窪倉 和嘉(Kazuyoshi Kubokura)

窪倉 和嘉(Kazuyoshi Kubokura)(横浜協栄)
 
 

本名:不明
生年月日:1943年8月6日
国籍:日本
戦績:37戦25勝(8KO)10敗2分
 
 

【獲得タイトル】
1963年度全日本ウェルター級新人王
第23代日本ウェルター級王座
 
 

【戦歴】
1963/08/11 ○4RTKO 福山 照俊(日東)
1963/10/22 ○4R判定 (採点不明) 松永 彰夫(青木)
1963/11/03 ○4R判定 (採点不明) 介川 力(帝拳)
1963/12/08 ○2RKO 柳沢 幸雄(極東)
1963/12/23 ○6RTKO 石田 賢次(リキ)

■1963年度全日本ウェルター級新人王決定戦
1964/01/27 ○6R判定 3-0(30-23、27-24、30-22) 吉村 則保(中日)
※全日本新人王獲得

1964/03/18 ○1RKO 日比野 武(東海)
1964/05/24 ○8R判定 (採点不明) 南 久雄(中外)
1964/06/29 ○10R判定 3-0(49-45、49-47、50-47) フラッシュ・タック・ボラニョ(比)

■日本スーパーライト級王座決定戦
1964/08/16 ●9RKO 岡野 耕司(協栄)
※日本スーパーライト級王座挑戦

1964/10/26 ○10R判定 2-1(50-46、48-49、49-47) 篠沢 佐久次(笹崎)
1964/12/20 ○10R判定 3-0(49-46、49-46、47-46) 渡辺 治(興伸)
1965/02/28 ○10R判定 3-0(48-43、48-44、48-46) カン・ギュスン(韓)
1965/06/13 ○8RKO ジョルジェ・サコマ(ブラジル)
1965/09/19 ○10R判定 3-0(49-46、50-45、49-46) 篠沢 佐久次(笹崎)

■OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)ウェルター級タイトルマッチ
1965/12/03 ●12R判定 1-2(57-55、56-57、54-58) アピデス・シチラン(タイ)
※OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)ウェルター級王座挑戦

1966/02/27 ○10R判定 3-0(49-47、49-46、49-47) チョ・ギョニン(韓)
1966/05/15 △10R判定 0-1(46-48、48-48、47-47) フェル・ペドランサ(比)
1966/09/11 △10R判定 0-1(47-48、48-48、48-48) 吉田 邦男(大拳)
1966/11/14 ●10R判定 0-3(46-50、44-50、46-49) ポール・アームステッド(米)

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1967/03/27 ○10R判定 3-0(48-46、50-47、48-47) 南 久雄(中外)
※日本ウェルター級王座獲得

1967/05/15 ○6RTKO イ・アンサノ(韓)
1967/07/17 ○10R判定 3-0(48-46、49-45、49-46) ノーム・キッド・ラングフォード(豪)
1967/09/18 ○10R判定 3-0(47-4449-4550-45) フィリピーノ・ラバロ(比)

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1967/12/25 ○10R判定 3-0(49-47、50-47、48-46) 南 久雄(中外)
※日本ウェルター級王座防衛①

1968/04/29 ○10R判定 3-0(50-42、50-44、50-44) ロッキー・アラーデ(比)
1968/07/15 ●10R判定 0-2(46-48、45-47、47-47) ジュアレス・デ・リマ(ブラジル)

■OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)ウェルター級タイトルマッチ
1968/08/21 ●2RTKO ムサシ 中野(笹崎)
※OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)ウェルター級王座挑戦

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1969/01/06 ●10R判定 (採点不明) 龍 反町(野口)
※日本ウェルター級王座陥落

1969/03/29 ○7RTKO 権田 正己(池山)

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1969/05/19 ●4RTKO 龍 反町(野口)
※日本ウェルター級王座挑戦

1970/01/11 ○10R判定 (採点不明) 阿蘇 行憲(勝又)
1970/04/12 ○5RKO イーグル 佐藤(野口)

■日本スーパーライト級タイトルマッチ
1970/05/27 ●2RKO ライオン 古山(笹崎)
※日本スーパーライト級王座挑戦

1970/09/23 ●7RKO イ・チャンギル(韓)
1971/02/15 ○8R判定 3-0(40-34、39-34、40-34) 北野 真吾(晴海)

■OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)スーパーライト級タイトルマッチ
1971/10/31 ●8RKO イ・チャンギル(韓)
※OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)スーパーライト級王座挑戦
 
 

【補足情報】
・神奈川県横浜市西区杉山町(現:西区中央)出身。
・カワイジムよりデビュー、南 久雄第2戦よりジムの名称が横浜協栄ジムと変わった。
・2歳の時戦災で家を焼失、金沢区へ移転、以来ずっと住み続ける。父は公務員、姉一人、妹二人。
・中学時代から水泳選手、水泳の名門校である鶴見工高へ進学。東京五輪を目指したが
 関東大会までで終わる。父がファンだったこともあり、TBSのボクシング教室に応募し合格。しかし、
 夏の合宿訓練が学校に認められず断念した。高卒後、昭和電工へ就職したものの、
 ボクシング教室出身の沼田 義明(極東)石山 六郎(極東)の活躍を見てカワイジムへ入門した。
・引退後は東京海上火災の代理店を経営した。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-く-に戻る
索引-K-に戻る
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました