ジョシュ・ウォリントン(Josh Warrington)

ジョシュ・ウォリントン(Josh Warrington)(英)

 

本名:不明
生年月日:1990年11月14日
国籍:英
戦績:33戦31勝(8KO)1敗1分

 

【獲得タイトル】
BBBofC英国フェザー級王座
BBBofC英国フェザー級王座
コモンウェルス英連邦フェザー級王座
EBU欧州フェザー級王座
WBCインターナショナルフェザー級王座
第28代IBF世界フェザー級王座
第31代IBF世界フェザー級王座

 

【戦歴】
2009/10/31 ○4R判定 (40-36) デルロイ・スペンサー(英)
2009/12/20 ○4R判定 (40-36) パベル・セニコフス(英)
2010/03/05 ○4R判定 (40-36) ダニー・マクダーミッド(英)
2010/05/28 ○4R判定 (40-36) ジョン・ライリー(英)
2010/10/02 ○4R判定 (40-36) ユセフ・アル・ハミディ(シリア)
2011/01/22 ○4R判定 (40-36) スティーブ・ゲシン(英)
2011/04/09 ○6R判定 (59-56) クリス・ライリー(英)
2011/04/28 ○6R判定 (60-54) マーク・カラハン(英)
2011/10/22 ○6R判定 (60-55) ドギー・カラン(英)
2011/12/18 ○4R判定 (40-37) イアン・ベイリー(英)
2012/03/03 ○6R判定 (60-54) ダン・ネイラー(英)
2012/06/02 ○4R判定 (40-36) イブラー・リヤズ(英)

■BBBofC英国フェザー級王座決定戦
2012/11/09 ○10R判定 3-0(98-93、97-95、99-92) クリス・マレ(英)
※BBBofC英国フェザー級王座獲得

■BBBofC英国フェザー級タイトルマッチ
2013/03/22 ○10R判定 3-0(100-91、100-91、100-90) ジェイミー・スピイト(英)
※BBBofC英国フェザー級王座防衛①

■BBBofC英国フェザー級タイトルマッチ
2013/09/27 ○10R判定 3-0(100-91、98-92、100-90) イアン・ベイリー(英)
※BBBofC英国フェザー級王座防衛②(のちに返上)

■コモンウェルス英連邦フェザー級王座決定戦
2013/11/02 ○12RTKO サミール・ムヌーネン(英)
※コモンウェルス英連邦フェザー級王座獲得

■コモンウェルス英連邦フェザー級タイトルマッチ
2014/04/19 ○7R棄権 レンドール・ムンロー(英)
※コモンウェルス英連邦フェザー級王座防衛①

■コモンウェルス英連邦フェザー級タイトルマッチ/BBBofC英国フェザー級王座決定戦
2014/05/21 ○12R判定 3-0(119-110、119-110、119-110) マーティン・リンゼイ(英)
※コモンウェルス英連邦フェザー級王座防衛②
※BBBofC英国フェザー級王座獲得(のちに返上)

■EBU欧州フェザー級王座決定戦
2014/10/04 ○4RTKO ダビデ・ディリ(伊)
※EBU欧州フェザー級王座獲得(のちに返上)

2015/02/21 ○5RTKO エドウィン・テジェス(ニカラグア)

■WBCインターナショナルフェザー級王座決定戦
2015/04/11 ○12R判定 3-0(119-109、119-109、119-110) デニス・トゥビエロン(比)
※WBCインターナショナルフェザー級王座獲得

■コモンウェルス英連邦/WBCインターナショナルフェザー級タイトルマッチ
2015/09/05 ○12R判定 3-0(120-108、120-108、120-108) ジョエル・ブランカン(豪)
※WBCインターナショナルフェザー級王座防衛①
※コモンウェルス英連邦フェザー級王座防衛③(のちに返上)

■WBCインターナショナルフェザー級タイトルマッチ
2016/04/16 ○12R判定 3-0(117-111、118-111、120-107) 天笠 尚(山上)
※WBCインターナショナルフェザー級王座防衛②

2016/07/30 ○9RTKO パトリック・ハイランド(アイルランド)

■WBCインターナショナルフェザー級タイトルマッチ
2017/05/13 ○12R判定 2-0(116-112、114-114、116-112) キコ・マルティネス(スペイン)
※WBCインターナショナルフェザー級王座防衛③

■IBF世界フェザー級挑戦者決定戦
2017/10/21 ○10RTKO デニス・セイラン(デンマーク)
※IBF世界フェザー級挑戦権獲得

■IBF世界フェザー級タイトルマッチ
2018/05/19 ○12R判定 2-1(113-115、116-112、115-113) リー・セルビー(英)
※IBF世界フェザー級王座獲得

■IBF世界フェザー級タイトルマッチ
2018/12/22 ○12R判定 3-0(116-113、116-112、116-112) カール・フランプトン(英)
※IBF世界フェザー級王座防衛①

■IBF世界フェザー級タイトルマッチ
2019/06/15 ○12R判定 2-1(116-113、113-115、116-112) キッド・ギャラード(英)
※IBF世界フェザー級王座防衛②

■IBF世界フェザー級タイトルマッチ
2019/10/12 ○2RTKO ソフィアン・タコウシュ(仏)
※IBF世界フェザー級王座防衛③(のちに返上)

2021/02/13 ●9RTKO マウリシオ・ララ(メキシコ) 
2021/09/04 △2R負傷引分 マウリシオ・ララ(メキシコ)

■IBF世界フェザー級タイトルマッチ
2022/03/26 ○7RTKO キコ・マルティネス(スペイン)
※IBF世界フェザー級王座獲得

■IBF世界フェザー級タイトルマッチ
2022/12/10 対戦予定 ルイス・アルベルト・ロペス(メキシコ)

 

【補足情報】
・英-ヨークシャー州リーズ出身。同地を拠点に活動。
・異名は「リーズの戦士」。
・アマチュアで42戦を戦っている。
・パトリック・ハイランド戦ではハイランドが計量超過を犯している。
・日本語表記ではジョッシュ・ウォリントン、ジョシュ・ウォーリントン、
 ジョッシュ・ワーリントン、ジョシュ・ワーリントン、ジョッシュ・ウォーリントン等と
 表記することもある。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-し-に戻る
索引-J-に戻る 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました