松下 拳斗(Kyohei Tamakoshi)

松下 拳斗(Kyohei Tamakoshi)(千里馬神戸)

 

本名:玉越 強平
生年月日:1980年12月30日
国籍:日本
戦績:51戦34勝(13KO)10敗7分

 

【獲得タイトル】
WBCスーパーフェザー級ユース王座

 

【戦歴】
1999/01/24 ○3RKO 中本 茂雄(明石)
1999/04/24 ○1RKO 中川 貴仁(明石)
1999/06/28 △4R判定 0-1(38-38、38-38、38-39) 尾関 清雅(進光)
1999/11/22 ●1RKO 与久田 英毅(JM加古川)
2000/04/28 ○2RTKO 鈴木 誠(武蔵)
2000/06/04 ○2RKO 小磯 冨司男(陽光アダチ)
2000/08/03 ○4R判定 2-0(39-37、39-38、38-38) 西 祐司(大阪帝拳)

■2000年度西日本フェザー級新人王決勝
2000/09/07 ●6R判定 0-3(57-58、56-59、57-58) 中野 智弘(風間)
※西日本新人王敗退

2000/11/08 △6R判定 1-1(58-57、57-57、56-58) 目次 誠(ハラダ)
2001/03/17 ●6R判定 0-3(55-59、56-60、56-60) 酒井 俊光(三迫)
2001/05/20 ○6R判定 3-0(59-57、60-56、59-56) 北原 久己(新光)
2001/07/20 △6R判定 0-1(58-58、57-58、58-58) 中谷 年伸(八尾)
2001/10/21 ●8R判定 0-3(75-78、77-78、75-80) 藤原 直人(エディタウンゼント)
2002/04/21 ○8R判定 3-0(78-74、77-76、77-76) 川原 悟(進光)
2002/07/25 ○8R判定 2-0(78-74、77-75、77-77) 上原 誠(進光)
2002/11/04 △8R判定 0-1(77-79、77-77、77-77) 坂本 健二(とよはしS)
2003/02/16 ○4RTKO 田呂丸 誠二(グリーンツダ)
2003/06/29 ○10R判定 2-0(96-94、96-95、97-97) 池原 信遂(大阪帝拳)
2003/11/09 ○10R判定 3-0(99-91、98-92、97-93) 星山 善貴(エディタウンゼント)
2004/02/15 ○6R負傷判定 2-1(58-56、57-56、56-58) 鈴木 雅量(鍵本エディ)

■日本スーパーバンタム級タイトルマッチ
2004/06/19 △4R負傷引分 中島 吉謙(角海老宝石)
※日本スーパーバンタム級王座挑戦

2004/11/28 ○4RKO 目次 誠(ハラダ)
2005/05/22 ○10R判定 3-0(100-90、99-91、99-92) 赤木 真(グリーンツダ)
2005/11/03 ○8R判定 2-1(78-72、76-74、74-76) 坪内 達哉(大阪帝拳)
2006/03/25 ○6R判定 3-0(60-54、59-55、59-55) 丹羽 賢史(グリーンツダ)
2006/09/18 ○7RTKO 佐梁 孝志(明石)
2006/12/10 ○6RKO ダーオデン・スーンギラーノーイナイ(タイ)

■OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ
2007/06/03 ●12R判定 0-3(112-116、113-115、113-115) ウェート・サックムアングレーン(タイ)
※OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王座挑戦

2007/08/19 ○8R判定 3-0(79-75、78-74、78-75) ハイメ・バルセロナ(比)
2007/11/23 △6R判定 1-1(58-56、56-59、58-58) 石東 正浩(グリーンツダ)
2008/03/20 ○2RTKO 松村 勝(ウォズ)
2008/06/29 ○7R負傷判定 3-0(69-65、69-66、68-66) 山本 直(守口東郷)
2008/09/15 ○8R判定 3-0(80-72、80-72、80-72) 数藤 武士(東海)
2009/02/11 ○5RKO 松田 雄太(SFマキ)
2009/07/26 ○8R判定 3-0(80-72、80-72、80-73) 廣田 裕(竹原)
2009/10/11 ○8R判定 2-1(78-75、78-75、76-77) 田内 絹人(横浜光)

■日本スーパーバンタム級タイトルマッチ
2010/04/12 ●10R判定 1-2(92-97、93-96、96-95) 芹江 匡晋(伴流)
※日本スーパーバンタム級王座挑戦

2010/11/07 ○8R判定 3-0(78-75、77-76、77-76) 永田 浩司(ウォズ)

■日本スーパーバンタム級暫定王座決定戦
2011/04/09 ●10R判定 0-3(93-97、94-96、95-96) 瀬藤 幹人(協栄)
※日本スーパーバンタム級暫定王座挑戦

2011/07/31 ○8R判定 3-0(80-72、80-73、79-73) 森本 一春(江坂)

■WBCスーパーフェザー級ユースタイトルマッチ
2011/12/10 ○3RTKO ダンテ・ハルドン(メキシコ)
※WBCスーパーフェザー級ユース王座獲得(のちに返上)

2012/03/11 ○8R判定 3-0(80-73、80-74、79-73) ペッチナムチャイ・ジッティージム(タイ)
2012/07/22 ○2RKO ペッチパヤ・クルダンプジム(タイ)
2012/11/23 ○8R判定 3-0(80-72、80-72、79-75) アクセル 住吉(関門JAPAN)

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
2013/04/06 ●9RTKO 金子 大樹(横浜光)
※日本スーパーフェザー級王座挑戦

2013/11/24 ○8R判定 3-0(80-72、79-73、79-74) 吉村 拓記(ハラダ)

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
2014/06/09 ●10R判定 0-3(91-99、91-99、91-99) 内藤 律樹(E&Jカシアス)
※日本スーパーフェザー級王座挑戦

2014/12/14 ○2RTKO バンク・ティージェイジム(タイ)
2015/08/23 △8R判定 1-0(77-75、77-77、77-77) 大里 拳(大鵬)
2015/12/06 ○6R判定 3-0(60-54、60-54、60-54) 塚元 斗夢ヤンくん(六島)

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
2016/09/10 ●10RTKO 尾川 堅一(帝拳)
※日本スーパーフェザー級王座挑戦

 

【補足情報】
・兵庫県神戸市長田区出身。
・アマチュア戦績:10戦7勝3敗。
・本名でデビューし、バンク・ティージェイジム戦よりリングネームを松下 拳斗とした。
・ダンテ・ハルドンと対戦したWBCスーパーフェザー級ユースタイトルマッチは
 当初はWBCインターナショナルスーパーフェザー級王座決定戦として予定されていた。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-ま-に戻る
索引-K-に戻る

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました