マイリス・ブリーディス(Mairis Briedis)

マイリス・ブリーディス(Mairis Briedis)(ラトビア)
 
 
 

本名:不明
生年月日:1985年1月13日
国籍:ラトビア
戦績:28戦27勝(19KO)1敗
 
 

【獲得タイトル】
WBCバルト海クルーザー級王座
IBFインターコンチネンタルクルーザー級王座
WBCクルーザー級シルバー王座
IBA世界クルーザー級王座
IBO世界クルーザー級王座
WBC世界クルーザー級暫定王座
第24代WBC世界クルーザー級王座
第17代WBO世界クルーザー級王座
第27代IBF世界クルーザー級王座
WBC世界クルーザー級ダイヤモンド王座

 
 

【戦歴】
2009/10/11 ○4R判定 3-0(40-37、40-36、40-36) ラウル・ラシロースキャズ(リトアニア)
2010/06/12 ○1RTKO ガボール・ザサレク(ハンガリー)
2011/06/02 ○1RTKO ジョゼップ・ジャーリーズ(クロアチア)
2011/10/08 ○2RKO アンドレイ・ナグリス(ラトビア)
2012/03/24 ○1RTKO ルスラン・シニエフスキー(リトアニア)
2012/06/16 ○2RTKO ジョズゼフ・ナジー(ハンガリー)
2012/10/20 ○2RTKO マルコ・アンゲルマン(独)
2013/03/23 ○2RTKO ダニー・ウィリアムス(英)
2013/06/14 ○2RTKO ジョナサン・フェルトン(米)
2013/07/05 ○8R判定 3-0(80-72、80-72、79-74) ジェレミー・オーアンナ(仏)

■IBA世界クルーザー級王座決定戦
2013/11/22 ○5R棄権 ルーボス・スダ(チェコ)
※IBA世界クルーザー級王座獲得

■WBCバルト海クルーザー級王座決定戦
2014/07/26 ○9RTKO ジョーイ・ベガス(ウガンダ)
※WBCバルト海クルーザー級王座獲得

2014/09/26 ○1RKO クサバ・フォール(ハンガリー)

■IBA世界クルーザー級タイトルマッチ
2014/11/14 ○12R判定 3-0(120-108、120-109、120-110) イスマイル・アブドゥル(ベルギー)
※IBA世界クルーザー級王座防衛①

2015/04/10 ○4RTKO ビョルン・ブラシュケ(独)
2015/06/28 ○2RTKO エムレ・アルティンタス(独)
2015/08/22 ○5RKO マヌエル・チャー(独)
2015/11/06 ○2RTKO ラズロ・ヒューバート(ハンガリー)

■IBFインターコンチネンタルクルーザー級王座決定戦
2016/02/21 ○2RTKO ダニー・ベンター(南ア)
※IBFインターコンチネンタルクルーザー級王座獲得(のちに返上)

■WBCクルーザー級シルバータイトルマッチ
2016/05/14 ○9RTKO オランレワジュ・デュロドラ(ナイジェリア)
※WBCクルーザー級シルバー王座獲得(のちに返上)

2016/10/15 ○3RTKO サイモン・バリリー(英)

■WBC世界クルーザー級暫定王座決定戦/IBO世界クルーザー級タイトルマッチ
2017/04/01 ○12R判定 3-0(118-109、116-111、117-110) マルコ・フック(独)
※IBO世界クルーザー級王座獲得
※WBC世界クルーザー級暫定王座獲得(のちに正規王者に認定)

■WBC世界クルーザータイトルマッチ
2017/09/30 ○12R判定 3-0(116-110、114-112、115-111) マイク・ペレス(キューバ)
※WBC世界クルーザー級王座防衛①

■WBC/WBO世界クルーザー級王座統一戦/WBSSシーズン1クルーザー級準決勝
2018/01/27 ●12R判定 0-2(113-115、114-114、113-115) オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)
※WBO世界クルーザー級王座挑戦
※WBC世界クルーザー級王座陥落
※WBSSシーズン1クルーザー級準決勝敗退

2018/07/21 ○10R判定 3-0(100-90、100-90、100-90) ブランドン・デスローリアー(ラトビア)

■WBC世界クルーザー級ダイヤモンド王座決定戦
2018/11/10 ○12R判定 3-0(114-112、115-111、116-110) ノエル・ゲボル(独)
※WBC世界クルーザー級ダイヤモンド王座獲得

■WBO世界クルーザー級タイトルマッチ
2019/06/15 ○3RTKO クリストフ・グロワスキ(ポーランド)
※WBO世界クルーザー級王座獲得(のちに剥奪)

■IBF世界クルーザー級タイトルマッチ
2020/09/26 ○12R判定 2-0(117-111、114-114、117-111) ユニエル・ドルティコス(キューバ)
※IBF世界クルーザー級王座獲得
 
 

【補足情報】
・ラトビア-リガ出身。
・WBC世界クルーザー級暫定王座決定戦はトニー・ベリュー(英)がヘビー級のデビッド・ヘイ(英)
 対戦することに伴い防衛戦の期間が開くことから設けられた。
・WBO世界クルーザー級王座の剥奪は、クリストフ・グロワスキとの再戦を義務付けたWBOに対して
 WBSS決勝への出場を優先したことに伴うもの。
・WBSSシーズン2クルーザー級準決勝として行われたクリストフ・グロワスキ戦では当初、
 WBC世界クルーザー級王座決定戦も兼ねる予定だったが、直前にWBCが承認を取り消している。
・日本語表記ではマイリス・ブリエディスと表記することもある。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-ま-に戻る
索引-M-に戻る
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました