クリストフ・グロワスキ(Krzysztof Glowacki)

クリストフ・グロワスキ(Krzysztof Glowacki)(ポーランド)

 

本名:クリストフ・グロワスキ
生年月日:1986年7月31日
国籍:ポーランド
戦績:35戦32勝(20KO)3敗

 

【獲得タイトル】
ポーランドインターナショナルクルーザー級王座
BBUインターナショナルクルーザー級王座
WBOインターコンチネンタルクルーザー級王座
WBO欧州クルーザー級王座
WBO世界クルーザー級暫定王座
第14代WBO世界クルーザー級王座
第16代WBO世界クルーザー級王座

 

【戦歴】
2008/10/03 ○6R判定 (採点不明) マリウシュ・ラドジスズースキー(ロシア)
2008/10/26 ○4R判定 3-0(40-35、40-35、40-35) クライドズ・クリスタプソンズ(ラトビア)
2008/11/07 ○2RTKO ダリウシュ・バルラ(ポーランド)
2008/12/14 ○1RKO アントン・ラスセック(スロバキア)
2009/05/31 ○4R判定 (採点不明) ジェブゲニッジズ・アンドレジェブズ(ラトビア)
2009/08/18 ○1RKO キャスパーズ・オゾリン(ラトビア)

■BBUインターナショナルクルーザー級王座決定戦
2009/09/20 ○6R判定 (60-54) ルーカス・ルシウィッチ(ポーランド)
※BBUインターナショナルクルーザー級王座獲得(のちに返上)

2009/12/20 ○3RTKO ヨシップ・ジャラシック(クロアチア)
2010/02/06 ○3RTKO ジョナサン・パシ(コンゴ)
2010/03/07 ○6R判定 3-0(59-56、60-54、60-54) レミディウス・ジオシズ(リトアニア)
2010/06/12 ○3RTKO パトリック・ベルガー(オーストリア)
2011/04/02 ○3R棄権 レバン・ジョマーダシュビリー(ジョージア)

■ポーランドインターナショナルクルーザー級王座決定戦
2011/08/18 ○9RTKO ローマン・クラシク(チェコ)
※ポーランドインターナショナルクルーザー級王座獲得(のちに返上)

2011/10/14 ○6R棄権 パータ・キャシュビリー(ジョージア)
2011/12/03 ○2RTKO コンスタンチン・セマードジエブ(ブルガリア)
2012/03/17 ○6R判定 3-0(60-54、59-54、59-54) イスマエル・アブドゥル(ベルギー)

■WBOインターコンチネンタルクルーザー級タイトルマッチ/ポーランドインターナショナルクルーザー級王座
2012/08/18 ○6RTKO フェリペ・ロメロ(メキシコ)
※ポーランドインターナショナルクルーザー級王座防衛①(のちに返上)
※WBOインターコンチネンタルクルーザー級王座獲得

■WBOインターコンチネンタルクルーザー級タイトルマッチ
2012/11/17 ○11RKO マティ・アスキン(英)
※WBOインターコンチネンタルクルーザー級王座防衛①

2013/04/20 ○8R判定 3-0(78-73、80-72、78-73) テーラー・マビカ(ジャマイカ)
2013/10/19 ○4RTKO リチャード・ホール(ジャマイカ)

■WBOインターコンチネンタルタイトルマッチ
2013/12/14 ○9RTKO バロル・ベキログル(独)
※WBOインターコンチネンタルクルーザー級王座防衛②

2014/06/28 ○8R判定 3-0(80-72、79-74、80-74) イスマエル・アブドゥル(ベルギー)

■WBOインターコンチネンタルタイトルマッチ
2014/10/18 ○5RKO ティエリー・カール(仏)
※WBOインターコンチネンタルクルーザー級王座防衛③(のちに返上)

■WBO欧州クルーザー級タイトルマッチ
2015/01/31 ○12R判定 3-0(118-110、118-110、120-108) ヌリ・セフェリ(マケドニア)
※WBO欧州クルーザー級王座獲得(のちに返上)

■WBO世界クルーザー級タイトルマッチ
2015/08/14 ○11RKO マルコ・フック(独)
※WBO世界クルーザー級王座獲得

■WBO世界クルーザー級タイトルマッチ
2016/04/16 ○12R判定 3-0(115-109、115-109、116-108) スティーブ・カニンガム(米)
※WBO世界クルーザー級王座防衛①

■WBO世界クルーザー級タイトルマッチ
2016/09/17 ●12R判定 0-3(111-117、109-119、111-117) オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)
※WBO世界クルーザー級王座陥落

2017/06/24 ○5R棄権 ヒズニ・アルトゥンカヤ(トルコ)
2017/09/30 ○5RTKO レオナルド・ダミアン・ブルッツェーゼ(伊)
2018/02/10 ○8R判定 3-0(77-74、77-74、77-74) セルゲイ・ラッティンコ(ウクライナ)
2018/05/12 ○1RKO サンタンデール・シルガド(コロンビア)

■WBO世界クルーザー級暫定王座決定戦
2018/11/10 ○12R判定 3-0(115-112、117-110、118-110) マクシム・ブラソフ(ロシア)
※WBO世界クルーザー級暫定王座獲得(のちに正規王座に認定)

■WBO世界クルーザー級タイトルマッチ/WBC世界クルーザー級王座決定戦/WBSSシーズン2クルーザー級準決勝
2019/06/15 ●3RTKO マイリス・ブリーディス(ラトビア)
※WBO世界クルーザー級王座陥落
※WBC世界クルーザー級王座挑戦
※WBSSシーズン2クルーザー級敗退

■WBO世界クルーザー級王座決定戦
2021/03/20 ●6RKO ローレンス・オコリー(英)
※WBO世界クルーザー級王座挑戦

2022/04/30 ○4RTKO フランシスコ・リバス・ルイス(メキシコ)

 

【補足情報】
・WBO世界クルーザー級王座を獲得したマルコ・フック戦での勝利で、
 WBOの2015年9月度の月間MVPに選出された。
・日本語表記ではクリストフ・グロワキ、クシシュトフ・グロワキ、クシシュトフ・グロワツキ、
 クシシュトフ・グロワスキ、クリストフ・グロワツキ、クシシュトフ・グウォヴァツキ、
 クジストフ・グロワッキー等と表記されることもある。
・2017/06/24には当初、ブライアン・ハワード(米)と対戦する予定だったが、対戦相手が
 アルトゥンカヤへ変更されている。
・のちに世界二階級制覇王者となるオレクサンドル・ウシクと対戦し、判定で敗れている。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-く-に戻る
索引-K-に戻る 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました