クリス・ユーバンクJr(Chris Eubank Jr)

クリス・ユーバンクJr(Chris Eubank Jr)(英)

 

本名:クリストファー・リビングストーン・ユーバンク・ジュニア
生年月日:1989年9月18日
国籍:イギリス
戦績:33戦31勝(23KO)2敗

 

【獲得タイトル】
BBBofC英国ミドル級王座
IBO世界スーパーミドル級王座
IBO世界スーパーミドル級王座
WBA世界ミドル級暫定王座
WBA世界ミドル級暫定王座

 

【戦歴】
2011/11/12 ○4RTKO キリル・ソンコ(リトアニア)
2012/02/18 ○6R判定 (58-56) ジェイソン・ボール(英)
2012/04/14 ○4RTKO パウル・アリソン(英)
2012/05/12 ○6R判定 (60-54) ハリー・マシューズ(英)
2012/07/07 ○6R判定 (59-57) ケリー・カラザース(英)
2012/09/12 ○3RTKO タダス・ジョンクス (リトアニア)
2012/10/13 ○8R判定 (80-72) ルスラン・ポジョニセス(ラトビア)
2012/12/01 ○8R判定 (80-73) ブラッドリー・プライス(英)
2012/12/08 ○2RTKO オレーク・ヒョードル(ラトビア)
2013/06/08 ○8RTKO タイアン・ブース(英)
2013/09/14 ○3RTKO アレクセイ・リブチェフ(ブルガリア)
2013/11/16 ○6RTKO フランキー・ボルグ(英)
2014/02/22 ○3R棄権 アリスター・ウォーレン(英)
2014/04/12 ○2RTKO サンダー・ミクストア(ハンガリー)
2014/05/10 ○7RTKO ロバート・シュースビンスキー(ポーランド)
2014/06/07 ○6RTKO ステパン・ホルバート(チェコ)
2014/07/26 ○1RTKO イバン・ユキッチ(クロアチア)
2014/10/25 ○2RTKO オマー・シアラ(独)

■EBU欧州/BBBofC英国/コモンウェルス英連邦ミドル級タイトルマッチ
2014/11/29 ●12R判定 1-2(114-115、116-113、113-115) ビリー・ジョー・サンダース(英)
※EBU欧州ミドル級王座挑戦
※BBBofC英国ミドル級王座挑戦
※コモンウェルス英連邦ミドル級王座挑戦

■WBAミドル級暫定タイトルマッチ
2015/02/28 ○12RTKO ディミトリー・チュディノフ(ロシア)
※WBA世界ミドル級暫定王座獲得

■WBAミドル級暫定タイトルマッチ
2015/10/24 ○2RTKO トニー・ジーター(米)
※WBA世界ミドル級暫定王座防衛①(のちに返上)

■WBA世界ミドル級挑戦者決定戦
2015/12/12 ○7R棄権 ゲーリー・オサリバン(アイルランド)
※WBA世界ミドル級挑戦権獲得

■BBBofC英国ミドル級タイトルマッチ
2016/03/26 ○10RTKO ニック・ブラックウェル(英)
※BBBofC英国ミドル級王座獲得

■BBBofC英国ミドル級タイトルマッチ
2016/06/25 ○4RTKO トム・ドラン(英)
※BBBofC英国ミドル級王座防衛①(のちに返上)

■IBO世界スーパーミドル級タイトルマッチ
2017/02/04 ○10RTKO レイノルド・クインラン(豪)
※IBO世界スーパーミドル級王座獲得

■IBO世界スーパーミドル級タイトルマッチ
2017/07/15 ○12R判定 3-0(118-110、118-110、120-108) アルツール・アブラハム(独)
※IBO世界スーパーミドル級王座防衛①

■IBO世界スーパーミドル級タイトルマッチ
2017/10/07 ○3RKO アブニ・イルドリム(トルコ)
※IBO世界スーパーミドル級王座防衛②

■WBAスーパー/IBO世界スーパーミドル級王座統一戦/WBSSシーズン1スーパーミドル級準決勝
2018/02/17 ●12R判定 0-3(112-117、112-116、113-115) ジョージ・グローブス(英)
※IBO世界スーパーミドル級王座陥落
※WBA世界スーパーミドル級スーパー王座挑戦
※WBSSシーズン1スーパーミドル級準決勝敗退

2018/09/28 ○3R棄権 JJ・マクドナー(アイルランド)

■IBO世界スーパーミドル級王座決定戦
2019/02/23 ○12R判定 3-0(114-111、115-111、117-108) ジェームズ・デゲール(英)
※IBO世界スーパーミドル級王座獲得

■WBA世界ミドル級暫定王座決定戦
2019/12/07 ○2RTKO マット・コロボフ(ロシア)
※WBA世界ミドル級暫定王座獲得(のちに廃止)

2021/05/01 ○10R判定 3-0(98-92、98-92、98-92) マーカス・モリソン(英)
2021/10/16 ○5R棄権 ワニック・アウディジャン(独)

 

【補足情報】
・父は元世界二階級制覇王者でスーパーミドル級で長期政権を築いたクリス・ユーバンク。
 親子2代での世界タイトル獲得は7組目。
・ビリー・ジョー・サンダース戦は元オリンピック代表 対 名王者ジュニアとして、
 また、英国の無敗ホープ同士の一戦ということで世界中で注目を集めた。
・WBAミドル級暫定王座獲得後、フランク・ウォーレン・プロモーションから
 ライバルでもあるマッチルーム・プロモーションへ移籍している。
・WBAミドル級暫定王座は不活動を理由に剥奪が決定したが、その後にジーター戦が
 決定済みであることをWBA側へ説明。ジーター戦後の王座返上とし、挑戦者決定戦へ
 出場することでWBAと陣営が合意した。
・クリス・ユーバンク・ジュニアと表記されることも多い。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-く-に戻る
索引-C-に戻る 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました