黒木 優子(Yuko Kuroki)

黒木 優子(Yuko Kuroki)(YuKOフィットネス)

 

本名:黒木 優子
生年月日:1991年3月28日
国籍:日本
戦績:29戦20勝(10KO)7敗2分

 

【獲得タイトル】
WBC世界女子アトム級ユース王座
第4代WBO世界女子アトム級王座
第6代WBC世界女子ミニフライ級王座

 

【戦歴】
2008/12/20 ●4R判定 0-2(37-39、37-39、38-38) 西田 久美子(マナベ)
2009/04/05 ○4R判定 3-0(40-36、40-36、40-37) 横関 夏芽(緑)
2009/06/26 ●4R判定 0-2(37-39、37-38、38-38) 柴田 直子(ワールドS)
2009/12/19 ○2RTKO エイミー・ベレゾウスキー(韓)
2010/05/23 ○4R判定 3-0(40-36、40-36、40-36) リウ・ダーリン(中)
2010/10/17 ○4R判定 3-0(40-37、39-37、39-38) リンクス 中原(久留米櫛間)
2010/12/26 ○3RKO リウ・チー(中)
2011/05/08 ○3RTKO キム・ナキョン(韓)

■WBC世界女子アトム級ユース王座決定戦
2011/07/08 ○4RTKO ノンキャット・ロングレンギーラコンケーン(タイ)
※WBC世界女子アトム級ユース王座獲得

2011/12/25 ○10R判定 3-0(100-90、99-92、98-92) アマラ・ゴーキャットジム(タイ)
2012/11/16 ○2RTKO 小田 美佳(宮田)

■WBA世界女子ミニフライ級タイトルマッチ
2013/03/03 ●10R判定 0-3(91-99、92-98、92-98) 多田 悦子(フュチュール)
※WBA世界女子ミニフライ級王座挑戦

2013/06/24 ●8R判定 0-3(74-79、75-78、75-77) 花形 冴美(花形)

■OPBF東洋太平洋ミニフライ級王座決定戦
2013/12/03 △8R判定 1-1(77-76、76-77、77-77) 花形 冴美(花形)
※OPBF東洋太平洋ミニフライ級王座挑戦

2014/03/16 ○3RTKO アイサー・アリコ(比)

■WBC世界女子ミニフライ級タイトルマッチ
2014/05/17 ○10R判定 3-0(97-93、96-94、96-94) 安藤 麻里(フュチュール)
※WBC世界女子ミニフライ級王座獲得

■WBC世界女子ミニフライ級タイトルマッチ
2014/11/01 ○10R判定 2-1(93-97、96-94、96-94) カティア・グティエレス(メキシコ)
※WBC世界女子ミニフライ級王座防衛①

■WBC世界女子ミニフライ級タイトルマッチ
2015/05/09 ○10R判定 3-0(98-92、97-93、97-93) 秋田屋 まさえ(ワイルドビート)
※WBC世界女子ミニフライ級王座防衛②

2015/08/16 ○3RTKO カニタ・サックナロン(タイ)

■WBC世界女子ミニフライ級タイトルマッチ
2015/12/20 ○10R判定 3-0(98-92、99-92、97-93) ナンシー・フランコ(メキシコ)
※WBC世界女子ミニフライ級王座防衛③

■WBC世界女子ミニフライ級タイトルマッチ
2016/06/06 ○8RKO ノル・グロ(比)
※WBC世界女子ミニフライ級王座防衛④

■WBC世界女子ミニフライ級タイトルマッチ
2016/12/18 ○10R判定 3-0(96-92、96-92、96-92) 安藤 麻里(フュチュール)
※WBC世界女子ミニフライ級王座防衛⑤

■WBC世界女子ミニフライ級タイトルマッチ
2017/12/17 ●10R判定 0-3(92-98、94-96、93-97) 小関 桃(青木)
※WBC世界女子ミニフライ級王座陥落

2018/04/17 ○8R判定 3-0(79-73、79-74、78-75) 神田 桃子(協栄)

■IBF世界女子アトム級王座決定戦
2018/09/29 ●10R判定 1-2(94-96、95-94、94-96) 花形 冴美(花形)
※IBF世界女子アトム級王座挑戦

2019/04/14 △8R判定 1-1(77-77、75-77、77-76) 池山 直(フュチュール)

■OPBF東洋太平洋女子ミニフライ級王座決定戦
2021/06/07 ●8R判定 0-2(76-76、74-78、74-78) 千本 瑞規(ワタナベ)
※OPBF東洋太平洋女子ミニフライ級王座挑戦

2022/05/28 ○2RTKO ピチャダー・シンマナサック(タイ)

■WBO世界女子アトム級タイトルマッチ
2022/09/01 ○8R判定 3-0(97-93、98-92、98-92) 鈴木 菜々江(シュウ)
※WBO世界女子アトム級王座獲得

 

【補足情報】
・福岡県福岡市出身。
・関ジムよりデビューし、小田 美佳戦よりYuKOフィットネス所属。
・高校時代にはアルペンスキー選手として活躍。警察官である父がトレーニングとして
 行っていたボクシングを勧められ競技を開始。
・2008年度4月15日、C級プロテストに合格。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-く-に戻る
索引-Y-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました