上山 仁(Hitoshi Kamiyama)

上山 仁(Hitoshi Kamiyama)(新日本木村)
 
 

本名:不明
生年月日:1966年6月21日
国籍:日本
戦績:35戦32勝(20KO)2敗1分
 
 

【獲得タイトル】
1986年度全日本ウェルター級新人王
第19代日本スーパーウェルター級王座
 
 

【戦歴】
1986/07/24 ○1RKO 松田 亮(トーア・ファイティング)
1986/09/06 ○4R判定 (採点不明) 大須賀 明夫(角海老宝石)
1986/11/12 △4R判定 1-1(39-38、38-39、38-38) 吉野 弘幸(ワタナベ)
1986/12/19 ○6R判定 (採点不明) 田島 吉秋(ワールドS)

■1986年度全日本ウェルター級新人王決定戦
1987/02/21 ○6R判定 3-0(60-57、60-56、60-56) 川端 龍博(大星)
※全日本新人王獲得

1987/05/21 ○8R判定 3-0(80-74、80-76、79-76) 三浦 忠文(大分)

■1987年度B級トーナメントウェルター級予選
1987/07/23 ○5R判定 3-0(48-47、48-47、48-46) 田島 吉秋(ワールドS)
※B級トーナメント敗退(次戦棄権)

1987/12/24 ○6RTKO 金並 英男(フォーラム)
1988/03/24 ○9RKO 久保 健司(アポロ)

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1988/05/09 ●3RKO 吉野 弘幸(ワタナベ)
※日本ウェルター級王座挑戦

1988/09/12 ○6RTKO 横崎 哲(オサム)

■日本スーパーウェルター級王座決定戦
1989/01/09 ○5RKO 大竹 永寿(グリーンツダ)
※日本スーパーウェルター級王座獲得

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1989/04/22 ○10R判定 3-0(98-93、98-96、97-94) 西條 岳人(サカエ)
※日本スーパーウェルター級王座防衛①

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1989/08/06 ○2RTKO 大竹 永寿(グリーンツダ)
※日本スーパーウェルター級王座防衛②

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1989/10/09 ○6RKO 大和 武士(セラピー渡辺)
※日本スーパーウェルター級王座防衛③

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1990/02/11 ○10R判定 2-1(98-97、97-96、97-98) 木村 文彦(帝拳)
※日本スーパーウェルター級王座防衛④

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1990/06/30 ○2RKO 鈴木 智男(宇都宮)
※日本スーパーウェルター級王座防衛⑤

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1990/09/08 ○2RKO 柏原 二郎(木下)
※日本スーパーウェルター級王座防衛⑥

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1990/12/10 ○5RTKO 山口 真澄(久留米櫛間)
※日本スーパーウェルター級王座防衛⑦

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1991/04/08 ○3RKO 塩見 真司(陽光アダチ)
※日本スーパーウェルター級王座防衛⑧

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1991/07/08 ○3RKO 金並 英男(フォーラム)
※日本スーパーウェルター級王座防衛⑨

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1991/09/22 ○9RKO 大東 旭(グリーンツダ)
※日本スーパーウェルター級王座防衛⑩

1991/12/09 ○7RKO 吉野 弘幸(ワタナベ)

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1992/03/09 ○5RKO 野本 輝(アポロ)
※日本スーパーウェルター級王座防衛⑪

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1992/06/08 ○10R判定 3-0(100-92、99-94、100-94) 西條 岳人(サカエ)
※日本スーパーウェルター級王座防衛⑫

1992/09/07 ○10R判定 (採点不明) パット・ローラー(米)

■WBA世界スーパーウェルター級王座決定戦
1992/12/21 ●1RKO フリオ・セサール・バスケス(亜)
※WBA世界スーパーウェルター級王座挑戦

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1993/05/10 ○7RTKO 山口 真澄(久留米櫛間)
※日本スーパーウェルター級王座防衛⑬

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1993/09/13 ○10R判定 3-0(100-94、98-96、99-95) 西條 岳人(サカエ)
※日本スーパーウェルター級王座防衛⑭

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1994/01/10 ○3RTKO 久弘 達成(マサ伊藤)
※日本スーパーウェルター級王座防衛⑮

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1994/05/09 ○8RTKO 大東 旭(グリーンツダ)
※日本スーパーウェルター級王座防衛⑯

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1994/08/08 ○10R判定 2-0(97-96、96-96、98-94) 青山 次郎(角海老宝石勝又)
※日本スーパーウェルター級王座防衛⑰

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1994/10/14 ○6RTKO 曽根 和浩(輪島S)
※日本スーパーウェルター級王座防衛⑱

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1994/12/12 ○2RKO 久弘 達成(マサ伊藤)
※日本スーパーウェルター級王座防衛⑲

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1995/03/13 ○10R判定 3-0(98-96、98-97、98-96) 青山 次郎(角海老宝石勝又)
※日本スーパーウェルター級王座防衛⑳
 
 
 

【補足情報】
・青森県下北郡川内町(現:むつ市)出身。
・1986年度東日本ウェルター級新人王予選として行われた吉野 弘幸1戦目は
 引分けながら勝者扱いで勝ち抜けている。
・日本スーパーウェルター級王座決定戦は、前日本スーパーウェルター級王者の田端 信之(コーエイ工業小田原)
 大竹 永寿との防衛戦を急性胃炎で棄権したことから王座を返上し、王座空位となったことに伴うもの。
・吉野 弘幸2戦目は両者現役日本王者のノンタイトル戦として開催された。
・日本王座連続20度防衛は、リック 吉村(石川)が新記録を樹立するまで歴代最多記録だった。
 
 

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-か-に戻る
索引-H-に戻る
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました