ビーバー 梶本(Beaver Kajimoto)

ビーバー 梶本(Beaver Kajimoto)(松田)

 

本名:竹内 芳夫
生年月日:1949年10月28日
国籍:日本
戦績:51戦27勝(9KO)15敗9分

 

【獲得タイトル】
1969年度全日本フライ級新人王
中部フライ級王座

 

【戦歴】
■1968年度西日本フライ級新人王予選
1967/09/03 ●4R判定 0-3(19-20、19-20、19-20) 佐藤 喜一(堀内)
※西日本新人王敗退

1967/10/08 ○1RKO 今井 真知穂(常滑)
1967/12/13 ●4R判定 0-3(19-20、19-20、19-20) 佐藤 喜一(堀内)
1968/03/03 ○4R判定 3-0(20-16、20-16、20-14) 築地 茂(池田)
1968/03/13 ○4R判定 2-0(19-19、20-19、20-19) 梅田 敏夫(東海)
1968/04/16 ●4R判定 0-3(17-20、17-20、17-20) 鈴木 節男(笹崎)

■1968年度西日本フライ級新人王予選
1968/09/25 ●6R判定 0-3(17-20、16-20、16-20) 幅 修(東海)
※西日本新人王敗退

1969/02/19 ○4R判定 2-0 (20-19、20-19、20-20) ハヤブサ 勝巳(中日)
1969/04/09 ○2RKO 青島 幸男(静岡不二)
1969/05/30 ○4RKO 前田 喜六(疋田)
1969/07/13 △4R判定 0-0(20-20、20-20、20-20) 佐藤 喜一(堀内)
1969/08/20 △4R判定 1-0(20-20、20-19、19-19) 大西 忠憲(東海)
1969/09/24 ○4R判定 3-0(20-16、20-17、20-17) 家村 忠雄(大阪新和)
1969/11/12 ○4R判定 3-0(20-18、20-18、20-18) 河野 邦夫(松田)
1969/11/27 ○3RKO 佐藤 喜一(堀内)
1969/12/16 ○6R判定 2-0(29-26、28-28、28-27) 二宮 守邦(大阪新和)

■1969年度全日本フライ級新人王決定戦
1970/02/06 ○6R判定 2-1(30-28、30-28、28-29) 須田 芳黄(草加協栄)
※全日本フライ級新人王獲得

1970/03/24 ○6R判定 3-0(30-27、30-28、30-26) 佐藤 喜一(堀内)

■中部フライ級選手権決定戦
1970/05/06 ○8R判定 3-0(40-39、39-38、40-38) 幅 修(東海)
※中部フライ級王座獲得

1970/07/06 ○1RKO 金子 伸三郎(石橋)
1970/08/19 ○4RKO 佐藤 博(大阪新和)
1970/09/22 ○10R判定 3-0(50-43、50-42、50-42) コ・ジェナム(韓)
1970/11/15 ○2RKO アイザック 木村(協栄)
1971/01/16 ○8RKO イ・ウィピョン(韓)
1971/02/18 ○8R判定 3-0(37-34、37-34、37-36) 酒井 正信(大阪帝拳)
1971/05/13 ●10R判定 (採点不明) バーナベ・ビラカンポ(比)
1971/07/22 ○10R判定 3-0(採点不明) オ・テオン(韓)
1971/08/12 ○4RKO 本間 栄(京浜川崎)
1971/10/07 ●10R判定 0-3(採点不明) チョ・ドンギ(韓)
1971/12/09 ●10R判定 (採点不明) 千 満(横浜協栄)
1972/02/28 △10R判定 1-1(48-48、47-50、49-48) 幅 修(東海)
1972/05/11 ○8R判定 (採点不明) 岩本 昭夫(木村)
1972/08/11 △10R判定 (採点不明) セシル・エスコビド (比)
1972/11/14 ●10R判定 0-3(採点不明) ロドルフォ・マルティネス (メキシコ)
1973/02/13 ●10R判定 0-3(採点不明) ロヘリオ・ララ(メキシコ)
1973/04/11 ○10R判定 3-0(49-48、49-47、48-47) 千 満(横浜協栄)
1973/07/27 ●10R判定 (採点不明) ダニエル・ピラール (比)
1973/09/03 △10R判定 (採点不明) 西 寿夫(BVD)
1973/11/27 ○10R判定 (採点不明) チョ・ドンギ(韓)
1974/03/01 ●10R判定 (採点不明) 下里 賢一(東洋)
1974/05/23 ○10R判定 (採点不明) 島袋 武信(東洋)
1974/07/18 ○10R判定 (採点不明) 触沢 公男(東洋)

■日本フライ級タイトルマッチ
1974/09/18 △10R判定 (採点不明) 高田 次郎(横浜協栄)
※日本フライ級王座挑戦

1975/02/13 ●10R判定 0-3(採点不明) ソクラテス・ バトト(比)
1975/07/04 △10R判定 1-0(48-48、49-49、48-46) 加藤 憲治(帝拳)
1975/07/25 ●10R判定 (採点不明) 小林 秀雄(セキ)
1975/10/31 ●10R判定 (採点不明) 触沢 公男(東洋)
1976/01/30 ○10R判定 3-0(50-49、49-47、50-49) 牧 公一(田辺)
1976/05/28 △10R判定 (採点不明) タイガー 小佐野(草加有沢)

■日本フライ級タイトルマッチ
1976/08/19 △10R判定 1-0(49-47、48-48、47-47) 五十嵐 力(キング)
※日本フライ級王座挑戦

1976/12/14 ●10R判定 (採点不明) 中島 成雄(ヨネクラ)

 

【補足情報】
・愛知県名古屋市昭和区円上町出身。
・梶本 芳夫でデビュー、幅 修2戦目(1970/3/28付)でビーバー 梶本に改名した。
・1967、1968年度にも新人王予選に出場、3度目の挑戦で全日本新人王を獲得した。
・ロサンゼルスにおける世界1位のロドルフォ・マルティネスとの戦いでは、
 2Rに痛烈なダウンを奪いKO寸前に追い込む大善戦だった。次戦のロヘリオ・ララ戦でも
 ダウンを奪っている。
・名古屋でのソクラテス・バトト戦で一度ダウンしているが、51戦してKO/TKO負けなしの
 無類のタフネスを誇った。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-ひ-に戻る
索引-B-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました