堀畑 道弘(Michihiro Horihata)

堀畑 道弘(Michihiro Horihata)(協栄山神)
 
 

本名:堀畑 道弘
生年月日:1952年9月6日
国籍:日本
戦績:40戦21勝(15KO)16敗3分
 
 

【獲得タイトル】
1971年度全日本ミドル級新人王
第12代日本スーパーウェルター級王座
 
 
 

【戦歴】
1971/04/18 ○1RKO 北島 剛(中村)
1971/05/31 ○2RKO 館石 清(不二)
1971/08/09 ○1RKO 佐藤 精一(ヤジマ)
1971/09/26 △4R判定 (採点不明) 後藤 茂久(ヨネクラ)
1971/11/14 ○1RKO 浜田 勇(石橋)
1971/12/26 ○1RKO 井下 富士男(笹崎)

■1971年度全日本ミドル級新人王決定戦
1972/01/28 ○5RKO 柳川 昭一(中日)
※全日本新人王獲得

1972/03/28 ●6R判定 (採点不明) 平出 弘道(笹崎)
1972/06/20 ●8R判定 (採点不明) 加島 雷三(常滑)
1972/08/26 ○3RKO 中川 仁士(帝拳宇都宮)
1972/10/23 ○6RKO 沖田 健(石橋)

■日本スーパーウェルター級王座決定戦
1972/12/18 ●5RKO タートル 岡部(笹崎)
※日本スーパーウェルター級王座挑戦

1973/03/04 ●9RKO ユ・ジェドゥ(韓)
1973/04/13 ○8R判定 (採点不明) 尾崎 信義(晴海)
1973/09/08 ●10R判定 0-3(48-50、48-50、49-50) 柴田 賢治(堀内)

■日本ミドル級王座決定戦
1973/11/16 ●3RKO フラッシャー 石橋(石橋)
※日本ミドル級王座挑戦

1976/08/21 ○1RTKO 吉永 正美(平石)
1976/10/09 ●10R判定 (採点不明) ピーター 南木(神林)
1977/01/04 ●10R判定 0-3(43-49、43-49、44-50) 柴田 賢治(堀内)
1977/03/17 ●10R判定 (採点不明) イ・ソンチョル(韓)
1977/07/19 ○2RKO 吉永 正美(平石)
1977/12/13 ○10RKO 串木野 光夫(宮崎)
1978/03/19 ●8R判定 (採点不明) キム・チュソク(韓)
1978/07/20 ○4RKO 浜本 敬一(中平)

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1978/09/09 ●10R判定 0-3(46-48、47-49、47-48) 柴田 賢治(斉田)
※日本スーパーウェルター級王座挑戦

1978/11/27 ○10R判定 2-0(47-46、47-47、47-46) 龍 反町(野口)
1979/06/02 ●3RKO パク・チョンパル(韓)

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1979/07/11 ○10RKO 柴田 賢治(斉田)
※日本スーパーウェルター級王座獲得

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1979/10/18 △10R判定 1-0(98-98、98-98、99-98) 柴田 賢治(斉田)
※日本スーパーウェルター級王座防衛①

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1980/02/18 ○4RKO ウォーリー 花田(国際)
※日本スーパーウェルター級王座防衛②

■OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級タイトルマッチ
1980/05/30 ●12R判定 0-3(113-120、113-120、114-119) 三原 正(三迫)
※OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座挑戦

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1980/08/30 ○8RKO ターザン 桃原(新日本サイトー)
※日本スーパーウェルター級王座防衛③

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1981/02/24 ○10R判定 3-0(99-95、100-94、99-95) 串木野 光夫(進光)
※日本スーパーウェルター級王座防衛④

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1981/05/28 ○10R判定 3-0(98-97、99-95、100-96) 北村 雅英(進光)
※日本スーパーウェルター級王座防衛➄

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1981/08/06 ○10R判定 3-0(98-96、99-97、99-95) 中尾 和美(中日)
※日本スーパーウェルター級王座防衛⑥

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1981/10/15 △10R判定 0-0(97-97、99-99、98-98) 沢田 勝博(熊本)
※日本スーパーウェルター級王座防衛⑦

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1982/01/18 ●10R判定 1-2(98-99、98-99、100-94) 新井 容日(大星)
※日本スーパーウェルター級王座陥落

■OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級タイトルマッチ
1982/06/13 ●2RKO ペク・インチョル(韓)
※OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座挑戦

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1982/09/03 ●7R負傷判定 1-2(59-60、59-60、60-58) 沢田 勝博(熊本)
※日本スーパーウェルター級王座挑戦

1983/01/25 ○10R判定 3-0(100-95、100-95、99-96) 東條 信次(ヨネクラ)
 
 

【補足情報】
・北海道北見市出身。中学校卒業後、綾瀬市に就職、鶴見工高に通う。
・厚木市にあったリキイシ拳に入ったがすぐにジムが閉鎖、藤沢市の山神ジムに移り、
 ジム初めての全日本新人王を獲得。
・フラッシャー 石橋戦に敗れて、やる気をなくし、2年8カ月ジムから遠ざかる。
・吉永 正美戦でカムバック、東洋ウェルター級王者の龍 反町から金星を挙げた後、柴田 賢治との
 4度目の対戦で日本Sウェルター級王座に就く。
・178㎝の長身サウスポー、同じサウスポーの海老原 博幸(協栄)関 光徳(新和)が目標だったという。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-ほ-に戻る
索引-M-に戻る

コメント

  1. 猫じい より:

    既出かもしれませんが、堀畑道弘さんは本名です。

    引退されてから横浜市内の中華料理店に勤められ、ボクシング関係者も頻繁に出入りしていたようですが、そのお店が閉店・廃業してからは、ご自身で小さな中華料理店を営んでおられます。

    私も年に何度か行きますが、堀畑さんはオーナーシェフですから、行けば必ず逢えますよ。テレビでも何度か放映されていますから、ご存知かもしれませんね。

    詳細をご希望でしたら、メールで小生までお尋ね下さい。

  2. seki より:

    猫じいさん

    教えていただいてありがとうございます。
    本名、記載させて頂いました。

    横浜に行く機会があれば、寄るお店としてチェックさせていただきますね。
    ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました