友成 光(Hikaru Tomonari)

友成 光(Hikaru Tomonari)(新日本木村)
 
 

本名:友成 光
生年月日:1956年2月10日
国籍:日本
戦績:40戦29勝(16KO)10敗1分
 
 
 

【獲得タイトル】
1986年度KSD杯争奪A級ボクサー賞金トーナメントウェルター級優勝
第15代日本スーパーフェザー級王座
第31代日本ライト級王座
 
 

【戦歴】
1976/10/28 ○4R判定 (採点不明) 羽山 徳治(オサム)
1976/12/09 ○2RKO 鈴木 久美(宇都宮ヤジマ)
1977/01/25 ○8R判定 (採点不明) 佐々木 和彦(ヨネクラ)
1977/03/08 ○8R判定 (採点不明) 源河 英二(ミカド)
1977/04/19 ○4RKO 国重 講司(野口)
1977/06/15 ○6RKO 田野 良夫(石川)
1977/08/28 △10R判定 1-1(47-47、48-49、47-46) 足立 茂義(本多)
1977/11/21 ●10R判定 (採点不明) コ・デクフン(韓)
1978/01/26 ●10R判定 (採点不明) ボンバー 内田(JRJ国際)
1978/05/25 ●8RKO レオパルド 鶴田(三迫)
1978/07/25 ●3RKO 吉田 秀三(協栄河合)
1979/01/29 ○10R判定 (採点不明) 榑林 敬三(堀内)
1979/05/08 ○6RKO ブレーザー 大久保(大阪帝拳)
1979/07/26 ○10R判定 2-0(48-48、48-47、48-47) ロイヤル 小林(国際)
1979/10/05 ○3RKO 阿久津 源(帝拳)
1979/11/24 ○5R棄権 国重 講司(野口)
1980/01/06 ○3RKO ロイヤル 梅野(大鵬)
1980/03/13 ○10R判定 3-0(100-96、100-95、99-98) 池原 良孝(金子)
1980/05/25 ○9RKO 榑林 敬三(堀内)
1980/07/31 ○10R判定 2-0(99-98、99-99、100-99) 佐野 勝治(笹崎)
1980/12/05 ○7RKO ケン 十川(オサム)

■日本スーパーフェザー級王座決定戦
1981/03/19 ○10R判定 3-0(98-93、100-94、99-93) 池原 良孝(金子)
※日本スーパーフェザー級王座獲得

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
1981/05/28 ○10R判定 3-0(99-94、99-93、100-92) マサ 伊藤(山口協栄)
※日本スーパーフェザー級王座防衛①

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
1981/08/04 ○6RKO ケン 十川(オサム)
※日本スーパーフェザー級王座防衛②(のちに返上)

■WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
1981/12/10 ●12RTKO サムエル・セラノ(プエルトリコ)
※WBA世界スーパーフェザー級王座獲得失敗

1982/06/01 ○10R判定 3-0(97-94、98-94、97-94) ヨネクラ・イコニ(ヨネクラ)

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
1982/11/01 ●6RKO 安里 義光(ジャパンS)
※日本スーパーフェザー級王座獲得失敗

1983/04/28 ○10R判定 (採点不明) 千石 孝司(川上)
1983/07/28 ○2RKO 高崎 勝利(高崎)

■日本ライト級タイトルマッチ
1983/12/02 ○7RKO 尾崎 富士雄(帝拳)
※日本ライト級王座獲得

■日本ライト級タイトルマッチ
1984/04/28 ○10R判定 3-0(99-96、99-97、99-98) シャイアン 山本(国際)
※日本ライト級王座防衛①

■日本ライト級タイトルマッチ
1984/08/25 ○3RKO 東 光輝(熊本)
※日本ライト級王座防衛②

■日本ライト級タイトルマッチ
1984/12/02 ●7RTKO 浜田 剛史(帝拳)
※日本ライト級王座陥落

■日本ライト級王座決定戦
1985/06/04 ●4RKO シャイアン 山本(国際)
※日本ライト級王座獲得失敗

1985/11/18 ○4RKO 大月 竜太郎(角海老)
1986/03/27 ●7RTKO 菊崎 英二(草加有沢)
1986/06/26 ○2RKO 九条 実(平石)
1986/08/28 ○4RKO 武士 征俊(シントー)

■1986年度KSD杯争奪A級ボクサー賞金トーナメントウェルター級決勝
1986/10/23 ○8R判定 3-0(78-77、79-76、79-76) 菊崎 英二(草加有沢)
※A級トーナメント優勝

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1987/02/05 ●4RKO 尾崎 富士雄(帝拳)
※日本ウェルター級王座獲得失敗
 
 
 

【補足情報】
・東京都文京区千駄木出身。
・アマチュア戦績:72戦62勝(29KO/RSC)10敗。昭和第一高から中央大で活躍。1973年度
 全国高校バンタム級2位、1974年度全日本バンタム級8位、1975年度全日本フェザー級1位、
 1976年モントリオール五輪フェザー級代表決定戦で小田桐幸雄に敗れプロに転向。
・父は早大ボクシング部、弟は法政大ボクシング部主将。長男はプロボクサーの友成 竜(新日本木村)
・サムエル・セラーノ戦は目尻のカットによるTKO負け。
・東洋ジムよりプロデビューし、榑林 敬三1戦目より新日本木村ジム所属。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 
 

索引に戻る
索引-と-に戻る
索引-H-に戻る
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました