ナターシャ・ジョナス(Natasha Jonas)

ナターシャ・ジョナス(Natasha Jonas)(英)

 

本名:ナターシャ・ポーラ・ジョナス
生年月日:1984年6月18日
国籍:英
戦績:17戦14勝(8KO)2敗1分

 

【獲得タイトル】
2006年度ABA英国選手権女子ライトウェルター級優勝(アマチュア)
2007年度ABA英国選手権女子ライトウェルター級優勝(アマチュア)
2008年度ABA英国選手権女子ライトウェルター級優勝(アマチュア)
2009年度ABA英国選手権女子ライトウェルター級優勝(アマチュア)
2010年度ABA英国選手権女子ライトウェルター級優勝(アマチュア)
WBAインターナショナル女子スーパーフェザー級王座
第5代WBO世界女子スーパーウェルター級王座
第9代WBC世界女子スーパーウェルター級王座
第7代IBF世界女子スーパーウェルター級王座
第7代IBF世界女子ウェルター級王座

 

【戦歴】
2017/06/23 ○1RTKO モニカ・アントニック(ポーランド)
2017/09/30 ○4RTKO ボジャナ・リビシェフスカ(ポーランド)
2017/10/13 ○3RTKO マリアンナ・グリャス(ポーランド)
2017/12/16 ○2RTKO カタリナ・ビスティカ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
2018/02/25 ○6R判定 (60-54) カリーナ・コピンスカ(ポーランド)

■WBAインターナショナル女子スーパーフェザー級王座決定戦
2018/04/21 ○7RTKO タウシー・ラッジ(仏)
※WBAインターナショナル女子スーパーフェザー級王座獲得

■WBAインターナショナル女子スーパーフェザー級タイトルマッチ
2018/08/04 ●4RTKO ビビアン・オベナウフ(ブラジル)
※WBAインターナショナル女子スーパーフェザー級王座陥落

2019/03/30 ○6R判定 (60-54) フェリシェ・マシャウリ(タンザニア)
2019/07/12 ○4RTKO ベック・コノリー(英)
2019/11/15 ○2RTKO ビアンカ・マジラス(ハンガリー)

■WBC/IBO世界女子スーパーフェザー級タイトルマッチ
2020/08/07 △10R判定 1-1(94-96、96-95、95-95) テリー・ハーパー(英)
※IBO世界女子スーパーフェザー級王座挑戦
※WBC世界女子スーパーフェザー級王座挑戦

■WBA/WBC/IBF/WBO世界女子ライト級タイトルマッチ
2021/05/01 ●10R判定 0-3(95-96、94-96、95-96) ケイティ・テイラー(アイルランド)
※WBA世界女子ライト級王座挑戦
※IBF世界女子ライト級王座挑戦
※WBO世界女子ライト級王座挑戦
※WBC世界女子ライト級王座挑戦

2021/11/20 ○6R判定 (59-55) バイダ・マシオカイト(リトアニア)

■WBO世界女子スーパーウェルター級王座決定戦
2022/02/19 ○2RTKO クリス・ナムス(ウルグアイ)
※WBO世界女子スーパーウェルター級王座獲得

■WBC/WBO世界女子スーパーウェルター級王座統一戦
2022/09/03 ○10R判定 3-0(99-91、100-90、100-90) パトリシア・ベルグルト(スウェーデン)
※WBC世界女子スーパーウェルター級王座獲得
※WBO世界女子スーパーウェルター級王座防衛①

■WBC/WBO/IBF世界女子スーパーウェルター級王座統一戦
2022/11/12 ○10R判定 3-0(97-93、98-92、100-90) マリエ・イブ・ディケアー(カナダ)
※WBC世界女子スーパーウェルター級王座防衛①
※WBO世界女子スーパーウェルター級王座防衛②
※IBF世界女子スーパーウェルター級王座獲得

■IBF世界女子ウェルター級王座決定戦
2023/07/01 ○8RTKO カンディ・ワイアット(カナダ)
※IBF世界女子ウェルター級王座獲得

 

【補足情報】
・英-マージ―サイド州リバプール出身。
・アマチュア時代には2012年度世界選手権ライト級で銅メダルを獲得。
・ロンドン五輪に出場したことで、英国人として初めて女子ボクシングでのオリンピアンとなった。
・妹はサッカー選手のニキータ・パリス。本人もサッカー選手を目指していた。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-な-に戻る
索引-N-に戻る

 

コメント