山中 竜也(Ryuya Yamanaka)

山中 竜也(Ryuya Yamanaka)(真正)

 

本名:山中 竜也
生年月日:1995年4月11日
国籍:日本
戦績:23戦19勝(6KO)4敗

 

【獲得タイトル】
第16代OPBF東洋太平洋ミニマム級王座
WBOアジア太平洋ライトフライ級王座
第19代WBO世界ミニマム級王座

 

【戦歴】
2012/06/22 ○4R判定 3-0(40-36、40-36、40-36) 小柳 一樹(倉敷守安)
2012/09/15 ○4R判定 3-0(40-35、40-35、40-35) 横江 健太(駿河男児)
2012/11/02 ○4R判定 3-0(40-37、39-37、39-37) 大森 惇平(ウォズ)
2013/02/17 ○2RTKO 寺次 孝有希(ミサイル工藤)

■2013年度西日本ミニマム級新人王予選
2013/04/21 ●1RKO 清水 健太(渥美)
※西日本新人王敗退

2013/07/12 ○4RTKO 平井 雅樹(宮崎ワールド)
2013/09/22 ○6R判定 3-0(60-54、60-54、60-55) 西川 潤也(グリーンツダ)
2014/04/06 ○8R判定 3-0(80-73、80-73、80-74) 山本 裕貴(江見)
2014/08/22 ●8R判定 1-2(75-77、76-77、78-75) ロケ・ラウロ(比)
2014/12/07 ○8R判定 3-0(79-74、78-75、77-76) 村井 貴裕(グリーンツダ)
2015/04/29 ○8R判定 3-0(80-73、80-73、80-73) ロネル・フェレーラス(比)
2015/08/02 ○10R判定 3-0(100-90、100-92、100-93) 若原 義敬(協栄)
2015/12/11 ○8R判定 3-0(80-73、79-73、79-74) 成塚 亮(ワタナベ)
2016/05/16 ○3RTKO トードギャッド・ウィーラチョン(タイ)

■OPBF東洋太平洋ミニマム級王座決定戦
2016/11/11 ○12R判定 3-0(119-109、118-110、117-111) メルリト・サビーリョ(比)
※OPBF東洋太平洋ミニマム級王座獲得

2017/03/12 ○1RKO カノンメック・シットクルコン(タイ)

■WBO世界ミニマム級タイトルマッチ
2017/08/27 ○12R判定 3-0(116-112、115-113、115-113) 福原 辰弥(本田フィットネス)
※WBO世界ミニマム級王座獲得

■WBO世界ミニマム級タイトルマッチ
2018/03/18 ○8R棄権 モイセス・カジェロス(メキシコ)
※WBO世界ミニマム級王座防衛①

■WBO世界ミニマム級タイトルマッチ
2018/07/13 ●12R判定 0-3(111-116、110-117、112-115) ビック・サルダール(比)
※WBO世界ミニマム級王座陥落

2022/03/06 ○5RTKO 須藤 大介(三迫)
2022/08/14 ○8R判定 3-0(80-72、80-72、80-72) ジョナサン・タコニン(比)

■WBOアジア太平洋ライトフライ級王座決定戦
2023/05/06 ○12R判定 3-0(117-110、118-109、120-107) 安藤 教祐(KG大和)
※WBOアジア太平洋ライトフライ級王座獲得

■WBOアジア太平洋ライトフライ級タイトルマッチ
2023/12/17 ●2RTKO ジェイソン・ベイソン(比)
※WBOアジア太平洋ライトフライ級王座陥落

 

【補足情報】
・大阪府堺市美原区出身。
・尊敬する選手にはミゲール・コット(プエルトリコ)フアン・マヌエル・マルケス(メキシコ)
 挙げている。
・弟の山中 大貴(真正)もプロボクサー。妹にはIBF世界女子アトム級王者の
 山中 菫(真正)がいる。
・引退後には北新地で「おにぎり竜」を営んでいる。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-や-に戻る
索引-R-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました