湯場 忠志(Tadashi Yuba)

湯場 忠志(Tadashi Yuba)(都城レオS)

 

本名:湯場 忠志
生年月日:1977年1月19日
国籍:日本
戦績:58戦46勝(33KO)10敗2分

 

【獲得タイトル】
1996年度全日本スーパーライト級新人王
日本ライト級暫定王座
第47代日本ライト級王座
第28代日本スーパーライト級王座
第42代日本ウェルター級王座
第44代日本ウェルター級王座
第34代日本スーパーウェルター級王座
第55代日本ミドル級王座

 

【戦歴】
1996/04/14 ○4R判定 3-0(40-36、39-36、40-34) 吉田 康成(中内)
1996/06/22 ●4R判定 0-3(36-39、36-38、36-38) 前博 志(広島)
1996/08/16 ○2RKO 前 博志(広島)

■1996年度西部日本スーパーライト級新人王決勝
1996/10/05 ○1RKO 大野 一(冷研鶴崎)

■1996年度西部日本・中日本スーパーライト級新人王対抗戦
1996/11/02 ○3RKO 池田 直樹(畑中)

■1996年度全日本スーパーライト級新人王西軍代表決定戦
1996/12/09 ○6R判定 3-0(60-55、60-54、59-57) 江村 昌之(江坂)

■1996年度全日本スーパーライト級新人王決定戦
1997/02/15 ○1RKO 青木 政孝(山神)
※全日本新人王獲得

1997/04/26 ○5RKO 桑名 竜一(トヤマ)
1997/08/03 ○8R判定 3-0(77-75、79-76、77-75) 吉村 保徳(三松S)
1997/11/18 ○2RKO 池畑 泰士(陽光アダチ)
1998/04/26 ○8R判定 3-0(80-71、80-71、80-71) タタ・アバスタス(比)
1998/09/27 ○7RKO 赤峰 大士(大分)
1999/02/22 ○10R判定 2-0(98-97、99-96、97-97) 木村 登勇(八戸帝拳)

■日本ライト級タイトルマッチ
1999/09/20 △10R判定 1-1(96-96、95-96、96-94) リック 吉村(石川)
※日本ライト級王座挑戦

1999/11/28 ○2RKO ドドング・バサロ(比)
2000/04/25 ○10R判定 3-0(99-93、100-91、99-94) 戸田 憲士(オークラ)

■日本ライト級暫定王座決定戦
2000/10/16 ○6R負傷判定 3-0(60-55、59-57、60-55) 小野 淳一(新日本木村)
※日本ライト級暫定王座獲得(のちに正規王者に認定)

■日本ライト級タイトルマッチ
2001/02/17 △5R負傷引分 木村 登勇(横浜光)
※日本ライト級王座防衛①

■日本ライト級タイトルマッチ
2001/07/09 ○4RTKO 大久保 純斗(草加有沢)
※日本ライト級王座防衛②(のちに返上)

2001/11/11 ○2RKO 大塚 晃司(福岡帝拳)

■日本スーパーライト級王座決定戦
2002/03/23 ○7RTKO 足立 浄(ハラダ)
※日本スーパーライト級王座獲得

■日本スーパーライト級タイトルマッチ
2002/07/20 ○9RKO アジブ・アルバラード(北陸石丸)
※日本スーパーライト級王座防衛①

2002/11/30 ○1RKO チョッチョーイ・13リアンタワー(タイ)

■日本スーパーライト級タイトルマッチ
2003/02/15 ●9RTKO 佐々木 基樹(協栄)
※日本スーパーライト級王座陥落

2003/08/02 ○7RTKO レックス・マルサン(比)
2003/11/15 ○1RKO チン・キョンチョル(韓)
2004/01/17 ○2RTKO ノ・ソクグン(韓)
2004/04/17 ○10R判定 3-0(100-94、99-93、99-94) 北川 純(いわき協栄)
2004/09/21 ○2RKO チャイナラーイ・ウアンサンパン(タイ)

■日本ウェルター級王座決定戦
2005/01/16 ○2RTKO 竹中 義則(尼崎亀谷)
※日本ウェルター級王座獲得

■日本ウェルター級タイトルマッチ
2005/04/17 ○1RTKO 阪東 竜(三迫)
※日本ウェルター級王座防衛①

■日本ウェルター級タイトルマッチ
2005/09/23 ●1RKO 大曲 輝斎(ヨネクラ)
※日本ウェルター級王座陥落

2006/02/08 ●9R負傷判定 0-3(84-87、84-87、86-87) ファルカド・バキロフ(ウズベキスタン)
2006/10/03 ○3RKO オペティ・タギ(フィジー)
2007/01/21 ○4RKO 新井 恵一(高崎)

■日本ウェルター級王座決定戦
2007/04/20 ○1RKO 古川 明裕(ワールド日立)
※日本ウェルター級王座獲得

■日本ウェルター級タイトルマッチ
2007/08/18 ○7R負傷判定 3-0(69-63、69-64、69-64) 新井 雅人(18古河)
※日本ウェルター級王座防衛①

■日本ウェルター級タイトルマッチ
2007/12/06 ○1RKO 牛若丸 あきべぇ(協栄)
※日本ウェルター級王座防衛②

■日本ウェルター級タイトルマッチ
2008/04/20 ●4RKO 沼田 康司(トクホン真闘)
※日本ウェルター級王座陥落

2009/01/22 ○1RKO 寺田 千洋(新日本タニカワ)
2009/05/19 ○1RKO 中堀 智永(本多)
2009/11/03 ○3RTKO 戸高 不乱拳 大樹(ミサイル工藤)
2010/02/22 ○5RTKO 渡部 あきのり(協栄)
2010/06/29 ○2RTKO 西禄 朋(川崎新田)

■OPBF東洋太平洋/日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
2010/09/04 ●12R判定 0-3(114-115、113-116、113-116) チャーリー 太田(八王子中屋)
※OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座挑戦
※日本スーパーウェルター級王座挑戦

2011/01/08 ○8R判定 3-0(79-75、77-75、77-75) 細川 貴之(六島)

■OPBF東洋太平洋/日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
2011/05/19 ●9RTKO チャーリー 太田(八王子中屋)
※OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座挑戦
※日本スーパーウェルター級王座挑戦

2011/10/29 ○3RTKO 胡 朋宏(横浜光)

■日本ミドル級王座決定戦
2012/02/04 ○7RKO カルロス・リナレス(帝拳)
※日本ミドル級王座獲得

■日本ミドル級タイトルマッチ
2012/06/11 ○2RTKO 氏家 福太郎(新日本木村)
※日本ミドル級王座防衛①

■日本ミドル級タイトルマッチ
2012/10/08 ●4RKO 佐々木 左之介(ワタナベ)
※日本ミドル級王座陥落

2013/02/20 ○8R判定 2-1(78-75、77-76、76-78) 十二村 喜久(角海老宝石)
2013/06/10 ○8R判定 3-0(78-73、78-73、78-75) 長島 謙吾(角海老宝石)

■日本スーパーウェルター級王座決定戦
2013/08/12 ○1RKO 切間 庸裕(折尾)
※日本スーパーウェルター級王座獲得

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
2013/11/29 ○10R判定 2-1(97-95、96-95、95-96) 十二村 喜久(角海老宝石)
※日本スーパーウェルター級王座防衛①

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
2014/03/04 ●10R判定 0-2(93-97、94-96、95-95) 細川 貴之(六島)
※日本スーパーウェルター級王座陥落

2014/07/30 ○1RKO ドンドン・ラプス(比)

■OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座決定戦
2014/12/18 ●6RTKO デニス・ローレンテ(比)
※OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座挑戦

 

【補足情報】
・宮崎県北諸県郡三股町出身。
・息子は日本ライト級ユース王者の湯場 海樹(ワタナベ)
・日本王座五階級制覇は史上初。
・日本王座への初挑戦から15年に渡り、日本のトップ選手として活躍。ミスター後楽園とも
 呼ばれた。
・引退後は宮崎県宮崎市にユバックスジムを開いた。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-ゆ-に戻る
索引-T-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました