カラム・スミス(Callum Smith)

カラム・スミス(Callum Smith)(英)

 

本名:不明
生年月日:1990年4月23日
国籍:英
戦績:30戦29勝(21KO)1敗

 

【獲得タイトル】
2010年度英国ウェルター級王座(アマチュア)
2011年度英国ミドル級王座(アマチュア)
BBBofC英国スーパーミドル級王座
BBBofC英国スーパーミドル級王座
EBU欧州スーパーミドル級王座
WBCインターナショナルスーパーミドル級王座
WBCスーパーミドル級シルバー王座
WBSSシーズン1スーパーミドル級優勝
WBC世界スーパーミドル級ダイヤモンド王座
第9代WBA世界スーパーミドル級スーパー王座

 

【戦歴】
2012/11/17 ○4R判定 (40-36) ダン・ブラックウェル(英)
2012/12/08 ○4R判定 (40-36) ジェームズ・タッカー(英)
2013/02/09 ○1RTKO トミー・トーラン(アイルランド)
2013/03/30 ○1R棄権 イアン・ジャクソン(英)
2013/04/20 ○1RKO ルスラン・ポジョニセス(ラトビア)
2013/05/25 ○1RTKO ライアン・ムーア(英)
2013/09/07 ○1RTKO キリル・プソンコ(リトアニア)

■BBBofC英国スーパーミドル級王座決定戦
2013/09/21 ○1RTKO パトリック・メンディ(英)
※BBBofC英国スーパーミドル級王座獲得(のちに返上)

■WBCインターナショナルスーパーミドル級王座決定戦
2013/10/26 ○6RKO ルーベン・エドゥアルド・アコスタ(亜)
※WBCインターナショナルスーパーミドル級王座獲得
2014/04/19 ○3R棄権 フランソワ・バスティエント(仏)

■WBCインターナショナルスーパーミドル級タイトルマッチ
2014/05/17 ○2RKO トビアス・ウェッブ(英)
※WBCインターナショナルスーパーミドル級王座防衛①

■WBCインターナショナルスーパーミドル級タイトルマッチ
2014/07/12 ○10R判定 3-0(99-91、99-91、100-89) ブラディーン・ビオス(カーボベルデ)
※WBCインターナショナルスーパーミドル級王座防衛②
2014/08/16 ○1RKO アブラハム・エルナンデス(メキシコ)
2014/10/04 ○3RTKO ラファエル・ソーサ・ピントス(ウルグアイ)

■WBCインターナショナルスーパーミドル級タイトルマッチ
2014/11/22 ○12R判定 3-0(118-111、118-110、120-108) ニコラ・セクローカ(セルビア)
※WBCインターナショナルスーパーミドル級王座防衛③(のちに返上)

2015/05/09 ○1RTKO オレグ・フェドーテス(ラトビア)

■WBCスーパーミドル級シルバー王座決定戦
2015/06/26 ○12R判定 3-0(118-110、118-110、120-107) クリストファー・レブラス(仏)
※WBCスーパーミドル級シルバー王座獲得

■WBCスーパーミドル級シルバータイトルマッチ/BBBofC英国スーパーミドル級王座決定戦
2015/11/07 ○1RTKO ロッキー・フィールディング(英)
※WBCスーパーミドル級シルバー王座防衛①
※BBBofC英国スーパーミドル級王座獲得

■EBU欧州スーパーミドル級タイトルマッチ
2016/04/02 ○1RTKO ハディラ・モハマディ(仏)
※EBU欧州スーパーミドル級王座獲得(のちに返上)

2016/05/29 ○6RTKO セサール・エルナン・レイノソ(亜)

■WBCスーパーミドル級シルバータイトルマッチ
2016/09/10 ○6R棄権 ノーバート・ネメサパティ(ハンガリー)
※WBCスーパーミドル級シルバー王座防衛②

■BBBofC英国スーパーミドル級タイトルマッチ
2016/12/10 ○10RTKO ルーク・ブラックリーグ(英)
※BBBofC英国スーパーミドル級王座防衛①(のちに返上)

■WBC世界スーパーミドル級ダイヤモンド王座決定戦
2017/09/16 ○12R判定 3-0(116-112、117-110、117-111) エリック・スコグランド(スウェーデン)
※WBC世界スーパーミドル級ダイヤモンド王座獲得

■WBC世界スーパーミドル級ダイヤモンドタイトルマッチ
2018/02/24 ○12R判定 3-0(117-111、118-110、117-111) ニキー・ホルツケン(オランダ)
※WBC世界スーパーミドル級ダイヤモンド王座防衛①

■WBCダイヤモンド/WBAスーパー世界スーパーミドル級王座統一戦/WBSSシーズン1スーパーミドル級決勝
2018/09/28 ○7RKO ジョージ・グローブス(英)
※WBA世界スーパーミドル級スーパー王座獲得
※WBC世界スーパーミドル級ダイヤモンド王座防衛②
※WBSSシーズン1スーパーミドル級優勝

■WBCダイヤモンド/WBAスーパー世界スーパーミドル級タイトルマッチ
2019/06/01 ○3RTKO アッサン・エンダム(仏)
※WBC世界スーパーミドル級ダイヤモンド王座防衛③
※WBA世界スーパーミドル級スーパー王座防衛①

■WBCダイヤモンド/WBAスーパー世界スーパーミドル級王座統一戦
2019/11/23 ○12R判定 3-0(116-112、117-111、116-112) ジョン・ライダー(英)
※WBC世界スーパーミドル級ダイヤモンド王座防衛④
※WBA世界スーパーミドル級スーパー王座防衛②

■WBA世界スーパーミドル級スーパータイトルマッチ/WBC世界スーパーミドル級王座決定戦
2020/12/19 ●12R判定 0-3(111-117、109-119、109-119) サウル・アルバレス(メキシコ)
※WBA世界スーパーミドル級スーパー王座陥落
※WBC世界スーパーミドル級ダイヤモンド王座陥落

2021/09/25 ○2RTKO ヒルベルト・カスティーヨ・リベラ(ドミニカ共和国)

■WBC世界ライトヘビー級挑戦者決定戦
2022/08/20 ○4RKO マティオ・ボーデルリック(仏)
※WBC世界ライトヘビー級挑戦権獲得

 

【補足情報】
・英-マージーサイド州リバプール出身。同地を拠点に活動。
・異名は「ムンド」。スペイン語で”世界”の意味を持つ。
・ロンドン五輪の最終予選で不可解な判定負けを喫し、出場権を逃したことでプロ転向。
・他の3人兄弟もそれぞれプロボクサーで、ポール・スミス(英)リアム・スミス(英)
 ステファン・スミス(英)。そのうちリアム・スミスはWBO世界スーパーウェルター級王座を
 獲得。
・日本語表記ではコーラム・スミスと表記されることもある。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-か-に戻る
索引-C-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました