浜田 剛史(Tsuyoshi Hamada)

浜田 剛史(Tsuyoshi Hamada)(帝拳)
 
 

本名:浜田 剛
生年月日:1960年11月29日
国籍:日本
戦績:24戦21勝(19KO)2敗1無効試合
 
 

【獲得タイトル】
1978年度インターハイフェザー級優勝(アマチュア)
第32代日本ライト級王座
第28代OPBF東洋太平洋ライト級王座
第18代WBC世界スーパーライト級王座
 
 

【戦歴】
1979/05/21 ○2RKO 掛川 憲正(大星)
1979/10/04 ○1RKO 村山 雅彦(三迫)

■1979年度東日本スーパーフェザー級新人王予選
1979/10/23 ●4R判定 (採点不明) 今井 房男(三好)
※東日本新人王敗退

1980/02/22 ○5RKO 多賀 邦夫(角海老)
1980/04/29 ○1RKO 風間 勝雄(風間)
1980/07/01 ○6RTKO 登坂 静男(ピストン堀口)
1980/08/29 ○1RKO 奥山 源彦(平和)
1980/11/23 ○1RKO 峰 猛(センターS)
1981/02/10 ○8RKO 福井 武志(北陸石丸)
1981/05/10 ○2RKO ベラチャート・マハチャイ(タイ)
1981/07/18 ○9RTKO デオ・ラバゴ(比)
1983/08/05 ○2RKO マックスボーイ・ドヨゴン(比)
1983/10/14 ○1RKO ドミー・ソリアーノ(比)
1984/03/01 ×6R無効試合 ホセ・レセンデス(メキシコ)
1984/04/03 ○3RTKO グレッグ・トリプレット(米)
1984/07/12 ○1RKO ロミー・クナナン(比)
1984/09/09 ○4RKO クロード・ノエル(トリニダード・トバゴ)

■日本ライト級タイトルマッチ
1984/12/02 ○7RTKO 友成 光(新日本木村)
※日本ライト級王座獲得

1985/04/04 ○2RKO ダウトーン・チューワッタナ(タイ)

■OPBF東洋太平洋ライト級タイトルマッチ
1985/07/07 ○12R判定 2-0(120-111、119-112、116-116) ジョンジョン・パクイン(比)
※OPBF東洋太平洋ライト級王座獲得

■OPBF東洋太平洋ライト級タイトルマッチ
1985/11/03 ○1RKO スワルノ・ペリコ(インドネシア)
※OPBF東洋太平洋ライト級王座防衛①

■WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ
1986/07/24 ○1RKO レネ・アルレドンド(メキシコ)
※WBC世界スーパーライト級王座獲得

■WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ
1986/12/02 ○12R判定 2-1(116-111、111-108、113-115) ロニー・シールズ(米)
※WBC世界スーパーライト級王座防衛①

■WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ
1987/07/22 ●6RTKO レネ・アルレドンド(メキシコ)
※WBC世界スーパーライト級王座陥落
 
 

【補足情報】
・アマチュア通算43戦37勝(28KO)6敗。
・ドミー・ソリアーノ戦よりリングネームを本名の「浜田 剛」から「浜田 剛史」へ変更。
・15試合連続KO勝ちは日本記録。
・レネ・アルレドンド2戦目後、再起を目指したが、アルレドンドの王座陥落と膝の怪我から
 引退した。
・引退後は解説者、健康食品会社社長。帝拳プロモーション代表。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-は-に戻る
索引-T-に戻る
 
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました