赤井 英和(Hidekazu Akai)

赤井 英和(Hidekazu Akai)(グリーンツダ)
 
 

本名:赤井 英和
生年月日:1959年8月17日
国籍:日本
戦績:21戦19勝(16KO)2敗
 
 
 

【獲得タイトル】
1978年度インターハイライトウェルター級優勝(アマチュア)
1978年度アジアジュニアボクシング選手権ライトウェルター級優勝(アマチュア)
1980年度全日本スーパーライト級新人王
 
 

【戦歴】
1980/09/18 ○2RKO 鷹 大拳(大阪帝拳)
1980/11/28 ○1RKO 谷口 大五郎(北陸石丸)
1980/12/21 ○4RKO 笹川 孝二(筑豊)

■1980年度全日本スーパーライト級新人王決定戦
1981/03/01 ○3RKO 尾崎 富士雄(帝拳)
※全日本新人王獲得

1981/03/29 ○1RKO 毛利 ジョージ(筑豊)
1981/06/09 ○4RKO 小木田 昇(神戸)
1981/10/28 ○1RKO 小木田 昇(神戸)
1981/12/18 ○1RKO 桑田 修孝(石丸)
1982/02/22 ○2RKO 中尾 和美(中日)
1982/05/06 ○5RKO フレッド・ガラン(比)
1982/07/19 ○1RKO フレッド・チン(米)
1982/09/06 ○2RKO トム・シンサノンサクディ(タイ)
1982/12/06 ○10R判定 3-0(100-90、100-92、100-91) 知念 清太郎(京浜川崎)
1983/02/21 ○1RKO 武藤 巳治(東海カワイ)

■WBA世界スーパーライト級タイトルマッチ
1983/07/07 ●7RTKO ブルース・カリー(米)
※WBA世界スーパーライト級王座挑戦

1983/10/18 ○10R判定 3-0(98-94、100-91、100-93) 新井 容日(大星)
1983/12/20 ○1RKO ハンマー 糸井(国際)
1984/03/06 ○5RKO 大月 竜太郎(角海老)
1984/06/05 ○1RKO 塚田 敬(塚原)
1984/09/05 ○10R判定 3-0(100-93、100-92、100-88) ウィリアム・マルデソン(比)
1985/02/05 ●7RKO 大和田 正春(角海老宝石)
 
 

 
 

 
 

 

【補足情報】
・大阪府大阪市西成区出身。兵庫県多紀郡西紀町(現篠山市)とする場合もある。
・アマチュア戦績:56戦44勝(22KO・RSC)12敗。五輪出場が断たれたことからプロ転向。
・愛寿ジムよりプロデビュー。移籍はしていないが、ジムの名称がたびたび変更され、
 中尾和美戦から三和愛寿ジム、トム・シンサノンサクディ戦から三和ツダジム、
 大和田正春戦がグリーンツダジムとなっている。
・大和田 正春戦で脳挫傷。一命は取り留めたが引退勧告。引退後は俳優・タレントに転身。
・長男は赤井 英五郎(帝拳)
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 
 

索引に戻る
索引-あ-に戻る
索引-H-に戻る
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました