黒田 雅之(Masayuki Kuroda)

黒田 雅之(Masayuki Kuroda)(川崎新田)

 

本名:黒田 雅之
生年月日:1986年7月17日
国籍:日本
戦績:41戦30勝(16KO)8敗3分

 

【獲得タイトル】
2006年度全日本ライトフライ級新人王
2015年度フライ級最強後楽園優勝
日本フライ級暫定王座
第34代日本ライトフライ級王座
第56代日本フライ級王座

 

【戦歴】
2005/05/31 ○1RKO 石垣 洋之(鎌ヶ谷)
2005/09/02 ○1RKO 只野 淳(マナベ)
2005/11/13 ●4R判定 0-2(37-39、38-39、38-38) 黒沢 俊(木更津GB )
2006/04/01 ○1RKO 丸山 康弘(角海老宝石)
2006/07/31 ○1RKO 石井 文哉(フラッシュ赤羽)
2006/09/28 ○4R判定 2-0(39-37、39-38、38-38) 伊藤 和貴(沼田)
2006/11/03 ○3RTKO 平川 聖也(齊田)

■2006年度全日本ライトフライ級新人王決定戦
2006/12/17 ○1RKO 山本 剛詞(守口東郷)
※全日本新人王獲得

2007/04/17 ○2RKO ビナイ・ウォルソラポン(タイ)
2007/06/04 ○2RTKO ペッチ・サクルンルアン(タイ)
2007/09/01 ○8R判定 3-0(80-73、79-75、78-75) 土方 諭(中日)
2008/01/14 ●10R判定 0-3(95-96、95-96、95-96) 池原 繁尊(横浜光)
2008/05/21 ○8R判定 3-0(79-74、79-74、79-75) 橘 悟朗(エディタウンゼント)
2008/09/29 ○4RTKO 小野 心(花形)
2009/01/24 ●10R判定 0-2(96-96、95-96、96-97) リチャード・ガルシア(比)
2009/04/07 ○2RTKO 諸 一宇(尼崎)
2009/07/29 ○4RTKO ヨードーイ・シッスーイ(タイ)
2009/11/17 ○8R判定 3-0(79-74、79-74、78-74) ネルソン・リャノス(比)
2010/02/26 ○4RTKO 佐藤 靖明(西遠)
2010/06/18 ○8R判定 3-0(79-73、79-74、79-74) 滝澤 卓(タキザワ)
2010/11/24 ○8R判定 2-0(79-74、77-76、76-76) 須田 拓弥(沼田)

■日本ライトフライ級王座決定戦
2011/05/16 ○8RTKO 家住 勝彦(レイS)
※日本ライトフライ級王座獲得

■日本ライトフライ級タイトルマッチ
2011/08/16 ○10R判定 2-1(98-93、96-94、95-97) 佐野 友樹(松田)
※日本ライトフライ級王座防衛①

■日本ライトフライ級タイトルマッチ
2011/11/23 ○10R判定 2-1(97-94、96-94、94-95) 山口 隼人(TEAM10COUNT)
※日本ライトフライ級王座防衛②

■日本ライトフライ級タイトルマッチ
2012/03/12 △10R判定 1-1(96-95、95-96、95-95) 田口 良一(ワタナベ)
※日本ライトフライ級王座防衛③

■日本ライトフライ級タイトルマッチ
2012/09/26 △10R判定 1-1(96-94、93-97、95-95) 大内 淳雅(角海老宝石)
※日本ライトフライ級王座防衛④(のちに返上)

■WBA世界フライ級タイトルマッチ
2013/02/27 ●12R判定 0-3(112-116、111-117、111-117) フアン・カルロス・レベコ(亜)
※WBA世界フライ級王座挑戦

2013/10/22 △5R負傷判定 1-0(48-47、48-48、48-48) 中釜 兵武(白井・具志堅S)

■日本フライ級タイトルマッチ
2014/04/10 ●10RTKO 村中 優(フラッシュ赤羽)
※日本フライ級王座挑戦

2014/09/17 ○2RTKO ポンパユ・チャイヨンジム (タイ)
2015/01/29 ○8R判定 3-0(77-74、78-73、79-73) 守屋 和明(石川ジム立川)
2015/06/05 ●8R判定 0-3(74-78、75-78、75-77) マリオ・アンドラーデ(メキシコ)

■2015年度最強後楽園フライ級決勝
2015/11/02 ○8R判定 3-0(78-74、77-76、77-76) 阪下 優友(角海老宝石)
※2015年度最強後楽園フライ級優勝

■日本フライ級タイトルマッチ
2016/03/18 ●10R判定 0-3(92-98、92-98、93-97) 粉川 拓也(宮田)
※日本フライ級王座挑戦

2016/09/14 ○2RTKO 大平 真史(マナベ)

■日本フライ級暫定王座決定戦
2017/02/28 ○10R判定 3-0(97-93、97-94、96-94) ユータ 松尾(ワールドS)
※日本フライ級暫定王座獲得

■日本フライ級王座統一戦
2017/06/13 ○10R判定 3-0(96-93、95-94、94-95 粉川 拓也(宮田)
※日本フライ級王座獲得・防衛①

■日本フライ級タイトルマッチ
2017/11/10 ○7RTKO 松山 真虎(ワタナベ)
※日本フライ級王座防衛②

■日本フライ級タイトルマッチ
2018/03/03 ○10R判定 3-0(95-94、96-94、96-93) 長嶺 克則(マナベ)
※日本フライ級王座防衛③

■日本フライ級タイトルマッチ
2018/07/23 ○10R判定 3-0(96-93、95-94、96-93) 星野 晃規(M.T)
※日本フライ級王座防衛④(のちに返上)

■IBF世界フライ級タイトルマッチ
2019/05/13 ●12R判定 0-3(112-116、112-116、111-117) モルティ・ムザラネ(南ア)
※IBF世界フライ級王座挑戦

 

【補足情報】
・幼少から剣道を習っていたが、体格差を実感し、高校1年からボクシング競技を開始。
・川崎新田ジムにとって初の日本王者となった。
・自身のオリジナル応援歌はサッカーの川崎フロンターレサポータが作成。
・2018/11/21にはIBF世界フライ級挑戦者決定戦として
 エータワン・モークーテットンブリー(タイ)と対戦する予定だったが、エータワンの
 怪我により流れている。挑戦権は黒田が得る形となった。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-く-に戻る
索引-M-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました