虎岩 純(Jun Koiwa)

虎岩 純(Jun Koiwa)(野口)

 

本名:岩田 肇
生年月日:1944年1月31日
国籍:日本
戦績:42戦26勝(6KO)8敗8分

 

【獲得タイトル】
なし

 

【戦歴】
1963/06/08 ○4R判定 池沢 治彦(東京ボーリング)
1963/07/30 ○2RKO 田谷 一夫(内野)
1963/08/27 ○1RKO 大山 明(日東)
1963/09/24 ○4R判定 (採点不明) 米永 正夫(国民)

■1963年度東日本フェザー級新人王予選
1963/10/21 ●4R判定 (採点不明) 鈴木 繁(金平)
※東日本新人王敗退

1963/11/19 ○1RKO 浜田 慶三(布施)
1963/12/24 ○4R判定 (採点不明) 内田 康晴(興伸)
1964/01/18 ○4R判定 (採点不明) 石井 昭利(鈴木)
1964/02/25 △4R判定 (採点不明) 日高 宏(野口)
1964/03/31 ○4R判定 (採点不明) 平山 昭男(高橋)
1964/06/02 △4R判定 (採点不明) 大橋 和義(青木)
1964/06/25 △4R判定 (採点不明) 千葉 信夫(ヨネクラ)
1964/08/15 △4R判定 (採点不明) 千葉 信夫(ヨネクラ)
1964/12/17 ○4R判定 (採点不明) 高木 貞雄(串田)
1965/03/04 ○4R判定 (採点不明) 三津山 立直(串田)
1965/03/21 ○5R棄権 山下 昇(新和)
1965/04/26 ○6R判定 (採点不明) 二川 力(帝拳)
1965/05/24 △6R判定 (採点不明) 東海林 博(ヨネクラ)
1965/07/08 ●6R判定 (採点不明) 三橋 高夫(田辺)
1965/09/09 ○6R判定 (採点不明) 石田 喜久夫(野口)
1965/10/24 ○6R判定 (採点不明) 金本 登(帝拳)
1965/11/07 ○5R棄権 虎谷 一吠(新和)
1966/01/10 ○8R判定 (採点不明) 和泉 仁秋(革新)
1966/02/06 ○8R判定 (採点不明) 虎谷 一吠(新和)
1966/06/19 ○8R判定 (採点不明) 中川 雅司(船橋)
1966/12/19 ○6R判定 (採点不明) 吉良 喜代志(大阪帝拳)
1967/01/09 △8R負傷判定 (採点不明) 中山 哲雄(中野)
1967/03/02 ○3RKO 清水 精(ヨネクラ)
1967/04/03 ○8R判定 (採点不明) 松尾 典志(熊本)
1967/08/10 ○8R判定 (採点不明) 遠藤 憲夫(晴海)
1967/11/16 ○8R判定 (採点不明) 遠藤 憲夫(晴海)
1968/01/10 ●8R判定 (採点不明) 森 敏春(神戸)
1968/02/26 ○10R判定 (採点不明) 三橋 高夫(田辺)
1968/03/21 ●10R判定 0-3(46-49、46-49、48-49) 沼田 義明(極東)
1968/08/10 ○10R判定 3-0(48-45、48-46、48-45) 中川 昭二(船橋)
1968/11/11 ●6RKO ハーバート・カン(韓)
1969/04/24 △10R判定 (採点不明) 沼田 義明(極東)
1969/07/31 ○10R判定 2-0(48-48、48-46、48-47) 石山 六郎(極東)

■日本ライト級王座決定戦
1969/10/02 ●5RKO 辻本 英守(大星)
※日本ライト級王座挑戦

1969/11/27 ●2RKO 沼田 義明(極東)
1970/02/22 △10R判定 1-1(48-48、48-47、46-47) 沢口 和広(金子)

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
1970/04/01 ●3RKO 東海林 博(ヨネクラ)
※日本スーパーフェザー級王座挑戦

 

【補足情報】
・静岡県駿東郡小山町出身。
・息子はプロボクサーの岩田 学(横田)。
・本名でリキジムよりプロデビュー。その後、清水 精戦からリキ・イシケンジムに移り、
 沼田 義明1戦目より野口ジムへ移り、リングネームを虎岩 純と改めた。
・のちに世界スーパーフェザー級王座2団体統一王者となる沼田 義明と3度対戦し、
 2敗1分となっている。
・のちにOBF東洋スーパーフェザー級王者となる石山 六郎と対戦し、判定で勝利している。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-こ-に戻る
索引-J-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました