オハラ・デイビス(Ohara Davies)

オハラ・デイビス(Ohara Davies)(英)

 

本名:オハラ・デイビス
生年月日:1992年2月9日
国籍:英
戦績:25戦23勝(16KO)2敗

 

【獲得タイトル】
WBCスーパーライト級シルバー王座
BBBofCイングランドライト級王座
WBAインターナショナルスーパーライト級王座
WBCインターナショナルスーパーライト級王座
WBCインターナショナルスーパーライト級王座
ゴールデンコントラクトトーナメントライト級優勝

 

【戦歴】
2014/04/19 ○4R判定 (40-36) イビンス・レビッキス(ラトビア)
2014/06/07 ○1RTKO クリスチャン・ドチェフ(ブルガリア)
2014/10/11 ○2RKO アンディ・ハリス(英)
2014/12/06 ○1RTKO オスカー・フィコ(ハンガリー)
2015/01/31 ○1RKO リー・ギボンズ(英)
2015/03/21 ○6R判定 3-0(60-53、60-53、60-54) ヤセク・ワイレゾール(ポーランド)
2015/05/28 ○2RTKO シマス・ボロシノ(リトアニア)
2015/09/12 ○3RTKO デイム・セック(仏)
2015/11/07 ○2R棄権 クリス・トルーマン(英)
2016/01/30 ○3RTKO プリンス・オフォツ(ガーナ)

■BBBofCイングランドライト級王座決定戦
2016/04/09 ○4RKO アンディ・キーツ(英)
※BBBofCイングランドライト級王座獲得(のちに返上)

2016/06/21 ○4R棄権 ゾルタン・サボ(ハンガリー)
2016/10/01 ○2RKO チャキブ・ファドリ(仏)

■WBCスーパーライト級シルバータイトルマッチ
2016/11/26 ○12R判定 3-0(採点不明) アンドレア・スカルパ(伊)
※WBCスーパーライト級シルバー王座獲得

■WBCスーパーライト級シルバータイトルマッチ
2017/03/04 ○3RTKO デリー・マシューズ(英)
※WBCスーパーライト級シルバー王座防衛①

■WBCシルバー/コモンウェルス英連邦スーパーライト級王座統一戦
2017/07/08 ●7RTKO ジョシュ・テイラー(英)
※WBCスーパーライト級シルバー王座陥落
※コモンウェルス英連邦スーパーライト級王座挑戦

■WBAインターナショナルスーパーライト級王座決定戦
2017/09/30 ○6RTKO トム・ファレル(英)
※WBAインターナショナルスーパーライト級王座獲得

2018/05/19 ○6R判定 (60-54) アーメド・ムウェバ(英)

■WBCインターナショナルスーパーライト級タイトルマッチ
2018/06/23 ○2RKO ポール・カマンガ(コンゴ)
※WBCインターナショナルスーパーライト級王座獲得(のちに返上)

■WBOインターコンチネンタルスーパーライト級タイトルマッチ
2018/10/06 ●12R判定 0-3(113-115、110-118、113-115) ジャック・カットラル(英)
※WBOインターコンチネンタルスーパーライト級王座挑戦

2019/06/28 ○10R判定 (97-94) ミゲール・バスケス(メキシコ)
2019/11/22 ○7R棄権 ローガン・ユン(米)
2020/02/21 ○6RTKO ジェフ・オフォーリ(英)

■WBCインターナショナルスーパーライト級タイトルマッチ/ゴールデンコントラクトトーナメントライト級決勝
2020/09/30 ○10R判定 2-0(95-95、96-94、96-94) タイロン・マケナ(英)
※WBCインターナショナルスーパーライト級王座獲得
※ゴールデンコントラクト優勝

2021/11/26 ○10R判定 3-0(99-91、99-91、99-91) ニコラス・ムワンギ(ケニヤ)

 

【補足情報】
・英-ロンドン、ハックニー出身。
・アマチュア戦績:18戦18勝。
・2018/06/23にはジョシュ・レザー(英)と対戦する予定だったが流れている。
・日本語表記では、オハラ・デイヴィス、オハラ・デービス、オハラ・デービーズ等と
 表記されることも多い。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-お-に戻る
索引-O-に戻る

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました