小澤 瑶生(Tamao Ozawa)

小澤 瑶生(Tamao Ozawa)(フュチュール)

 

本名:岸本 瑶生
生年月日:1985年5月16日
国籍:日本
戦績:22戦17勝(6KO)5敗

 

【獲得タイトル】
G Legend女子スーパーフライ級王座
第2代日本女子フライ級王座
第5代OPBF東洋太平洋女子スーパーフライ級王座
第8代WBO世界女子スーパーフライ級王座

 

【戦歴】
2011/08/28 ○4R判定 2-0(39-38、39-38、38-38) マイムアン・シットクルシン(タイ)
2012/02/19 ○2RTKO 千葉 とも子(ワールドS)
2012/06/22 ○3RTKO 隣井 朝子(井岡)
2012/09/16 ○6R判定 3-0(59-56、59-56、58-57) 玉森 麻保(エディタウンゼント)

■G Legend女子スーパーフライ級王座決定戦
2013/02/09 ○6R判定 2-0(59-55、59-56、58-58) 玉森 麻保(エディタウンゼント)
※G Legend女子スーパーフライ級王座獲得

■OPBF東洋太平洋女子スーパーフライ級タイトルマッチ
2013/08/24 ●1RTKO 川西 友子(大阪帝拳)
※OPBF東洋太平洋女子スーパーフライ級王座挑戦

2013/12/14 ○8R判定 3-0(78-74、78-75、77-74) タニャコーン・ソーウォラシン(タイ)

■G Legend女子スーパーフライ級王座決定戦
2014/03/03 ●2RKO カイ・ジョンソン(竹原慎二&畑山隆則)
※G Legend女子スーパーフライ級王座陥落

2014/09/20 ○8R判定 2-1(77-76、77-76、76-77) カイ・ジョンソン(竹原慎二&畑山隆則)

■OPBF東洋太平洋女子スーパーフライ級王座決定戦
2015/04/03 ○8R判定 2-1(77-75、76-77、77-76) ぬき てるみ(井岡弘樹)
※OPBF東洋太平洋女子スーパーフライ級王座獲得(のちに返上)

2015/09/16 ○6R判定 3-0(60-53、60-54、59-54) カレアン・リバス(比)
2015/12/19 ○3R棄権 クレドペッチ・ルックムアンカン(タイ)

■WBCインターナショナル女子スーパーフライ級タイトルマッチ/WBC世界女子スーパーフライ級挑戦者決定戦
2016/05/14 ●10R判定 0-3(90-100、90-100、90-100) マリアナ・フアレス(メキシコ)
※WBCインターナショナル女子スーパーフライ級王座挑戦
※WBC世界女子スーパーフライ級挑戦権獲得失敗

2016/08/24 ○4RTKO スーダ・サックナロン(タイ)
2016/12/31 ○6R判定 3-0(60-55、59-55、58-56) 小関 有希(K&W)

■WBO世界女子ライトフライ級王座決定戦
2017/05/14 ●10R判定 1-2(96-94、94-96、94-96) ホン・ソヨン(韓)
※WBO世界女子ライトフライ級王座挑戦

2017/09/30 ○5RTKO ホ・ウニョン(韓)

■WBO世界女子スーパーフライ級王座決定戦
2018/03/10 ●10R判定 0-3(94-96、94-96、94-96) ラージャ・アマーシャ(独)
※WBO世界女子スーパーフライ級王座挑戦

2018/07/29 ○8R判定 3-0(80-72、80-72、80-72) ファナルック・コンサング(タイ)
2018/11/25 ○3RTKO アイサー・アリコ(比)

■日本女子フライ級王座決定戦
2019/04/14 ○6R判定 3-0(58-55、60-53、59-54) パク・ヘス(韓)
※日本女子フライ級王座獲得(のちに返上)

■WBO世界女子スーパーフライ級タイトルマッチ
2022/05/30 ○10R判定 2-1(97-93、94-96、97-93) 吉田 実代(三迫)
※WBO世界女子スーパーフライ級王座獲得

 

【補足情報】
・長野県上伊那郡辰野町出身。
・結婚に伴い、本名の姓は岸本となっている。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-お-に戻る
索引-T-に戻る

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました