辻本 英守(Hidemori Tsujimoto)

辻本 英守(Hidemori Tsujimoto)(大星)
 
 

本名:辻本 英守
生年月日:1944年4月29日
国籍:日本
戦績:68戦44勝(22KO)20敗4分
 
 

【獲得タイトル】
第16代日本ライト級王座
 
 

【戦歴】
1962/02/24 ●4R判定 (採点不明) 瓊田 盟(九州)
1962/04/26 ●4R判定 (採点不明) 浜石 徳夫(大真)
1962/06/01 ○1RKO 林 好成(興和)
1962/07/14 ○4R判定 (採点不明) 八木 閲雄(中平)
1962/07/24 △4R判定 (採点不明) 白波瀬 和寿(平安)
1962/09/19 ○4R判定 (採点不明) 山中 祐(伊丹)
1962/10/11 ○4RKO 佐藤 正光(三鷹)
1962/10/26 ○4R判定 (採点不明) 大重 広志(オール)
1962/11/10 ○1RKO 金子 広吉(京洛)

■1962年度西日本バンタム級新人王予選
1962/11/24 ●4R判定 (採点不明) 坂井 幹雄(大拳)
※西日本新人王敗退

1963/01/07 ○2RKO 平田 輝雄(中外)
1963/01/27 ●4R判定 (採点不明) 津川 勝(オール)
1963/05/28 △4R判定 (採点不明) 佐藤 正明(東邦)
1963/06/08 ○4R判定 (採点不明) 君島 五郎(中村)
1963/06/25 ●4R判定 (採点不明) 庄司 武宏(エバラ)
1963/07/30 ○6R判定 (採点不明) 岡島 弘一(エバラ)
1963/09/17 ○6R判定 (採点不明) 畑井 一男(東邦)
1963/10/15 ●6R判定 (採点不明) 山本 幸一(日東)
1963/11/09 ○6R判定 (採点不明) 庄子 武宏(エバラ)
1963/12/17 ○1RTKO 岡島 弘一(エバラ)
1964/01/14 ○8R判定 (採点不明) 松本 邦宏(神戸)
1964/02/25 ○8R判定 (採点不明) 村上 忠輝(野口)
1964/03/23 ●8R判定 (採点不明) 福地 英雄(帝拳)
1964/04/28 ○6R判定 (採点不明) 佐藤 輝八郎(船橋)
1964/08/16 ○6R判定 (採点不明) 玉山 吉雄(神戸)
1964/09/10 ●10R判定 0-3(43-49、43-40、43-50) 高田 安信(極東)
1964/10/12 ○6R判定 (採点不明) 西田 三郎(平安)
1964/12/31 ○6R判定 (採点不明) 安武 良一(極東)
1965/03/06 ○8R判定 (採点不明) 斉藤 英二郎(興伸)
1965/04/25 △10R判定 1-1(45-46、46-46、47-46) 岡野 耕司(草加金平)
1965/05/20 ●10R判定 0-3(46-49、46-49、47-49) 沼田 義明(極東)
1965/08/14 ●5RTKO ヤング・テロール(比)
1965/12/12 ○10RTKO ルーベン・アリディドン(比)
1966/03/25 ○10R判定 (採点不明) 筑波 裕二(鈴木)

■日本ライト級王座決定戦
1966/07/24 ●10R判定 0-2(47-49、49-49、47-48) 三上 富士男(三鷹)
※日本ライト級王座挑戦

1967/03/05 ○10R判定 3-0(50-43、50-44、50-43) 益子 勇治(東拳)
1967/06/08 ○4RKO キム・ファナム(韓)
1967/08/17 ○4RKO ノームキッド・ラングフォード(豪)
1967/10/26 ○9RKO ドニー・テソリオ(比)
1967/11/23 ○4RKO ソ・キジン(韓)
1968/02/19 ○10R判定 3-0(50-45、50-45、50-44) 中山 哲雄(リキ)
1968/03/28 ○9RKO ジェシー・ネセサリオ(比)
1968/04/25 ○7RKO ベビー・カシアス(比)

■OBF東洋(OPBF東洋太平洋)ライト級タイトルマッチ
1968/06/07 ●12R判定 0-3(49-60、52-59、47-60) ペドロ・アデグ(比)
OBF東洋(OPBF東洋太平洋)ライト級王座挑戦

1968/08/01 ○5RKO フリスコ・モンテマイヤー(比)

■日本ライト級タイトルマッチ
1968/10/17 △10R判定 1-0(47-47、47-47、48-46) 染谷 彰久(野口)
※日本ライト級王座挑戦

1968/12/19 ●10R判定 0-3(42-50、42-50、43-50) カルロス・テオ・クルス(ドミニカ共和国)
1969/01/09 ○10R判定 3-0(48-43、49-42、48-42) ファントム 小川(東海)
1969/03/13 ○5RKO 市原 功(青木)
1969/04/10 ○9RKO チョ・ヨンチョル(韓)
1969/06/05 ○10R判定 3-0(50-42、49-44、49-43) ベルナルド・マグノ(比)

■日本ライト級王座決定戦
1969/10/02 ○5RKO 虎岩 純(野口)
※日本ライト級王座獲得

1969/11/06 ○4RKO 城谷 佳人(石橋)

■日本ライト級タイトルマッチ
1970/01/21 ●10R判定 0-3(47-49、47-50、47-48) 高山 将孝(ピストン堀口)
※日本ライト級王座陥落

1970/03/19 ○10R判定 3-0(49-47、49-45、50-46) ライオン・サン(韓)
1970/06/27 ○2RKO 阿蘇 行憲(勝又)
1970/08/08 ●9R棄権 エディ・パーキンス(米)
1974/10/11 ○8RKO 新井 和治(帝拳)
1974/11/17 ○10R判定 3-0(50-43、50-44、50-45) 渡辺 猛(セキ)
1975/01/13 ○10R判定 (採点不明) 柳川 昭一(中日)
1975/05/01 ○10RKO アラブ・スガ(京浜川崎)
1975/10/12 ●8R判定 (採点不明) 鈴木 三尋(国際)
1976/01/16 ●10R判定 1-2(48-50、46-50、49-48) 鈴木 三尋(国際)
1976/04/15 ○4RKO 吉永 正美(平石)
1976/05/26 ●10R判定 (採点不明) 白鳥 和徳(中日)
1976/09/24 ○9RKO 串木野 光夫(宮崎ワールド)
1977/04/11 ●8RKO 小野 稔(新日本宇都宮)
1977/11/26 ●8RKO ピーター 南木(神林)
 
 

【補足情報】
・奈良県生駒郡片桐町(現:大和郡山市)出身。
・弟は日本ウェルター級王者、江坂ジム会長の辻本 章次(ヨネクラ)
・奈良県奈良市で土産物店を営む家庭に生まれた。母はナギナタ選手、姉は
 陸上選手。高校2年の時友人に誘われ大星ジムへ入門。高校を中退し、競艇場で
 働きながらボクシングを続けたが、一層の上昇を期して1963年4月会長に無断で上京、
 リキジムへ入った。力道山会長は大星ジムから預かるという形にして練習させた。力道山の
 不慮の死の後、一時大星ジムへ戻ったが、沼田 義明に敗れたのを機に極東ジムへ
 預けられる形となり、沼田の良きパートナーとして行動を共にした。沼田曰く
 「一発のパンチは無いけど、良いボクシングをしてたよ。試合もしたし、スパーは
  しょっちゅう。でも辻本くん、早くに亡くなったんだよね…。」。
・カシアス・クレイ(モハメド・アリ(米))を尊敬し、トランクス、シューズ、ガウンも白色、
 ファイトスタイルも似通い“和製クレイ”と称された。身長は172㎝だったがリーチに
 恵まれた左で距離を計り、右のフック、ストレート、アッパーを武器に、ロープに詰めての
 連打が得意だった。当時16連勝中の岡野 耕司と引分け、日本ライト級王者の染谷 彰久に
 挑んだ一戦では終盤KO寸前まで追い込み、勝利を確信しながら引き分けに終わるなど、
 「大魚を逸する」試合が多かった。エディ・パーキンスに敗れて引退状態にあったが、
 4年後にカムバックし、一時は日本ウェルター級2位にランクされた。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-つ-に戻る
索引-H-に戻る
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました