橋詰 将義(Masayoshi Hashizume)

橋詰 将義(Masayoshi Hashizume)(角海老宝石)

 

本名:橋詰 将義
生年月日:1993年11月28日
国籍:日本
戦績:20戦18勝(11KO)2分

 

【獲得タイトル】
2014年度全日本スーパーフライ級新人王
第39代OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座
WBOアジア太平洋スーパーフライ級王座

 

【戦歴】
2013/09/11 ○3RTKO ペットサーイファー・ルークメーラムプーイジム(タイ)
2013/12/31 ○1RKO ロッタン・ウォーポーシーサケット(タイ)
2014/04/20 ○4R判定 3-0(39-36、39-37、38-36) 田中 隆介(森岡)
2014/07/20 ○4R判定 3-0(40-35、40-36、39-37) 木久 健次(大鵬)
2014/09/14 ○1RKO 梶川 武士(守口東郷)
2014/11/09 ○1RKO 櫻井 栄太(富士)

■2014年度全日本スーパーフライ級新人王決定戦
2014/12/21 ○3R負傷判定 3-0(30-27、30-28、29-28) 米永 章吾(宮田)
※全日本新人王獲得

2015/04/22 ○3RKO セーンラチャン・ソーテパタニー(タイ)
2015/09/27 ○1RKO ペットナムヌン・ソーパンヨーキット(タイ)
2015/12/31 ○4RTKO ケン・メナヨーシン(タイ)
2016/07/20 ○5RTKO セーントーン・トーブアマート(タイ)
2016/12/31 ○4RKO チャットペット・サイトーンジム(タイ)
2017/04/23 ○4RTKO チャンチャイ・サイトーンジム(タイ)
2017/09/13 ○8R判定 3-0(80-71、80-71、80-71) トンクラー・イサーントラクター(タイ)
2017/12/10 △8R判定 0-1(75-77、77-77、76-76) 藤本 耕太(江見)
2018/02/24 ○8R判定 3-0(80-73、78-75、78-76) 村井 貴裕(グリーンツダ)
2018/07/29 ○8R判定 3-0(80-71、80-71、80-72) マージュン・パンティルガン(比)

■日本スーパーフライ級タイトルマッチ
2018/12/09 △10R判定 1-1(95-96、97-93、95-95) 奥本 貴之(グリーンツダ)
※日本スーパーフライ級王座挑戦

2019/04/21 ○8R判定 3-0(77-75、79-75、79-74) ジェイアール・エスティリモス(六島)
2021/07/21 ○8RTKO 湊 義生(JM加古川)

■OPBF東洋太平洋/WBOアジア太平洋スーパーフライ級王座決定戦
2022/02/28 ○12R判定 3-0(115-113、116-112、118-110) 古谷 昭男(六島)
※OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座獲得
※WBOアジア太平洋スーパーフライ級王座獲得

■WBOアジア太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ
2022/06/29 対戦予定 田中 恒成(畑中)

 

【補足情報】
・大阪府出身。
・中学1年生で競技を開始。
・井岡ジムよりデビューし、湊 義生戦より角海老宝石所属。
・西日本新人王、西軍代表獲得時にはMVPを受賞。
・憧れのボクサーはナジーム・ハメド(英)

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-は-に戻る
索引-M-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました