キンジ 天野(Kinji Amano)

キンジ 天野(Kinji Amano)(国際)
 
 

本名:天野 欽二
生年月日:1974年8月29日
国籍:日本
戦績:35戦22勝(12KO)8敗5分
 
 

【獲得タイトル】
第37代日本スーパーフェザー級王座
 
 

【戦歴】
1994/03/21 ○1RKO 薮内 大弘(オークラ)

■1995年度東日本バンタム級新人王予選
1994/07/15 ●4R判定 0-2(38-39、38-39、39-39) 平川 貴詞(輪島S)
※東日本新人王敗退

1994/10/30 ●4R判定 0-3(38-39、38-39、37-39) 曽根 正弘(キクチ)
1995/02/13 ○1RKO 下田 達也(ゴールド)
1995/05/08 △4R判定 1-1(39-39、40-39、39-40) 加藤 浩一(斉田)
1995/06/07 △1R負傷引分 酒井 裕宗(ワタナベ)
1995/07/19 ○4R判定 3-0(40-38、40-38、40-37) 川上 仁(ハッピー)
1995/08/29 ○4R判定 3-0(39-37、40-37、40-37) 片桐 健介(沼田)
1995/09/27 ○4R判定 3-0(39-36、40-37、39-37) 杉田 拓也(新日本タニカワ)

■1995年度東日本バンタム級新人王準決勝
1995/10/30 ●4R判定 0-3(38-39、38-39、38-40) 中村 正彦(角海老宝石)
※東日本新人王敗退

1996/07/16 ○2RKO 高橋 勝(八王子中屋)
1996/08/26 ○4RKO 滝沢 克英(ロッキー)

■1995年度東日本バンタム級新人王予選
1996/09/27 △4R判定 1-1(39-39、38-39、39-38) 二ツ橋 裕(ヨネクラ)
※東日本新人王敗退(規定により二ツ橋の勝者扱い)

1997/03/14 ○3RKO 小出 智(ランド)
1997/08/25 ○6R判定 3-0(59-58、59-56、59-57) 安藤 正晴(横浜さくら)
1998/03/04 ○6R判定 3-0(59-57、58-56、58-57) 佐々木 素之(新日本木村)
1998/06/05 ○5RTKO 山口 裕朗(金子)
1998/07/14 ○6R判定 3-0(58-57、59-57、58-56) 菅原 雅兼(松田)

■1998年度KSD杯争奪A級トーナメントフェザー級準決勝
1998/09/04 ●6R判定 0-2(57-57、57-58、56-60) 三船 元(トクホン真闘)
※A級トーナメント敗退

1999/03/06 ●8RTKO 服部 世志夫(江坂)
1999/11/07 ○2RKO 倉持 誠(ワールド日立)
2000/02/07 ○10R判定 3-0(98-94、96-95、98-93) 松信 秀和(宮田)
2000/06/03 ○8RTKO 鈴木 將富(高崎)
2000/09/16 ○10R判定 3-0(99-92、100-92、99-92) ビチット・チュワタナ(タイ)
2001/01/20 ○1RKO ヌアファー・シンジャイヤイ(タイ)

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
2001/03/12 ○10R判定 3-0(96-95、97-94、97-95) コウジ 有沢(草加有沢)
※日本スーパーフェザー級王座獲得

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
2001/08/18 ○10R判定 3-0(97-94、97-96、99-94) 射場 哲也(三迫)
※日本スーパーフェザー級王座防衛①

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
2002/01/19 ●10R判定 0-3(94-99、95-99、95-98) 長嶋 健吾(18古河)
※日本スーパーフェザー級王座陥落

■日本スーパーフェザー級王座決定戦
2002/08/24 ●10R判定 0-3(93-98、93-98、94-98) 本望 信人(角海老宝石)
※日本スーパーフェザー級王座獲得失敗

2003/04/05 ○4RKO ソンクラン・バムルーシー(タイ)
2003/09/06 ○8RKO マノプチャイ・シンワンチャー(タイ)
2004/01/10 ●6R棄権 三浦 誉士(金沢)
2004/06/24 ○3RKO パソプチャイ・アサバヨーティン(タイ)
2004/11/08 △8R判定 1-0(77-76、76-76、76-76) 阪東 ヒーロー(フォーラムS)
2005/05/24 △10R判定 1-0(96-95、96-96、95-95) ジムレックス・ハカ(比)
 
 
 

【補足情報】
・東京都世田谷区出身。(埼玉県三郷市とする場合もある)
・のちにOPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王者となる本望 信人と対戦し、判定で敗れている。
・のちにOPBF東洋太平洋二階級制覇王者となる長嶋 建吾(当時:長嶋 健吾)と対戦し、判定で敗れている。
・ジムレックス・ハカ戦を最後に引退。
・引退後はワールドSジムのトレーナーを務めていた。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-き-に戻る
索引-K-に戻る
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました