田之岡 条(Joe Tanooka)

田之岡 条(Joe Tanooka)(小熊)

 

本名:田之岡 条
生年月日:1993年12月5日
国籍:日本
戦績:29戦15勝(1KO)9敗5分

 

【獲得タイトル】
2013年度東日本スーパーフライ級新人王

 

【戦歴】
2011/08/01 ○4R判定 3-0(40-36、40-36、40-37) 水品 秀和(厚木平野)
2011/11/29 △4R判定 1-1(37-38、38-37、38-38) 西野 謙太郎(ワタナベ)
2012/03/29 ○4R判定 2-1(39-38、39-38、38-39) 戸邉 淳之介(横浜さくら)
2012/06/26 ○4R判定 2-0(39-37、39-38、38-38) 堀口 立(T&T)
2012/08/07 △4R判定 1-1(38-37、37-39、38-38) 山見 亮太(シャイアン山本)

■2012年度東日本スーパーフライ級新人王予選
2012/09/27 △4R判定 1-1(38-39、39-38、38-38) 齊藤 裕太(北澤)
※東日本新人王敗退(規定により齊藤の勝者扱い)

2012/12/31 ○4R判定 3-0(40-37、39-37、39-38) 荒井 勇輝(ワタナベ)
2013/07/31 ○4R判定 2-0(39-37、39-38、38-38) 野並 宇光(角海老宝石)
2013/09/26 ○4R判定 2-0(40-36、39-36、38-38) 木下 貴大(石川ジム立川)

■2013年度東日本スーパーフライ級新人王決勝
2013/11/03 ○5R判定 2-1(48-47、48-47、47-48) 藤北 誠也(三迫)
※東日本新人王獲得

■2013年度全日本スーパーフライ級新人王決定戦
2013/12/22 ●5R判定 0-3(47-49、47-48、47-48) 永仮 智洋(本田フィットネス)
※全日本新人王敗退

2014/04/11 ○6R判定 3-0(58-54、58-56、57-55) 大保 龍斗(横浜さくら)
2014/08/08 ○6R判定 2-0(59-56、59-56、57-57) 小関 準(伴流)
2014/11/07 ●8R判定 0-3(72-79、75-78、74-77) 斎藤 洋輝(ワタナベ)
2015/02/27 ○8R判定 3-0(79-73、78-74、78-74) 山下 賢哉(古口)
2015/05/07 ○8R判定 3-0(78-74、78-74、78-74) 永安 潤之介(川島)
2015/09/17 ○8R判定 3-0(79-74、79-74、78-74) 松山 真虎(ワタナベ)
2015/12/21 ●8R判定 1-2(74-77、75-76、77-76) 中川 健太(エルコンドルベロス)
2016/07/15 ○4RTKO 住友 将吾(RK蒲田)
2016/11/15 △8R判定 (77-75、76-77、76-76) 阿知和 賢(ワタナベ)
2017/05/15 ○6R負傷判定 (58-56、58-57、58-57) 長井 一(ワタナベ)

■日本スーパーフライ級ユース王座決定戦
2017/08/22 ●1RTKO 山下 賢哉(白井・具志堅S)
※日本スーパーフライ級ユース王座挑戦

2018/02/26 ○8R判定 3-0(77-76、77-75、78-74) 渡辺 健一(ドリーム)
2018/08/24 ●8R判定 0-3(75-77、75-78、75-78) 大嶋 剣心(帝拳)
2018/12/13 ●8R判定 0-3(74-79、74-78、75-77) 小山内 幹(ワタナベ)
2019/05/10 △1R負傷引分 水谷 直人(KG大和)
2019/08/02 ●8R判定 0-3(75-77、74-78、73-79) 水谷 直人(KG大和)
2021/04/14 ●3RTKO 川浦 龍生(川島)
2021/07/24 ●5R棄権 田井 宜広(RST)

 

【補足情報】
・埼玉県ふじみ野市出身。
・2020/03/07には栗原 慶太(一力)と対戦する予定だったが、
 新型コロナウイルス流行の影響で中止されている。
・のちに日本バンタム級王者となる齊藤 裕太と対戦し、引分けている。
・のちに日本スーパーフライ級王座を二度獲得する中川 健太と対戦し、判定で敗れている。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-た-に戻る
索引-J-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました