田)
※日本フェザー級王座防衛①

■日本フェザー級タイトルマッチ
2012/07/20 ○10R判定 3-0(99-90、97-92、96-94) 渡邉 卓也(青木)
※日本フェザー級王座防衛②

■日本フェザー級タイトルマッチ
2012/12/21 ○10R判定 2-1(97-94、96-95、95-96) 脇本 雅行(高砂)
※日本フェザー級王座防衛③

■日本フェザー級タイトルマッチ
2013/04/08 ○10R判定 3-0(97-92、96-93、95-94) 横山 大輔(ワールドS)
※日本フェザー級王座防衛④(のちに返上)

2013/08/10 ○8RTKO ズリ・カンナン(レイS)

■OPBF東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ
2013/10/14 ○12R判定 3-0(116-112、116-112、115-113) 李 冽理(横浜光)
※OPBF東洋太平洋フェザー級王座獲得

■OPBF東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ
2014/03/24 ○8RTKO ビンビン・ルフィーノ(比)
※OPBF東洋太平洋フェザー級王座防衛①

■OPBF東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ
2014/06/24 ○8RTKO マクサイサイ・シットサイトーン(タイ)
※OPBF東洋太平洋フェザー級王座防衛②

■OPBF東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ
2014/10/15 ○12RTKO 竹中 良(三迫)
※OPBF東洋太平洋フェザー級王座防衛③(のちに返上)

■WBAスーパー/WBO世界フェザー級タイトルマッチ
2014/12/31 ●11R棄権 ギジェルモ・リゴンドウ(キューバ)
※WBAフェザー級スーパー王座挑戦
※WBOフェザー級王座挑戦

2015/06/10 ○10R判定 3-0(99-91、98-91、98-92) パトムシット・パトムポン(タイ)
2015/11/11 ○7RTKO ネイサン・ボルシオ(比)

■WBCインターナショナルフェザー級タイトルマッチ
2016/04/16 ●12R判定 0-3(111-117、111-118、107-120) ジョシュ・ウォリントン(英)
※WBCインターナショナルフェザー級王座挑戦

2016/10/20 ○10R判定 3-0(99-93、98-92、97-94) カルロ・デメリーショ(比)
2017/03/10 ○8R判定 3-0(77-74、77-76、76-76) 臼井 欽士郎(横浜光)
2017/06/19 ○3RKO スラシット・シスワンチャイ(タイ)

■WBOアジア太平洋フェザー級王座決定戦
2017/09/29 ●12R判定 0-3(111-117、112-115、113-115) リチャード・プミクピック(比)
※WBOアジア太平洋フェザー級王座挑戦
 
 

【補足情報】
・ 群馬県太田市出身。
・ 高校時代に不登校を経験。高校2年生で競技開始。
・ 異名は「痩身(そうしん)の暗殺者」
・ 世界初挑戦は、失踪した和氣 慎吾(古口)の代役として挑戦し、
 ギジェルモ・リゴンドウを相手に7Rに2度ダウンを奪うものの11R棄権による逆転TKO負けを喫した。
・HS山上ジムよりプロデビュー。矢板 貴行戦よりジム名称が山上ジム、臼井 欽士郎戦より
 FLARE山上ジムと変更されている。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-あ-に戻る
索引-H-に戻る
 
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました