青木 勝利(Katsutoshi Aoki)

青木 勝利(Katsutoshi Aoki)(三鷹)
 
 

本名:青木 勝利
生年月日:1942年11月28日
国籍:日本
戦績:66戦48勝(25KO)14敗4分
 
 

【獲得タイトル】
第8代OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)バンタム級王座
第10代OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)バンタム級王座
 
 

【戦歴】
1960/06/06 ○4R判定 (採点不明) 大久保 時男(笹崎)
1960/06/17 ○3RTKO 佐藤 清(国民)
1960/07/04 ○4R判定 (採点不明) 大木 清次(船橋)
1960/07/11 ○4R判定 (採点不明) 玉川 高雄(国際)
1960/07/29 ○4R判定 (採点不明) 野上 義行(国際)
1960/08/15 ○3RKO 八木 晟博(佐藤)
1960/08/29 ○4RTKO 砥石 与志男(不二)
1960/09/15 ○4R判定 (採点不明) 鈴木 幸男(中村)
1960/09/26 ○2RKO 草薙 玲三(革新)
1960/10/24 ○3RTKO 仲田 重信(興伸)

■1960年度東日本フライ級新人王予選
1960/11/07 △4R判定 (採点不明) 斉藤 清作(笹崎)
※東日本新人王敗退(規定により斉藤の勝者扱い)

1960/11/28 ○4R判定 (採点不明) 荒井 弘一(後楽園)
1960/12/14 ○6R判定 (採点不明) 新井 八郎(京浜)
1961/01/01 ○1RTKO 大久保 三郎(国民)
1961/01/18 ○2RKO 山本 謙二(国民)
1961/02/20 ○6R判定 (採点不明) 土屋 清之助(京浜)
1961/03/13 ○6R判定 (採点不明) 氷室 良雄(暁)
1961/04/05 ●2RKO 海老原 博幸(金平)
1961/05/04 ○6R判定 (採点不明) 武田 一博(中央)
1961/06/16 ○10RKO レイ・ペレス(米)
1961/08/17 ○1RKO 早手 勲(大星)
1961/09/11 ○7RTKO ソムサク・ラエムファバー(タイ)
1961/09/28 ○10R判定 (採点不明) シントン・ポートー(タイ)
1961/11/23 ○10R判定 (採点不明) 小口 章(青木)
1961/12/21 ○10R判定 (採点不明) 川村 忠夫(興伸)
1962/02/17 ○1RKO マーシング・デビッド(比)
1962/03/22 ○2RKO ソムワン・バンブン(タイ)
1962/04/27 ○3RKO チャンチャイ・ラエムファバー(タイ)
1962/06/07 ○2RKO レオ・エスピノサ(比)
1962/07/19 ○4RKO 氷室 良雄(暁)
1962/09/13 ○10R判定 (採点不明) ピエロ・ロロ(伊)

■OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)バンタム級タイトルマッチ
1962/10/29 ○12R判定 2-0(57-54、56-53、56-56) 米倉 健志(興伸)
※OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)バンタム級王座獲得

1963/01/03 ○5RKO ビック・カンポ(比)
1963/02/22 ○2RKO タノンサク・ラエムファバー(タイ)
1963/03/07 ○3RKO レミー・カンポス(比)

■WBA/WBC世界バンタム級タイトルマッチ
1963/04/04 ●3RKO エデル・ジョフレ(ブラジル)
※WBC世界バンタム級王座挑戦
※WBC世界バンタム級王座挑戦

■OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)バンタム級タイトルマッチ
1963/09/05 ●9RKO カーリー・アギーレ(比)
※OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)バンタム級王座陥落

1963/11/21 ○10R判定 2-0(48-47、50-46、48-48) アベレド・エストラーダ(比)
1964/01/09 ○1RKO 韮沢 重夫(不二)
1964/02/07 ○1RKO ポルテ・ビリャ(比)
1964/03/01 ○1RKO ロバート・キャンベル(米)

■OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)バンタム級タイトルマッチ
1964/03/25 ○10RTKO カーリー・アギーレ(比)
※OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)バンタム級王座獲得

1964/04/30 △10R判定 0-1(49-49、48-48、44-50) パット・ゴンザレス(比)
1964/06/18 ○10R判定 (採点不明) キム・ヒョン(韓)
1964/07/23 ○10R判定 3-0(49-41、50-42、50-41) ワルシート・ブリーリョ(比)

■OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)バンタム級タイトルマッチ
1964/09/12 ○12R判定 3-0(58-56、59-56、58-56) アル・パターソン(比)
※OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)バンタム級王座防衛①

1964/10/29 ●3RKO ファイティング 原田(笹崎)
1965/01/14 ○10R判定 2-0(48-47、48-47、48-48) 古木 秋雄(東京ボーリング)
1965/03/11 ○6RKO イ・ヨンパル(韓)
1965/04/22 △10R判定 1-1(48-48、48-49、49-45) 高見 達矢(東京ボーリング)
1965/05/27 △10R判定 1-1(49-48、49-49、48-49) イ・ドンチュン(韓)

■OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)バンタム級タイトルマッチ
1965/07/01 ○12R判定 2-0(57-57、58-56、58-56) キム・ヒョン(韓)
※OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)バンタム級王座防衛②

1965/08/09 ○7RKO 高見 達矢(東京ボーリング)
1965/09/16 ○10R判定 3-0(50-45、50-46、49-44) 古木 秋雄(東京ボーリング)
1965/11/10 ●10R判定 0-3(44-47、45-50、44-50) 水田 豊晴(串田)
1965/12/18 ●3RTKO ルディ・ビラゴンザ(比)
1966/01/27 ●10R判定 0-3(43-50、43-50、44-49) 小林 弘(中村)
1966/04/04 ●10R判定 0-3(46-48、47-48、46-48) ソ・スガン(韓)

■OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)バンタム級タイトルマッチ
1966/04/28 ●11RTKO イ・ウォンソク(韓)
※OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)バンタム級王座陥落

1966/06/16 ○10R判定 3-0(48-47、48-44、48-46) 高見 達矢(東京ボーリング)
1966/08/04 ●10R判定 0-3(47-50、45-49、46-49) 水田 豊晴(串田)
1966/10/06 ●10R判定 0-3(43-50、45-50、42-50) 桜井 孝雄(三迫)
1967/04/20 ○4RKO 阪東 武夫(AO)
1967/06/03 ●10R判定 0-3(49-50、48-49、48-50) キム・ヒョン(韓)
1967/07/05 ●1RKO 柴田 国明(ヨネクラ)
1967/08/15 ●10R判定 0-2(43-50、45-50、47-47) ソ・スガン(韓)
 
 
 

【補足情報】
・東京都杉並区井荻出身。
・“メガトンパンチ”と称されるほど破壊力抜群の強打者であり、原田、海老原と共に“若手三羽烏”と言われ、
 ボクシング黄金時代の担い手の一人であった。7連続KO勝ちは当時の日本記録。
・日本フェザー級王座に挑戦した青木 勝利(三鷹)とは別人。
・米倉 健志とのOBF東洋バンタム級タイトルマッチは後楽園ホール始まって以来の最多観客数3000人を
 集め、ファイティング 原田とのノンタイトル10回戦は“世紀の一戦”“史上最高のカード”と言われ
 蔵前国技館に1万1千人の観衆を集めた。
・現役引退後、窃盗や無銭飲食などの刑事事件を何度も繰り返した。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-あ-に戻る
索引-K-に戻る
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました