田中 恒成(Kosei Tanaka)

田中 恒成(Kosei Tanaka)(畑中)

本名:田中 恒成
生年月日:1995年6月15日
国籍:日本
戦績:17戦16勝(9KO)1敗

【獲得タイトル】
2011年度国体少年の部ライトフライ級優勝(アマチュア)
2011年度インターハイライトフライ級優勝(アマチュア)
2012年度国体少年の部ライトフライ級優勝(アマチュア)
2012年度高校選抜ライトフライ級優勝(アマチュア)
第17代OPBF東洋太平洋ミニマム級王座
第16代WBO世界ミニマム級王座
第19代WBO世界ライトフライ級王座
第18代WBO世界フライ級王座

【戦歴】
2013/11/10 ○6R判定 3-0(60-53、60-54、59-55) オスカー・レクナファ(インドネシア)
2014/03/16 ○8R判定 3-0(79-72、79-73、79-74) ロネル・フェレーラス(比)
2014/07/20 ○1RKO クリソン・オマヤオ(比)

■OPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ
2014/10/30 ○10RTKO 原 隆二(大橋)
※OPBF東洋太平洋ミニマム級王座獲得(のちに返上)

■WBO世界ミニマム級王座決定戦
2015/05/30 ○12R判定 3-0(117-111、115-113、117-111) フリアン・イエドラス(メキシコ)
※WBO世界ミニマム級王座獲得

■WBO世界ミニマム級タイトルマッチ
2015/12/31 ○6RKO ビック・サルダール(比)
※WBO世界ミニマム級王座防衛①(のちに返上)

2016/05/28 ○6RKO レネ・パティラノ(比)

■WBO世界ライトフライ級王座決定戦
2016/12/31 ○5RTKO モイセス・フエンテス(メキシコ)
※WBO世界ライトフライ級王座獲得

■WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ
2017/05/20 ○12R判定 3-0(117-110、117-110、116-111) アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)
※WBO世界ライトフライ級王座防衛①

■WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ
2017/09/13 ○9RTKO パランポン・CPフレッシュマート(タイ)
※WBO世界ライトフライ級王座防衛②(のちに返上)

2018/03/31 ○9RTKO ロニー・バルドナド(比)

■WBO世界フライ級タイトルマッチ
2018/09/24 ○12R判定 2-0(114-114、115-113、116-112) 木村 翔(青木)
※WBO世界フライ級王座獲得

■WBO世界フライ級タイトルマッチ
2019/03/16 ○12R判定 3-0(119-109、117-111、117-111) 田口 良一(ワタナベ)
※WBO世界フライ級王座防衛①

■WBO世界フライ級タイトルマッチ
2019/08/24 ○7RTKO ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)
※WBO世界フライ級王座防衛②

■WBO世界フライ級タイトルマッチ
2019/12/31 ○3RKO ウラン・トロハツ(中)
※WBO世界フライ級王座防衛③(のちに返上)

■WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
2020/12/31 ●8RTKO 井岡 一翔(Ambition)
※WBO世界スーパーフライ級王座挑戦

2021/12/11 ○10R判定 2-1(96-94、94-96、96-95) 石田 匠(井岡)

【補足情報】
・アマチュア戦績:51戦46勝(13KO・RSC)5敗。高校4冠を達成。
・中京高校ではOPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者の石原英康が指導するボクシング部に
 所属。その後中京大学へ進学している。
・王座獲得時のWBO世界ミニマム級王座決定戦は高山 勝成(仲里)が王座を返上したことに
 よるもの。
・4戦目でのOPBF東洋太平洋王座獲得、5戦目での世界王座獲得は日本最速記録。
・フリアン・イエドラス戦の勝利でWBOの2015年6月度の月間MVPに選出された。

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

索引に戻る
索引-た-に戻る
索引-K-に戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました