吉田 実代(Miyo Yoshida)

吉田 実代(Miyo Yoshida)(三迫)

 

本名:吉田 実代
生年月日:1988年4月12日
国籍:日本
戦績:17戦15勝2敗

 

【獲得タイトル】
初代日本女子バンタム級王座
第6代OPBF東洋太平洋女子バンタム級王座
第5代WBO世界女子スーパーフライ級王座
第7代WBO世界女子スーパーフライ級王座

 

【戦歴】
2014/05/28 ○4R判定 2-0(39-37、39-37、38-38) 佐藤 絢香(YuKOフィットネス)
2016/03/13 ○4R判定 2-0(39-37、39-37、38-38) 平安山 裕子(平仲BS)
2016/05/31 ○4R判定 3-0(39-38、39-38、39-38) 牧野 香菜(竹原慎二&畑山隆則)
2016/07/02 ○4R判定 3-0(38-37、38-37、38-37) 田中 智沙(勝又)
2016/09/21 ●4R判定 0-3(36-40、37-39、38-39) 小関 有希(K&W)
2016/11/27 ○6R判定 3-0(60-54、60-55、59-56) 福田 香奈(S&K)
2017/03/15 ○6R判定 2-0(59-55、58-56、55-55) 小関 有希(K&W)
2017/05/14 ○8R判定 3-0(80-72、79-74、78-75) キム・アクタブ(比)

■日本女子バンタム級王座決定戦
2017/10/06 ○6R判定 3-0(58-57、58-57、58-57) 高野 人母美(協栄)
※日本女子バンタム級王座獲得

■日本女子バンタム級タイトルマッチ
2018/03/08 ○6R判定 3-0(60-54、60-54、59-55) カイ・ジョンソン(竹原慎二&畑山隆則)
※日本女子バンタム級王座防衛①

■OPBF東洋太平洋女子バンタム級王座決定戦
2018/08/20 ○5R負傷判定 3-0(49-46、48-47、49-46) グレテル・デパス(比)
※OPBF東洋太平洋女子バンタム級王座獲得

■OPBF東洋太平洋女子バンタム級タイトルマッチ
2018/09/30 ○8R判定 3-0(78-74、79-73、77-75) ファナルック・コンサング(タイ)
※OPBF東洋太平洋女子バンタム級王座防衛①(のちに返上)

■日本女子バンタム級タイトルマッチ
2019/03/13 ○6R判定 3-0(59-55、59-55、60-54) 若狭 与志枝(花形)
※日本女子バンタム級王座防衛②(のちに返上)

■WBO世界女子スーパーフライ級王座決定戦
2019/06/19 ○10R判定 3-0(100-90、99-91、100-90) ケーシー・モートン(米)
※WBO世界女子スーパーフライ級王座獲得

■WBO世界女子スーパーフライ級タイトルマッチ
2019/12/31 ○10R判定 3-0(99-90、97-92、98-91) シー・リーピン(中)
※WBO世界女子スーパーフライ級王座防衛①

■WBO世界女子スーパーフライ級タイトルマッチ
2020/12/13 ●6R負傷判定 0-3(54-59、56-57、54-59) 奥田 朋子(ミツキ)
※WBO世界女子スーパーフライ級王座陥落

■WBO世界女子スーパーフライ級タイトルマッチ
2021/06/29 ○10R判定 2-1(96-94、96-94、94-96) 奥田 朋子(ミツキ)
※WBO世界女子スーパーフライ級王座獲得

 

【補足情報】
・鹿児島県出身。
・総合格闘技、キックボクシングを経てボクシングへ転向。
・総合格闘技では3戦1勝2敗、キックボクシングでは14戦10勝4敗。
・2015年4月に長女を出産するも離婚。「戦うシングルマザー」として活躍。
・EBISU K’s BOX所属としてデビューし奥田 朋子戦より三迫所属。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-よ-に戻る
索引-M-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました