吉野 弘幸(Hiroyuki Yoshino)

吉野 弘幸(Hiroyuki Yoshino)(野口)

 

本名:吉野 弘幸
生年月日:1967年8月13日
国籍:日本
戦績:51戦36勝(26KO)14敗1分

 

【獲得タイトル】
第34代日本ウェルター級王座
第25代日本スーパーウェルター級王座
第22代OPBF東洋太平洋ウェルター級王座

 

【戦歴】
1985/02/28 ●1RKO 佐々木 英信(石川)

■1985年度東日本ミドル級新人王準決勝
1985/11/12 ●2RTKO 佐々木 英信(石川)
※東日本新人王敗退

1986/01/06 ○1RKO 大菅 徹也(カワイ)
1986/03/13 ○4R判定 3-0(40-39、40-38、40-38) 杉本 達郎(京浜)
1986/05/13 ○4R判定 2-0(39-39、39-38、39-38) 吉田 政志(日立)
1986/09/25 ○3RKO 富永 和久(国際)

■1986年度東日本ウェルター級新人王準決勝
1986/11/12 △4R判定 1-1(39-38、38-39、38-38) 上山 仁(新日本木村)
※東日本新人王敗退(規定により上山の勝者扱い)

1987/02/04 ○4RKO 兼田 憲和(笹崎)
1987/04/23 ○6R判定 3-0(60-56、59-55、60-56) 磯目 洋一(角海老宝石)

■1987年度A級ボクサー賞金トーナメントウェルター級準決勝
1987/07/23 ●6R判定 0-3(57-59、56-59、56-59) 北島 義文(新日本木村)
※A級トーナメント敗退

1987/11/03 ○1RKO 武士 征俊(シントー)

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1988/03/21 ○4RKO 坂本 孝雄(新日本木村)
※日本ウェルター級王座獲得

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1988/05/09 ○3RKO 上山 仁(新日本木村)
※日本ウェルター級王座防衛①

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1988/09/06 ○1RKO 小田切 俊直(トクホン辰東)
※日本ウェルター級王座防衛②

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1988/12/06 ○2RKO 三浦 忠文(大分)
※日本ウェルター級王座防衛③

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1989/02/07 ○4RKO 川端 龍博(大星)
※日本ウェルター級王座防衛④

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1989/05/30 ○1RKO 山口 真澄(久留米櫛間)
※日本ウェルター級王座防衛⑤

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1989/07/06 ○3RKO 柏原 二郎(姫路木下)
※日本ウェルター級王座防衛⑥

1989/09/08 ○4RTKO アルシー・ガルシア(比)
1989/11/07 ○3RTKO モン・デソロック(比)

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1990/04/24 ○5RKO 金並 英男(フォーラムS)
※日本ウェルター級王座防衛⑦

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1991/01/14 ○1RKO 川端 龍博(大星)
※日本ウェルター級王座防衛⑧

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1991/06/10 ○10R判定 3-0(100-93、99-95、99-98) 北島 義文(新日本木村)
※日本ウェルター級王座防衛⑨

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1991/10/10 ○5RKO 立野 耕市(宇都宮)
※日本ウェルター級王座防衛⑩

1991/12/09 ●7RKO 上山 仁(新日本木村)

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1992/04/07 ○4RTKO 佐藤 仁徳(仙台)
※日本ウェルター級王座防衛⑪

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1992/06/19 ○10R判定 2-1(100-98、100-96、97-98) 横田 浩一(埼玉中央)
※日本ウェルター級王座防衛⑫

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1992/09/09 ○10R判定 3-0(99-96、98-96、99-97) 曽根 大裕(輪島功一S)
※日本ウェルター級王座防衛⑬

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1992/12/01 ○8RTKO 宅間 健夫(石橋)
※日本ウェルター級王座防衛⑭(のちに返上)

■WBA世界スーパーライト級タイトルマッチ
1993/06/23 ●5RTKO フアン・マルティン・コッジ(亜)
※WBA世界スーパーライト級王座挑戦

■OPBF東洋太平洋ウェルター級タイトルマッチ
1993/12/07 ●8RTKO パク・ジョンオ(韓)
※OPBF東洋太平洋ウェルター級王座挑戦

1994/12/06 ○3RTKO フラッシュ・ウルスス(比)
1995/04/18 ○4RTKO 加藤 祐二(ヨネクラ)
1995/08/29 ○6RTKO キム・ピョンソプ(韓)

■OPBF東洋太平洋ウェルター級タイトルマッチ
1995/11/28 ○12R判定 2-1(117-113、114-116、117-113) パク・ボンガン(韓)
※OPBF東洋太平洋ウェルター級王座獲得

■OPBF東洋太平洋ウェルター級タイトルマッチ
1996/04/23 ○7RKO アーノルド・ソリス(比)
※OPBF東洋太平洋ウェルター級王座防衛①

■OPBF東洋太平洋ウェルター級タイトルマッチ
1996/08/20 ○11RTKO タタ・アバスタス(比)
※OPBF東洋太平洋ウェルター級王座防衛②

■OPBF東洋太平洋ウェルター級タイトルマッチ
1996/12/03 ●7R負傷判定 1-2(68-67、65-69、67-69) ユン・ソクヒョン(韓)
※OPBF東洋太平洋ウェルター級王座陥落

1999/03/24 ○1RKO タタ・レガツナ(比)
1999/08/02 ○10R判定 3-0(97-95、98-94、99-94) バート・バド(比)
1999/12/15 ○3RKO 樽井 保英(輪島功一S)
2000/04/03 ●10R判定 0-3(96-98、94-98、95-98) 永瀬 輝男(ヨネクラ)

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
2000/09/11 ○10R判定 3-0(98-95、97-95、97-96) 河合 丈矢(オーキッドカワイ)
※日本スーパーウェルター級王座獲得

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
2001/02/12 ○10RKO 金山 俊治(ヨネクラ)
※日本スーパーウェルター級王座防衛①

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
2001/06/11 ●10R判定 0-3(94-98、93-100、96-99) 河合 丈矢(オーキッドカワイ)
※日本スーパーウェルター級王座陥落

■日本ミドル級タイトルマッチ
2001/12/01 ●5RKO 鈴木 悟(八王子中屋)
※日本ミドル級王座挑戦

2002/05/22 ○10R判定 2-1(98-95、97-94、96-97) ナカムラ・エイジ(大阪帝拳)
2002/10/02 ●10R判定 0-3(97-98、95-97、96-97) 荒木 慶大(泉北)
2003/05/14 ●10R判定 0-3(95-98、96-98、95-97) ドンドン・スルタン(比)
2003/12/16 ●10R判定 0-3(94-99、94-99、95-98) 板垣 俊彦(木更津グリーンベイ)
2004/04/06 ●10R判定 0-2(95-97、95-97、96-96) カオクライ・カエンノラシン(タイ)

 

【補足情報】
・国際ジム入門後、ワタナベジムへ移籍しプロデビュー。K-1参戦からのボクシング復帰に伴い、
 野口ジムへ移籍。
・3度目の上山 仁戦は日本王座防衛10度中のウェルター級王者対スーパーウェルター級王者の
 10回戦となり、ノンタイトルで開催された。
・ユン・ソクヒョン戦後、K-1転向。1戦1勝(1KO)でボクシングへ復帰している。
・2004年に37歳の誕生日を迎えボクサーライセンスが失効したため、現役を引退した。
・引退後は「エイチズスタイルボクシングジム」を開いている。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-よ-に戻る
索引-H-に戻る

 

コメント

  1. ナックル より:

    偉大なチャンピオンだよ

タイトルとURLをコピーしました