今井 房男(Fusao Imai)

今井 房男(Fusao Imai)(楠三好)
 
 

本名:不明
生年月日:1956年5月30日
国籍:日本
戦績:30戦17勝(7KO)11敗2分
 
 

【獲得タイトル】
1979年度全日本スーパーフェザー級新人王
第22代日本スーパーフェザー級王座
 
 

【戦歴】
1978/07/02 ●4R判定 (採点不明) 湯川 一昭(ひばりヶ丘)
1978/09/29 △4R判定 (採点不明) 山本 恵一(上福岡)
1978/11/07 △4R判定 (採点不明) 武藤 巳治(協栄河合)
1979/03/22 ○4R判定 (採点不明) 対馬 慶喜(上滝)
1979/05/29 ○4R判定 (採点不明) 安部 三四次(角海老)
1979/10/04 ○4R判定 (採点不明) 山根 忠夫(青山)
1979/10/23 ○4R判定 (採点不明) 浜田 剛(帝拳)
1979/11/13 ○4R判定 (採点不明) 沢野 義秀(センターS)
1979/12/23 ○3RKO 古橋 光洋(協栄)

■1979年度全日本スーパーフェザー級新人王決定戦
1980/02/21 ○2RKO 吉岡 薫(神林)
※全日本新人王獲得

1980/05/30 ○4RKO 大月 竜太郎(角海老)
1981/02/26 ○4RTKO 小菅 洋(ヨネクラ)
1981/06/02 ●8RKO 安里 義光(協栄)
1981/09/01 ●6R判定 0-2(採点不明) 友伸 ナプニ(ヨネクラ)
1981/11/26 ●6RKO 土佐 源(新日本木村)
1982/02/06 ○9RKO 五戸 博(協栄八戸)
1982/04/06 ○7RTKO 奥間 敏(本多)

■日本スーパーバンタム級タイトルマッチ
1982/11/16 ●10R判定 0-2(95-98、97-97、97-98) 岩本 弘行(ヨネクラ)
※日本スーパーバンタム級王座挑戦

1983/04/08 ●4RKO 六車 卓也(大阪帝拳)
1983/09/27 ●6RKO 高城 正宏(帝拳)
1985/12/26 ○10RTKO リキ 一志(新日本サイトー)
1986/03/27 ●7RKO 沖田 英二(角海老)

■日本フェザー級タイトルマッチ
1986/05/26 ●2RKO 杉谷 満(ワールドS)

※日本フェザー級王座挑戦

1986/09/22 ○10R判定 3-0(98-96、100-97、99-97) 早乙女 公男(金子)
1986/11/29 ●10R判定 (採点不明) アン・チャンベ(韓)

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
1987/03/26 ○10R判定 3-0(97-95、96-95、97-96) タイガー 道上(シントー)
※日本スーパーフェザー級王座獲得

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
1987/05/26 ○10R判定 3-0(99-95、99-94、100-92) タイガー 道上(シントー)
※日本スーパーフェザー級王座防衛①

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
1987/08/25 ○10R判定 3-0(99-96、99-96、99-98) 仲里 義竜(グリーンツダ)
※日本スーパーフェザー級王座防衛②

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
1987/11/03 ○10R判定 3-0(99-97、98-97、98-97) 鈴木 睦己(三迫)
※日本スーパーフェザー級王座防衛③

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
1988/02/16 ●10R判定 0-3(95-98、94-98、94-98) 高城 正宏(帝拳)
※日本スーパーフェザー級王座陥落
 
 

【補足情報】
・愛媛県松山市生まれ、神奈川県川崎市出身。
・3人兄弟の次男。高校ではラグビー部で活躍。大学受験に失敗、調理専門学校へ。洋菓子喫茶勤務などを
 経て焼き鳥大吉 蒲田店を経営している。
・三好ジムよりデビュー、安里 義光戦より極東三好ジム、リキ 一志戦より楠三好ジムとジムの
 名称が変わった。
・1985年発行の「日本ボクサー辞典」内の有力ボクサー500選に選出されている。
・のちにWBC世界スーパーライト級王者となる浜田 剛史(当時:浜田 剛)と対戦し、
 判定で勝利している。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-い-に戻る
索引-F-に戻る
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました