ユニエル・ドルティコス(Yuniel Dorticos)

ユニエル・ドルティコス(Yuniel Dorticos)(キューバ)

 

本名:ユニエル・ドルティコス
生年月日:1988年3月27日
国籍:キューバ
戦績:27戦25勝(23KO)2敗

 

【獲得タイトル】
WBAラテンアメリカクルーザー級暫定王座
WBCラテンアメリカクルーザー級暫定王座
WBCラテンアメリカクルーザー級王座
WBCラテンアメリカクルーザー級王座
WBAラテンアメリカクルーザー級王座
USBA全米クルーザー級王座
WBA世界クルーザー級暫定王座
第26代IBF世界クルーザー級王座
第18代WBA世界クルーザー級王座

 

【戦歴】
2009/08/14 ○4RTKO ヒラリオ・グスマン(ドミニカ共和国)
2009/12/04 ○1RTKO ジョージ・ノーウェル(米)
2010/02/05 ○1RTKO ゲイリー・ラベンダー(米)
2010/04/10 ○1RKO ザックジー・グラー(米)
2010/04/30 ○1RTKO カルロス・レイエス(米)
2010/07/09 ○1RTKO モーリス・ウィンズロー(米)
2010/08/18 ○3RTKO ヒラリオ・グスマン(ドミニカ共和国)
2010/09/24 ○1RKO トニー・カーン(米)
2010/10/15 ○1RTKO ロバート・ターナー(米)
2010/12/03 ○1RTKO グスタボ・エンリケス(メキシコ)
2011/03/04 ○6RTKO エピフォニオ・メンドサ(コロンビア)
2011/03/25 ○2RTKO ホセ・ルイス・エレラ(コロンビア)

■WBCラテンアメリカクルーザー級王座決定戦
2011/11/18 ○3RTKO リビン カスティーリョ(エクアドル)
※WBCラテンアメリカクルーザー級王座獲得(のちに返上)

2013/02/22 ○3RTKO ウィリー・ヘリング(米)
2013/07/13 ○2RKO キース・バール(米)

■WBAラテンアメリカ/WBCラテンアメリカクルーザー級暫定王座決定戦
2014/02/28 ○1RTKO ハミルトン・ベンチュラ(ブラジル)
※WBAラテンアメリカクルーザー級暫定王座獲得(のちに返上)
※WBCラテンアメリカクルーザー級暫定王座獲得

■WBAラテンアメリカクルーザー級タイトルマッチ/USBA全米クルーザー級王座決定戦
2014/04/16 ○4RKO エリック・フィールド(米)
※WBAラテンアメリカクルーザー級王座防衛①(のちに返上)
※USBA全米クルーザー級王座獲得(のちに返上)

■WBCラテンアメリカクルーザー級王座決定戦
2014/07/10 ○10R判定 3-0(99-91、100-90、100-90) エジソン・ミランダ(コロンビア)
※WBCラテンアメリカクルーザー級王座獲得(のちに返上)

■WBCラテンアメリカクルーザー級タイトルマッチ
2015/07/17 ○1RTKO ガレノス・ブラウン(米)
※WBCラテンアメリカクルーザー級王座防衛①(のちに返上)

2015/12/12 ○2RTKO フルヘンシオ・スニガ(コロンビア)

■WBA世界クルーザー級暫定王座決定戦
2016/05/20 ○10RTKO ユーリ・カレンガ(仏)
※WBA世界クルーザー級暫定王座獲得(のちに正規王者に認定)

■WBA世界クルーザー級タイトルマッチ
2017/09/23 ○2RTKO ドミトリー・クドリアショフ(ロシア)
※WBA世界クルーザー級王座防衛①

■WBAスーパー/IBF世界クルーザー級王座統一戦/WBSSシーズン2クルーザー級準決勝
2018/02/03 ●12RTKO ムラト・ガシエフ(ロシア)
※IBF世界クルーザー級王座挑戦
※WBA世界クルーザー級スーパー王座陥落
※WBSSシーズン1クルーザー級準決勝敗退

■WBSSシーズン2クルーザー級準々決勝
2018/10/20 ○12R判定 3-0(116-112、115-113、115-113) マテウシュ・マステルナク(ポーランド)
※WBSSシーズン2クルーザー級準決勝進出

■IBF世界クルーザー級王座決定戦
2019/06/15 ○10RKO アンドリュー・タビチ(米)
※IBF世界クルーザー級王座獲得

■IBF世界クルーザー級タイトルマッチ
2020/09/26 ●12R判定 0-3(111-117、114-114、111-117) マイリス・ブリーディス(ラトビア)
※IBF世界クルーザー級王座陥落

2021/11/20 ○2RTKO ジェシー・ブライアン(米)

 

【補足情報】
・キューバ-ハバナ出身。
・アマチュアでは257戦を戦っている。2005年~2008年のキューバの国内大会で
 銅メダル1つ、銀メダル3つを獲得。
・2009年にギジェルモ・リゴンドウ(キューバ)らと共に亡命しプロデビュー。
・日本語表記ではジュニエール・ドルティコスと表記されることもある。
・英語表記ではYunier Dorticosと表記されている者もある。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-ゆ-に戻る
索引-Y-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました