佐々木 基樹(Motoki Sasaki)

佐々木 基樹(Motoki Sasaki)(帝拳)
 
 

本名:佐々木 基樹
生年月日:1975年10月27日
国籍:日本
戦績:55戦42勝(26KO)12敗1分
 
 

【獲得タイトル】
1998年度東日本スーパーライト級新人王
2000年度A級トーナメントウェルター級優勝
第29代日本スーパーライト級王座
第34代OPBF東洋太平洋ウェルター級王座
第33代OPBF東洋太平洋スーパーライト級王座
 
 
 

【戦歴】
1997/02/04 ○2RKO 佐藤 晃一(ヨネクラ)
1997/04/21 ●3RKO 佐藤 剣治(ワタナベ)
1997/07/21 ○2RKO 中村 淳一(輪島功一S)
1998/06/23 ○1RKO 相馬 代典(本庄)
1998/08/28 ○4R判定 (採点不明) 佐藤 剣治(ワタナベ)
1998/09/29 ○2RTKO 関 博(シシド)

■1998年度東日本スーパーライト級新人王決勝
1998/11/08 ○1RKO 稲垣 勇輝(木更津グリーンベイ)
※東日本新人王獲得

■1998年度全日本スーパーライト級新人王決定戦
1998/12/19 ●3RKO 大塚 陽介(松田)
※全日本新人王敗退

1999/03/15 ○5R負傷判定 3-0(40-36、40-37、40-38) 苗代幅 健友(五代)
1999/07/19 ○3RTKO 馬場 大輔(野口)
1999/12/20 ○4RTKO 細谷 厚志(オークラ)
2000/02/21 ●10R判定 1-2(96-95、93-97、96-97) 戸田 憲士(オークラ)
2000/05/15 ○10R判定 3-0(100-91、100-89、100-90) ボーイ・リガス(比)
2000/08/31 ○4R負傷判定 3-0(40-38、40-38、39-38) 川上 三雄(石川)

■2000年度KSD杯争奪A級トーナメントウェルター級決勝
2000/10/20 ○8R判定 2-0(78-77、78-77、77-77) 日高 和彦(殿台赤城)
※A級トーナメント優勝

2001/02/17 ○8R判定 3-0(79-76、80-75、79-76) 戸田 憲士(オークラ)
2001/07/16 ○10R判定 (採点不明) 戸田 憲士(オークラ)

■日本ウェルター級タイトルマッチ
2001/10/02 ●10R判定 0-2(96-97、96-97、96-96) 永瀬 輝男(ヨネクラ)
※日本ウェルター級王座挑戦

2002/02/05 ○6R棄権 向後 美彦(銚子)
2002/07/15 ○1RTKO 阪東 竜(三迫)
2002/10/09 ○5RKO 春山 正太(オークラ)
2002/12/16 ○4RKO イ・グァンノ(韓)

■日本スーパーライト級タイトルマッチ
2003/02/15 ○9RTKO 湯場 忠志(都城レオS)
※日本スーパーライト級王座獲得

■日本スーパーライト級タイトルマッチ
2003/05/19 ●5RTKO 江口 慎吾(大橋)
※日本スーパーライト級王座陥落

2003/11/17 ○4RTKO 加藤 祐二(ヨネクラ)
2004/04/19 ○3RTKO 春山 正太(オークラ)
2004/06/04 ○4RKO トンダン・ウォースラポン(タイ)
2004/09/20 ○8R判定 3-0(79-74、79-74、79-75) 工藤 密(本田フィットネス)

■日本スーパーライト級タイトルマッチ
2005/03/05 ●10R判定 0-2(93-96、94-95、95-95) 木村 登勇(横浜光)
※日本スーパーライト級王座挑戦

2005/08/21 ○1RKO 小森 光幸(F.I)
2005/11/26 ○10R判定 3-0(99-92、99-92、99-93) ダウディ・バハリ(インドネシア)
2006/03/20 △10R判定 1-0(97-93、95-95、95-95) 山岡 靖昌(広島三栄)
2006/07/17 ●10R判定 1-2(96-97、95-96、96-95) 飯田 幸治(ヨネクラ)
2007/02/19 ○5RKO アスウィン・カブイ(インドネシア)
2007/04/16 ○3RTKO 小暮 飛鴻(八王子中屋)
2007/06/18 ○7R負傷判定 2-0(68-65、68-65、67-67) 柴田 明雄(ワタナベ)

■OPBF東洋太平洋ウェルター級タイトルマッチ
2008/02/16 ○6RTKO レブ・サンティリャン(石神井S)
※OPBF東洋太平洋ウェルター級王座獲得

■OPBF東洋太平洋ウェルター級タイトルマッチ
2008/06/21 ○12R判定 3-0(120-109、119-110、118-110) ダルシム・ナンガラ(インドネシア)
※OPBF東洋太平洋ウェルター級王座防衛①

■OPBF東洋太平洋ウェルター級タイトルマッチ
2008/12/06 ○7RTKO レブ・サンティリャン(石神井S)
※OPBF東洋太平洋ウェルター級王座防衛②

■OPBF東洋太平洋ウェルター級タイトルマッチ
2009/07/04 ○7R負傷判定 3-0(70-64、70-65、69-64) デクスター・デラダ(比)
※OPBF東洋太平洋ウェルター級王座防衛③(のちに返上)

■WBA世界ウェルター級タイトルマッチ
2009/10/03 ●12R判定 0-3(107-119、107-119、107-119) ビチェスラフ・センチェンコ(ウクライナ)
※WBA世界ウェルター級王座挑戦

2010/04/03 ○6RTKO イ・ソンヘン(韓)

■OPBF東洋太平洋スーパーライト級タイトルマッチ
2010/07/20 ○12R判定 2-1(115-113、115-113、113-114) ランディ・スイコ(比)
※OPBF東洋太平洋スーパーライト級王座獲得

■OPBF東洋太平洋スーパーライト級タイトルマッチ
2010/11/06 ○7RKO ゲイスラー・AP(インドネシア)
※OPBF東洋太平洋スーパーライト級王座防衛①

■OPBF東洋太平洋スーパーライト級タイトルマッチ
2011/04/20 ○5RTKO キム・パンス(韓)
※OPBF東洋太平洋スーパーライト級王座防衛②

■WBC世界ライト級タイトルマッチ
2011/06/25 ●11R負傷判定 (89-99、89-99、88-100) ウンベルト・ソト(メキシコ)
※WBC世界ライト級王座挑戦

2012/01/14 ○8R判定 3-0(80-73、79-73、79-74) ロエル・ラグナ(比)
2012/06/02 ○8R判定 3-0(80-72、79-73、79-74) アモール・ティノ(比)
2012/11/14 ○1RKO フランス・ヤランガ(インドネシア)

■OPBF東洋太平洋ライト級王座決定戦/日本ライト級タイトルマッチ
2013/05/04 ●12R判定 0-3(111-116、110-116、110-116) 加藤 善孝(角海老宝石)
※OPBF東洋太平洋ライト級王座挑戦
※日本ライト級王座挑戦

2016/02/06 ○6RKO 宮崎 辰也(マナベ)
2016/08/02 ○8R判定 3-0(78-74、78-75、78-75) 岡崎 祐也(中内)
2016/12/24 ○1RTKO 木村 勇樹(極東)
2017/05/07 ●6R判定 0-3(55-59、56-58、57-58) 石川 元希(M.T)
2017/11/19 ●10R判定 0-2(95-96、95-96、96-96) アクセル 住吉(関門JAPAN)
 
 

【補足情報】
・東京都府中市出身。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。
・少年時には少林寺拳法を経験。
・協栄ジムよりプロデビュー。
・レブ・サンティリャン1戦目より帝拳ジム所属。
・加藤 善孝戦の敗北で引退するも、2年半を置いて復帰している。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 
 

索引に戻る
索引-さ-に戻る
索引-M-に戻る
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました