八重樫 東(Akira Yaegashi)

八重樫 東(Akira Yaegashi)(大橋)

 

本名:八重樫 東
生年月日:1983年2月25日
国籍:日本
戦績:35戦28勝(16KO)7敗

 

【獲得タイトル】
2000年度インターハイ モスキート級優勝(アマチュア)
2002年度国体成年の部 ライトフライ級優勝(アマチュア)
第11代OPBF東洋太平洋ミニマム級王座
第23代日本ミニマム級王座
リングマガジン世界フライ級王座
第20代WBA世界ミニマム級王座
第40代WBC世界フライ級王座
第22代IBF世界ライトフライ級王座

 

【戦歴】
2005/03/26 ○1RKO 中山 智善(黒潮)
2005/05/18 ○1RKO プーンサワット・ウアサムパン(タイ)
2005/08/22 ○2RKO ダンチャイ・シスサイソン(タイ)
2005/12/05 ○10R判定 3-0(99-93、98-94、97-96) エルマー・ゲホン(比)

■OPBF東洋太平洋ミニマム級王座決定戦
2006/04/03 ○5RKO ウィーラサック・チューワッタナ(タイ)
※OPBF東洋太平洋ミニマム級王座獲得

■OPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ
2006/09/18 ○1RKO リエンペット・タイヨン(タイ)
※OPBF東洋太平洋ミニマム級王座防衛①(のちに返上)

■WBC世界ミニマム級タイトルマッチ
2007/06/04 ●12R判定 0-3(107-119、107-119、108-118) イーグル 京和(角海老宝石)
※WBC世界ミニマム級挑戦

2008/04/30 ○10R判定 3-0(98-93、98-93、98-94) 久田 恭裕(横浜さくら)

■日本ミニマム級挑戦権獲得トーナメント準決勝
2008/07/01 ●6R判定 0-2(57-58、57-58、58-58) 辻 昌建(帝拳)
※日本ミニマム級挑戦権獲得トーナメント準決勝敗退

2008/09/15 ○2RTKO トンタイレック・ポーウォラシン(タイ)
2008/10/18 ○8R判定 3-0(79-74、79-74、78-76) 須田 拓弥(沼田)
2009/03/17 ○3RTKO ウォーラウット・ウォーポーシサケット(タイ)

■日本ミニマム級王座決定戦
2009/06/21 ○10R判定 3-0(97-94、97-95、96-95) 堀川 謙一(SFマキ)
※日本ミニマム級王座獲得

■日本ミニマム級タイトルマッチ
2009/09/05 ○10R判定 3-0(99-91、98-92、98-92) 金田 淳一朗(白井・具志堅S)
※日本ミニマム級王座防衛①

■日本ミニマム級タイトルマッチ
2010/05/01 ○10R判定 3-0(97-94、96-94、95-94) 武市 晃輔(金沢)
※日本ミニマム級王座防衛②

■日本ミニマム級タイトルマッチ
2011/04/02 ○10R判定 3-0(100-91、99-91、99-92) 田中 教仁(ドリーム)
※日本ミニマム級王座防衛③

■WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
2011/10/24 ○10RTKO ポンサワン・ポープラムック(タイ)
※WBA世界ミニマム級王座獲得

■WBA/WBC世界ミニマム級王座統一戦
2012/06/20 ●12R判定 3-0(114-115、113-115、113-115) 井岡 一翔(井岡)
※WBA世界ミニマム級王座陥落
※WBC世界ミニマム級王座挑戦

2013/01/05 ○9RKO サンムアンローイ・ゴーキャットジム(タイ)

■WBC世界フライ級タイトルマッチ
2013/04/08 ○12R判定 3-0(115-110、116-109、117-108) 五十嵐 俊幸(帝拳)
※WBC世界フライ級王座獲得
※リングマガジン王座獲得

■WBC世界フライ級タイトルマッチ
2013/08/12 ○12R判定 3-0(116-110、115-111、116-110) オスカル・ブランケット(メキシコ)
※WBC世界フライ級王座防衛①

■WBC世界フライ級タイトルマッチ
2013/12/06 ○12R判定 3-0(116-112、117-111、117-111) エドガル・ソーサ(メキシコ)
※WBC世界フライ級王座防衛②

■WBC世界フライ級タイトルマッチ
2014/04/06 ○9RKO オディロン・サレタ(メキシコ)
※WBC世界フライ級王座防衛③

■WBC世界フライ級タイトルマッチ
2014/09/05 ●9RTKO ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)
※WBC世界フライ級王座陥落

■WBC世界ライトフライ級王座決定戦
2014/12/30 ●7RKO ペドロ・ゲバラ(メキシコ)
※WBC世界ライトフライ級王座挑戦

2015/05/01 ○2RTKO ソンセーンレック・ポスワンジム(タイ)
2015/08/20 ○3RKO サイド・サイド(インドネシア)

■IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ
2015/12/29 ○判定 3-0(120-107、117-111、119-109) ハビエル・メンドサ(メキシコ)
※IBF世界ライトフライ級王座獲得

■IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ
2016/05/08 ○12R判定 2-1(115-113、116-113、113-115) マルティン・テクアペトラ(メキシコ)
※IBF世界ライトフライ級王座防衛①

■IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ
2016/12/30 ○12RTKO サマートレック・ゴーキャットジム(タイ)
※IBF世界ライトフライ級王座防衛②

■IBF世界ライトフライ級王座統一戦
2017/05/21 ●1RTKO ミラン・メリンド(比)
※IBF世界ライトフライ級王座陥落

2018/03/26 ○2RTKO フランス・ダムール・パルエ(インドネシア)
2018/08/17 ○7RTKO 向井 寛史(六島)
2019/04/08 ○2RTKO サハパップ・ブノップ(タイ)

■IBF世界フライ級タイトルマッチ
2019/12/23 ●9RTKO モルティ・ムザラネ(南ア)
※IBF世界フライ級王座挑戦

 

【補足情報】
・アマチュア戦績は70戦56勝(15KO・RSC)14敗。拓殖大卒業後にプロ転向した。
・プロ5戦目で王座獲得は当時、日本最速タイ記録となった。
・ポンサワン・ポープラムック戦は世界的に高評価された試合であり、アジアの極東で
 行われたこの試合を、本場ラスベガスの記者たちが世界に配信しようと躍起になった。
 結果、数々のボクシングメディアから様々な受賞をする試合となった。
・井岡一翔戦での敗戦後、再起戦として戦ったサンムアンローイ・ゴーキャットジムは
 現役のWBCアジア(ABCO)フライ級王者であった。
・軽量級最強と目されたローマン・ゴンサレスを挑戦者に迎えた試合では壮絶なKO負けを喫したが
 立ち向かう姿に、国内だけでなく世界のメディアからも称賛の声が上がった。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-や-に戻る
索引-A-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました