中川 健太(Kenta Nakagawa)

中川 健太(Kenta Nakagawa)(三迫)

 

本名:中川 健太
生年月日:1985年8月7日
国籍:日本
戦績:26戦21勝(12KO)4敗1分

 

【獲得タイトル】
第38代日本スーパーフライ級王座
第42代日本スーパーフライ級王座
第44代日本スーパーフライ級王座

 

【戦歴】
2004/12/06 ○4R判定 3-0(39-37、39-37、39-38) 笠井 康(高崎)

■2005年度東日本スーパーフライ級新人王予選
2005/04/12 ●4R判定 0-3(36-40、37-40、37-40) 石本 康隆(帝拳)
※東日本新人王敗退

2005/08/31 ○4R判定 3-0(39-37、39-38、38-37) 度会 雄一(笹崎)
2011/09/27 ●4R判定 1-2(38-39、38-39、39-38) 蔦野 哲平(帝拳)
2012/04/01 ○3R棄権 ワイルドボア 上田(レイS)
2012/08/21 ○4RKO 知念 大樹(石神井S)
2013/04/23 ○3RKO 村田 智哉(KG大和)
2013/10/16 ○3RTKO 阿知和 賢(ワタナベ)
2014/03/07 ○3RTKO 萩原 猛(T&T)
2014/12/09 ○3RTKO 中村 量(野口)
2015/02/10 ○3RTKO 西村 崇(ヨシヤマ)
2015/06/26 △3R負傷引分 白石 豊土(協栄)
2015/12/21 ○8R判定 2-1(77-74、76-75、76-77) 田之岡 条(小熊)
2016/04/26 ○4RTKO 濱田 修士(REBOOT)
2016/07/08 ○3RTKO 乾 諒介(花形)

■日本スーパーフライ級王座決定戦
2016/10/06 ○10R判定 2-1(97-93、97-95、95-96) 木村 隼人(ワタナベ)
※日本スーパーフライ級王座獲得

■日本スーパーフライ級タイトルマッチ
2017/03/22 ●7RKO 船井 龍一(ワタナベ)
※日本スーパーフライ級王座陥落

2017/09/21 ○1RKO ペットガオガラット・ガオラーンレックジム(タイ)
2017/12/06 ○3RTKO バンチャー・サイトーンジム(タイ)
2018/03/23 ○8R判定 3-0(80-69、80-69、80-69) クアンペット・ゲーオクワンリゾートボクシングキャンプ(タイ)
2019/05/18 ○7RTKO 那須 亮祐(グリーンツダ)

■日本スーパーフライ級タイトルマッチ
2019/12/08 ○10R判定 3-0(98-92、98-92、99-92) 奥本 貴之(グリーンツダ)
※日本スーパーフライ級王座獲得

■日本スーパーフライ級タイトルマッチ
2020/07/22 ○9R負傷判定 3-0(88-83、88-84、88-84) ユータ 松尾(ワールドS)
※日本スーパーフライ級王座防衛①

■WBOアジア太平洋/日本スーパーフライ級王座統一戦/OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座決定戦
2020/12/14 ●10RTKO 福永 亮次(角海老宝石)
※WBOアジア太平洋スーパーフライ級王座挑戦
※OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座挑戦
※日本スーパーフライ級王座陥落

2021/11/19 ○8R判定 3-0(77-75、77-75、77-75) 廣本 彩刀(角海老宝石)

■日本スーパーフライ級王座決定戦
2022/04/23 ○10R判定 3-0(98-91、98-91、99-90) 久高 寛之(仲里)
※日本スーパーフライ級王座獲得

■日本スーパーフライ級タイトルマッチ
2022/08/09 ○10R判定 3-0(96-94、97-93、97-93) 梶 颯(帝拳)
※日本スーパーフライ級王座防衛①

 

【補足情報】
・千葉県市川市出身。
・ロッキージムからプロデビューし、中村 量戦はエルコンドルジム所属。白石 豊土戦からは
 ジムがエルコンドルベロスと名称を変え、濱田 修士戦からレイS所属、那須 亮祐戦より
 三迫ジム所属となっている。
・のちにWBOインターナショナルスーパーバンタム級王者となる石本 康隆と対戦し、
 判定で敗れている。
・度会 雄一戦後、一度はボクシングを辞めるが、高校の同級生である船井 龍一(ワタナベ)
 試合に感化されて復帰。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-な-に戻る
索引-K-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました