八尋 史朗(Shiro Yahiro)

八尋 史朗(Shiro Yahiro)(帝拳)
 
 

本名:八尋 史朗
生年月日:1968年8月27日
国籍:日本
戦績:33戦26勝(14KO)5敗2分
 
 

【獲得タイトル】
1989年度全日本ライトフライ級新人王
第19代日本ライトフライ級王座
第18代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座
 
 
 

【戦歴】
1989/05/27 ○1RKO 貝瀬 政治(鎌ヶ谷)
1989/07/08 ○4R判定 (採点不明) 東條 賢(角海老宝石)
1989/09/09 ○4R判定 (採点不明) 鈴木 浩二(花形)
1989/11/09 △4R判定 (採点不明) 佐々木 義明(東拳)
1989/12/23 ○3RKO 小沼 直喜(鎌ヶ谷)

■1989年度全日本ライトフライ級新人王決定戦
1990/02/18 ○6R判定 3-0(59-57、60-58、58-56) 真栄城 玄祐(パックス沖縄)
※全日本新人王獲得

1990/04/14 ○8R判定 3-0(78-75、77-75、78-76) 辻野 俊彦(大星)
1990/07/06 ○8R判定 3-0(79-76、78-77、78-77) 山田 安孝(カワイ)
1990/10/12 ○7RTKO 田中 徳昭(グリーンツダ)
1991/01/12 ○2RTKO 谷内 均(グリーンツダ)
1991/04/13 ○1RKO チョン・チャンホ(韓)
1991/07/13 ○10R判定 3-0(99-93、98-95、98-95) 新堀 剛志(ヤマグチ土浦)
1991/12/19 ○2RTKO ジョー・コンスタンチン(比)

■日本ライトフライ級王座決定戦
1992/03/10 ○10R判定 3-0(100-93、100-91、100-89) 平野 公夫(ワタナベ)
※日本ライトフライ級王座獲得

■日本ライトフライ級タイトルマッチ
1992/06/03 ○5RKO 小見山 勝巳(ハラダ)
※日本ライトフライ級王座防衛①

1992/09/28 ○3R負傷判定 (採点不明) エミリオ・サントス(メキシコ)

■日本ライトフライ級タイトルマッチ
1993/02/06 ○9RTKO 高橋 建一(花形)
※日本ライトフライ級王座防衛②(のちに返上)

1993/07/03 ○4RTKO ルエンロット・キャットクリアンカイ(タイ)

■WBA世界ライトフライ級王座決定戦
1993/10/21 ●9RTKO レオ・ガメス(ベネズエラ)
※WBA世界ライトフライ級王座挑戦

1994/03/02 ○7RTKO ホセ・マルティン・ロペス(メキシコ)
1994/06/04 ●12R判定 0-3(115-118、117-118、116-118) 細野 雄一(角海老宝石)
1995/02/04 ○1RKO ノキンセー・オーユタナコン(タイ)
1995/06/14 ○10R判定 3-0(96-95、98-95、97-94) リック・マグラモJr(比)

■OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座決定戦
1995/10/09 ○12R判定 2-1(116-114117-115113-116) ヤン・サンイク(韓)
※OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座獲得

■OPBF東洋太平洋ライトフライ級タイトルマッチ
1996/02/03 △12R判定 1-1(115-115、118-115、113-115) リック・マグラモJr(比)
※OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座防衛①(のちに返上)

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1996/08/10 ●9RTKO サマン・ソーチャトロン(タイ)
※WBC世界ライトフライ級王座挑戦

1997/05/09 ○8RTKO アルマン・アディヌール(インドネシア)
1997/09/26 ○6RTKO イ・サンチョル(韓)

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1998/03/08 ●4RTKO サマン・ソーチャトロン(タイ)
※WBC世界ライトフライ級王座挑戦

1999/10/15 ○10R判定 (98-94、100-93、98-96) カン・ピルグ(韓)
2000/04/01 ○10R判定 (97-95、98-96、97-95) ピタック・ダオジャラスノイ(タイ)
2001/01/20 ○7RTKO パノムデット・オーユタナコーン(タイ)

■日本ライトフライ級タイトルマッチ
2001/10/15 ●9RTKO 坂田 健史(協栄)
※日本ライトフライ級王座挑戦
 
 

【補足情報】
・福岡県粕屋郡出身。
・アマチュア戦績:15戦8勝(2KO/RSC)7敗。
・アマチュア時代には東福岡高校ボクシング部で活躍。
・1986年度アマチュアランキングジュニアの部ではモスキート級6位。
・BoxRecではイ・サンチョル戦は1997/09/06となっているが、
 正しくは1997/09/26。(2018/06/16時点)
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-や-に戻る
索引-S-に戻る
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました