原 隆二(Ryuji Hara)

原 隆二(Ryuji Hara)(大橋)
 
 

本名:原 隆二
生年月日:1990年7月10日
国籍:日本
戦績:25戦23勝(14KO)2敗
 
 
 

【獲得タイトル】
2007年度インターハイモスキート級優勝(アマチュア)
2008年度選抜大会ライトフライ級優勝(アマチュア)
2008年度インターハイモスキート級優勝(アマチュア)
2008年度国体少年の部ライトフライ級優勝(アマチュア)
2010年度全日本ミニマム級新人王
第25代日本ミニマム級王座
第16代OPBF東洋太平洋ミニマム級王座
 
 

【戦歴】
2010/02/05 ○1RKO ウィタヤ・シットサイトーン(タイ)
2010/07/16 ○1RKO 小菅 健太(全日本パブリック)
2010/09/28 ○4R判定 3-0(40-37、40-37、39-38) 大平 剛(花形)
2010/11/03 ○4R判定 3-0(39-37、39-38、38-37) 安慶名 健(横浜光)

■2010年度全日本ミニマム級新人王決定戦
2010/12/19 ○5RTKO 伊藤 秀平(真正)
※全日本新人王獲得

2011/02/03 ○4RTKO ニュークリア・ソータナピニョ(タイ)
2011/04/02 ○1RTKO キッティカセム・ケットキャユー(タイ)
2011/07/11 ○6RTKO 石井 博(レイS)
2011/10/24 ○2RTKO アティワットレック・チャイヨンジム(タイ)
2011/12/31 ○2RTKO マルテン・ルモリー(インドネシア)
2012/04/01 ○2RKO ヨクトン・ポーンチャイジット(タイ)
2012/05/05 ○6RTKO カオカラット・カオラーンレックジム(タイ)

■日本ミニマム級王座決定戦
2012/10/02 ○10R判定 3-0(97-94、97-95、96-94) 堀川 謙一(SFマキ)
※日本ミニマム級王座獲得

■日本ミニマム級タイトルマッチ
2013/02/26 ○10R判定 3-0(97-94、95-94、95-94) 岩橋 裕馬(森岡)
※日本ミニマム級王座防衛①

■日本ミニマム級タイトルマッチ
2013/06/02 ○10R判定 3-0(95-94、95-94、95-94) 伊藤 秀平(真正)
※日本ミニマム級王座防衛②

■日本ミニマム級タイトルマッチ
2013/10/21 ○10R判定 3-0(96-91、96-91、95-92) 國重 隆(ワタナベ)
※日本ミニマム級王座防衛③(のちに返上)

■OPBF東洋太平洋ミニマム級王座決定戦
2014/03/30 ○12R判定 2-0(115-111、115-111、113-113) ドニー・マバオ(比)
※OPBF東洋太平洋ミニマム級王座獲得

2014/06/23 ○10R判定 3-0(99-90、99-90、98-92) ファリス・ネンゴ(インドネシア)

■OPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ
2014/10/30 ●10RTKO 田中 恒成(畑中)
※※OPBF東洋太平洋ミニマム級王座陥落

2015/05/31 ○2RKO ペッチナムチャイ・ソークラウォン(タイ)

■IBF世界ミニマム級タイトルマッチ
2015/09/27 ●8RTKO 高山 勝成(仲里)
※IBF世界ミニマム級王座挑戦

2016/04/10 ○3RTKO 大前 貴史(中日)
2016/12/30 ○8R判定 3-0(78-74、78-75、77-75) 山本 浩也(全日本パブリック)
2017/03/27 ○6RTKO 金沢 晃佑(大鵬)
2017/10/02 ○2RTKO シーニー・ウォラチナ(タイ)
 
 
 

【補足情報】
・静岡県伊東市出身。
・アマチュア戦績:38戦36勝(16KO・RSC)2敗。台湾ジュニア国際トーナメントでも優勝している。
・高校卒業後には競馬学校へ進むものの、ボクシングへの未練が捨てきれず中退しプロ転向。
・2018/04/07にはWBO世界ライトフライ級タイトルマッチとしてアンヘル・アコスタ(プエルトリコ)
 対戦する予定だったが、原の負傷により流れている。
・のちの世界二階級制覇王者である田中 恒成と対戦し、10RTKOで敗れている。
 
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-は-に戻る
索引-R-に戻る
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました