岩佐 亮佑(Ryosuke Iwasa)

岩佐 亮佑(Ryosuke Iwasa)(セレス)

 

本名:岩佐 亮佑
生年月日:1989年12月26日
国籍:日本
戦績:31戦27勝(17KO)4敗

 

【獲得タイトル】
2007年度高校選抜バンタム級優勝(アマチュア)
2007年度インターハイバンタム級優勝(アマチュア)
2007年度国体少年の部バンタム級優勝(アマチュア)
2010年度最強後楽園バンタム級優勝
第66代日本バンタム級王座
第44代OPBF東洋太平洋バンタム級王座
第24代IBF世界スーパーバンタム級王座
IBF世界スーパーバンタム級暫定王座

 

【戦歴】
2008/08/02 ○5RTKO 高橋 慎弥(岐阜ヨコゼキ)
2008/10/16 ○6R判定 3-0(59-56、58-56、58-57) エドガル・アレンデ(メキシコ)
2009/02/21 ○1RTKO 花木 章年(大一スペースK)
2009/05/16 ○2RKO ウォーラウット・ムアンシマ(タイ)
2009/09/05 ○7RTKO ファラソナ・フィダル(インドネシア)
2010/01/16 ○8R判定 3-0(80-72、80-72、80-72) マルビン・タンポス(比)
2010/04/15 ○2RTKO 佐藤 裕樹(ハラダ)

■2010年度最強後楽園バンタム級決勝
2010/09/05 ○4RTKO 臼井 欽士郎(横浜光)
※最強後楽園バンタム級優勝

■日本バンタム級タイトルマッチ
2011/03/05 ●10RTKO 山中 慎介(帝拳)
※日本バンタム級王座獲得失敗

2011/08/06 ○2RKO ラス・マヌディン(インドネシア)

■日本バンタム級王座決定戦
2011/11/18 ○10R判定 3-0(98-92、98-92、97-92) ゼロフィット・ジェロッピ瑞山(千里馬神戸)
※日本バンタム級王座獲得

■日本バンタム級タイトルマッチ
2012/03/03 ○1RKO 村井 勇希(グリーンツダ)
※日本バンタム級王座防衛①

■日本バンタム級タイトルマッチ
2012/07/07 ○7RTKO 益田 健太郎(新日本木村)
※日本バンタム級王座防衛②(のちに返上)

2012/10/27 ○10R判定 3-0(100-90、100-90、100-90) ダビド・デラモラ(メキシコ)
2013/03/02 ○10R判定 3-0(98-92、97-92、97-93) マーク・ジョン・ヤップ(比)
2013/07/06 ○10R判定 3-0(100-90、100-90、100-90) ジェッカー・ブハウェ(比)

■OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ
2013/12/06 ○5RTKO 椎野 大輝(三迫)
※OPBF東洋太平洋バンタム級王座獲得

■OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ
2014/03/25 ○12R判定 2-0(116-112、116-113、114-114) リチャード・プミクピック(比)
※OPBF東洋太平洋バンタム級王座防衛①(のちに返上)

2014/09/06 ○2RKO ロミー・ワッサー(インドネシア)
2015/02/18 ○2RTKO リカルド・ロア(比)

■IBF世界バンタム級暫定王座決定戦
2015/06/13 ●6RTKO リー・ハスキンス(英)
※IBF世界バンタム級暫定王座獲得失敗

2015/11/24 ○5R負傷判定 3-0(50-46、50-46、50-46) マーロン・アルシリヤ(比)
2016/02/06 ○7RKO デニス・トゥビエロン(比)
2016/07/12 ○3RKO パトムシット・パトムポン(タイ)
2017/03/02 ○3RTKO グレン・メデュラ(比)

■IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
2017/09/13 ○6RTKO 小國 以載(角海老宝石)
※IBF世界スーパーバンタム級王座獲得

■IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
2018/03/01 ○12R判定 3-0(118-110、119-109、120-108) エルネスト・サウロン(比)
※IBF世界スーパーバンタム級王座防衛①

■IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
2018/08/16 ●12R判定 0-3(113-115、112-116、112-117) TJ・ドヘニー(アイルランド)
※IBF世界スーパーバンタム級王座陥落

■IBF世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦
2019/02/16 ○10R負傷判定 2-0(95-95、97-93、98-92) セサール・フアレス(メキシコ)
※IBF世界スーパーバンタム級挑戦権獲得

■IBF世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦
2019/12/07 ○11RTKO マーロン・タパレス(比)
※IBF世界スーパーバンタム級暫定王座獲得

■WBAスーパー/IBF世界スーパーバンタム級王座統一戦
2021/04/03 ●5RTKO ムロジョン・アクマダリエフ(ウズベキスタン)
※IBF世界スーパーバンタム級暫定王座陥落
※WBA世界スーパーバンタム級スーパー王座獲得失敗

 

【補足情報】
・アマチュア戦績:66戦60勝(42KO・RSC)6敗。当初中学卒業後、進学せずにプロボクサーに
 なるつもりだったが、ジムの会長であるセレス 小林(国際)の説得で、
 高校のボクシング部で実績を積んだ。
・日本バンタム級王座は、世界戦準備に入る為に返上した。
・OPBF東洋太平洋バンタム級王座は、IBF世界バンタム級挑戦者決定戦への出場が
 決まったことにより返上した。
・リカルド・ロア戦は当初、セルヒオ・ペラレス(米)とのIBF世界バンタム級挑戦者決定戦の
 予定だったが、ペラレスの膝の故障により変更された。
・IBF世界バンタム級暫定王座決定戦は、正規王者ランディ・カバジェロ(米)の足首の負傷に
 伴うもの。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-い-に戻る
索引-R-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました