木村 隼人(Hayato Kimura)

木村 隼人(Hayato Kimura)(ワタナベ)
 
 

本名:木村 隼人
生年月日:1989年6月23日
国籍:日本
戦績:39戦28勝(19KO)11敗
 
 

【獲得タイトル】
日本バンタム級暫定王座
韓国スーパーフライ級王座
WBOアジア太平洋スーパーフライ級暫定王座
 
 

【戦歴】
2005/06/23 ○6R判定 (採点不明) チャーンビットノイ・クランビナライヨン(タイ)
2005/10/24 ○6RTKO デッチサック・シスサイソン(タイ)
2006/03/26 ○3RKO ジェンサク・ソーティアブクン(タイ)
2006/06/05 ○2RKO ヨードケン・シンワンチャー(タイ)
2007/03/24 ○8R判定 3-0(78-74、79-73、78-76) 小室 裕一朗(新松戸高橋)
2007/06/16 ○3RKO チョン・ジンキ(韓)
2007/09/12 ○8R判定 3-0(78-74、78-74、78-75) 清水 慎悟(マーベラス)

■韓国スーパーフライ級王座決定戦
2007/12/06 ○10R判定 3-0(採点不明) ソン・ギョンジン(韓)
※韓国スーパーフライ級王座獲得

■韓国スーパーフライ級タイトルマッチ
2008/03/22 ○4RKO ジョ・ヨンキ(韓)
※韓国スーパーフライ級王座防衛①(のちに返上)

2008/06/24 ○6RTKO 関川 陽介(金子)
2008/07/30 ○3RTKO ガーンチャイ・クローンパジョン(タイ)

■WBOアジア太平洋スーパーフライ級暫定王座決定戦
2008/10/11 ○3RKO リトル・ロスマン(インドネシア)
※WBOアジア太平洋スーパーフライ級暫定王座獲得(のちに返上)

2009/02/23 ○10R判定 3-0(採点不明) ロイ・ドルギエス(比)

■韓国バンタム級王座決定戦
2009/04/27 ●10R判定 1-2(採点不明) チェ・スンソク(韓)
※韓国バンタム級王座獲得失敗

2009/09/19 ○3RTKO ソンセーンレック・ポスワンジム(タイ)
2009/10/16 ○4RTKO ジョルダ ルイジ 石原(グリーンツダ)
2010/01/03 ●10R判定 0-3(採点不明) ブリックス・レイ(比)
2010/04/06 ○5RTKO BJ・ドロロサ(比)

■WBOアジア太平洋バンタム級王座決定戦
2010/07/17 ●5RKO AJ・バナル(比)
※WBOアジア太平洋バンタム級王座獲得失敗

2010/10/19 ●8RTKO モービル・マーチン(中日)
2011/05/14 ○2RKO ニカルド・カランバ(比)
2011/09/29 ○2RKO アデリノ・バロンカス(比)
2011/12/07 ○4RKO コソル・ソーウォラピン(タイ)

■WBCインターナショナルスーパーフライ級タイトルマッチ
2012/04/27 ●6R棄権 オーレードン・シッサマーチャイ(タイ)
※WBCインターナショナルスーパーフライ級王座獲得失敗

2013/11/01 ○4R棄権 杉田 純一郎(ヨネクラ)

■2013年度A級トーナメントスーパーフライ級決勝
2014/01/17 ○8R判定 3-0(79-74、78-75、77-76) 久保 幸平(セレス)
※A級トーナメント優勝

2014/04/13 ●5R負傷判定 0-2(46-50、46-49、48-48) マーロン・タパレス(比)
2014/07/30 ●8R判定 0-3(72-79、73-78、74-78) マイケル・ダスマリナス(比)
2014/10/24 ○5R負傷判定 3-0(50-45、50-45、49-46) 小野木 協栄(協栄)
2015/05/02 ○6R負傷判定 3-0(60-55、60-56、59-56) ジョマール・ファハルド(比)

■日本スーパーフライ級タイトルマッチ
2015/09/27 ●10R判定 0-3(91-99、93-98、93-97) 石田 匠(井岡)
※日本スーパーフライ級王座獲得失敗

2015/12/31 ○1RKO ペットナムヌン・ソーパンヨーキット(タイ)
2016/02/17 ○8R判定 3-0(78-75、78-75、77-76) 白石 豊土(協栄)

■日本スーパーフライ級王座決定戦
2016/10/06 ●10R判定 1-2(93-97、95-97、96-95) 中川 健太(レイS)
※日本スーパーフライ級王座獲得失敗

2017/04/10 ○5RTKO トンクラー・イサーントラクター(タイ)

■OPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ
2017/07/19 ●12R判定 0-3(113-117、112-116、113-115) レネ・ダッケル(比)
※OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座獲得失敗

2018/02/26 ○7RTKO 山下 賢哉(白井・具志堅S)

■日本バンタム級暫定王座決定戦
2018/12/20 ○8RTKO 高野 誠三(真正)
※日本バンタム級暫定王座獲得

■日本バンタム級王座統一戦
2019/04/18 ●5RTKO 齊藤 裕太(花形)
※日本バンタム級暫定王座陥落
 
 

【補足情報】
・神奈川県川崎市出身。
・父の木村 幸広(京浜川崎)もプロボクサーだった。
・タイでライセンスを取得し15歳でデビュー、小室 裕一朗戦より拠点を韓国に移した。杉田 純一郎戦からは、
 ワタナベジム所属となっている。
・ハヤト・チュワタナのリングネームでデビュー。小室 裕一朗戦より、日本で戦う場合は本名、
 国外で戦う場合にはユ・ジュニン(柳 準人)のリングネームを使用した。リトル・ロスマン戦以降は
 国外でのリングネームをビッグ・ヨーとしている。
・2017/01/30に高橋 竜平(横浜光)との対戦が予定されていたが、
 高橋の計量超過により試合が中止されている。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-き-に戻る
索引-H-に戻る
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました