家住 勝彦(Katsuhiko Iezumi)

家住 勝彦(Katsuhiko Iezumi)(レイS)
 
 

本名:家住 勝彦
生年月日:1980年6月15日
国籍:日本
戦績:41戦29勝(19KO)9敗3分
 
 

【獲得タイトル】
OPBF東洋太平洋ライトフライ級暫定王座
第30代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座
 
 

【戦歴】
1997/11/14 △1R負傷引分 朝山 雄彦(輪島功一S)
1998/02/17 ○4R判定 (採点不明) 中代 隆史(古口)
1998/04/06 ○4R判定 (採点不明) 佐藤 伸善(相模原ヨネクラ)
1998/05/15 ○3RKO 松井 琢美(稲毛)
1998/06/30 ○1RKO 佐藤 信行(帝拳)
1998/08/26 ○2RKO 佐藤 直樹(角海老宝石)
1998/09/29 ○1RKO 有井 良厚(角海老宝石)

■1998年度東日本ライトフライ級新人王決勝
1998/11/08 ●6R判定 0-3(56-57、56-57、56-59) 大和田 智士(北澤)
※東日本新人王敗退

1999/04/21 ●6R判定 0-3(58-59、58-59、57-59) 池田 政光(渡嘉敷)
1999/06/28 ○2RKO 今村 正治(白井具志堅S)
1999/10/27 ○1RTKO 佐藤 康史(ワタナベ)
2000/03/02 ○2RKO 安達 良(横浜光)

■2000年度KSD杯争奪A級トーナメントフライ級決勝
2000/10/20 ●3RTKO 中沼 正樹(国際)
※A級トーナメント敗退

2001/03/06 ○8R反則 大関 一郎(協栄)
2001/07/24 ○8R判定 2-0(78-77、77-77、77-75) 畠山 昌人(協栄札幌赤坂)
2001/10/29 ●8RTKO 畠山 昌人(協栄札幌赤坂)
2002/03/24 ●8R判定 0-2(76-78、76-77、77-77) 長尾 俊輔(黒潮)
2002/06/23 ●10R判定 0-2(96-97、96-97、97-97) 増田 信晃(駿河)
2002/11/21 ○1RKO ポンサネー・シンマナサック(タイ)
2003/03/14 ○2RKO 濱口 健一郎(国際)
2003/07/10 ○1RKO 後藤 泰明(ワタナベ)
2003/11/12 △8R判定 0-0(76-76、76-76、75-75) 榎本 信行(三迫)
2004/07/13 ○8R判定 3-0(79-76、78-77、77-76) 今宮 佑介(古口)
2004/11/09 ○1RTKO 松川 武文(ワタナベ)
2005/03/25 ○1RKO ペット・サクルンルアン(タイ)
2005/07/07 ○8R判定 3-0(78-75、77-75、77-76) 今宮 佑介(古口)
2005/11/16 ○1RKO 古川 敬介(全日本パブリック)
2006/03/07 ○2RKO ビナイ・ウォルソラポン(タイ)
2006/07/24 ○3RTKO ソムヨット・ウォースラポン(タイ)
2006/12/11 △10R判定 1-1(97-94、95-96、96-96) チャナ・ポーパオイン(タイ)
2007/04/04 ○3RKO ペッエーク・シットゴーポンガーンピム(タイ)
2007/09/25 ○8R判定 3-0(79-71、79-72、79-74) イルファン・オガー(インドネシア)
2008/03/06 ○2RKO サクニポン・シンハマナサック(タイ)
2008/09/10 ○2RTKO ダオサコーン・シッスーイ(タイ)

■日本ライトフライ級タイトルマッチ
2008/11/30 ●4RTKO 嘉陽 宗嗣(白井・具志堅S)
※日本ライトフライ級王座挑戦

■OPBF東洋太平洋ライトフライ級暫定王座決定戦
2009/07/16 ○8RTKO 山中 力(帝拳)
※OPBF東洋太平洋ライトフライ級暫定王座獲得

■OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座統一戦
2009/12/08 ○12R判定 3-0(118-108、116-111、116-112) 和田峯 幸生(筑豊)
※OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座獲得・防衛①

■OPBF東洋太平洋ライトフライ級タイトルマッチ
2010/03/16 ○6R負傷判定 2-0(58-56、58-56、57-57) ソフヤン・エフェンディ(インドネシア)
※OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座防衛②

■OPBF東洋太平洋ライトフライ級タイトルマッチ
2010/06/14 ●8RTKO 宮崎 亮(井岡)
※OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座陥落

2010/12/08 ○8R判定 2-1(79-74、78-76、76-77) 久田 恭裕(横浜さくら)

■日本ライトフライ級王座決定戦
2011/05/16 ●8RTKO 黒田 雅之(川崎新田)
※日本ライトフライ級王座挑戦
 
 
 

【補足情報】
・東京都江戸川区出身。
・中学では剣道に励み都内ベスト8。先輩にボクシングの才能があると言われ、ジムへ入門。レイSジム初の
 日本ランカーとなった。
・OPBF東洋太平洋ライトフライ級暫定王座決定戦は正規王者の和田峯 幸生が交通事故による
 怪我を負ったことによるもの。
・のちにWBA世界ミニマム級王者となる宮崎 亮と対戦し、8RTKOで敗れている。なお、
 この試合時点で宮崎は日本ライトフライ級王者だったが、賭けられた王座は
 OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座のみとなる。
・引退後はレイスポーツジムでトレーナーを務めた。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-い-に戻る
索引-K-に戻る
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました