ジョージ・フォアマン(George Foreman)

ジョージ・フォアマン(George Foreman)(米)
 
 

本名:ジョージ・エドワード・フォアマン
生年月日:1949年1月10日
国籍:米
戦績:81戦76勝(68KO)5敗
 
 

【獲得タイトル】
1968年度全米AAUボクシング競技ヘビー級優勝(アマチュア)
メキシコシティ五輪ヘビー級金メダル(アマチュア)
NABF北米ヘビー級王座
NABF北米ヘビー級王座
パンアメリカンヘビー級王座
IBA世界ヘビー級王座
WBU世界ヘビー級王座
第25代WBA世界ヘビー級王座
第4代WBC世界ヘビー級王座
第7代WBA世界ヘビー級王座
第10代IBF世界ヘビー級王座

 
 

【戦歴】
1969/06/23 ○3RTKO ドン・ワルトハイム(米)
1969/07/01 ○1RKO フレッド・アシュー(米)
1969/07/14 ○1RTKO シルベスター・デュレル(米)
1969/08/18 ○3RTKO チェック・ウェブナー(米)
1969/09/18 ○1RKO ジョニー・キャロル(米)
1969/09/23 ○2RKO ロイ・ウォレス(米)
1969/10/07 ○2RTKO バーノン・クレイ(米)
1969/10/31 ○8R判定 3-0(7-1、7-1、7-0) ロベルト・ダビラ(ペルー)
1969/11/05 ○4RKO レオ・ピーターソン(トリニダードトバゴ)
1969/11/18 ○2RKO マックス・マルティネス(米)
1969/12/06 ○1RTKO ボブ・ヘーゼルトン(米)
1969/12/16 ○10R判定 3-0(10-0、10-0、10-0) レビ・フォルテ(米)
1969/12/18 ○1RTKO ゲイリー・ワイラー(米)
1970/01/06 ○4RKO チャーリー・ポリテ(米)
1970/01/26 ○5RKO ジャック・オハローラン(米)
1970/02/16 ○10R判定 3-0(9-1、7-3、5-4) グレゴリオ・ペラルタ(亜)
1970/03/31 ○1RTKO ルーファス・ブラッセル(米)
1970/04/17 ○3RTKO ジェームズ・J・ウッディ(米)
1970/04/29 ○4RTKO アーロン・イーストリング(米)
1970/05/16 ○7RTKO ジョージ・ジョンソン(米)
1970/07/20 ○1RKO ロジャー・ラッセル(米)
1970/08/04 ○3RTKO ジョージ・シュバロ(カナダ)
1970/11/03 ○3RTKO ルー・ベイリー(米)
1970/11/18 ○2RTKO ブーン・カークマン(米)
1970/12/18 ○1RTKO メル・サーンボー(米)
1971/02/08 ○1RKO チャーリー・ボストン(米)
1971/04/03 ○2RKO スタンフォード・ハリス(ジャマイカ)

■NABF北米ヘビー級王座決定戦
1971/05/10 ○10RTKO グレゴリオ・ペラルタ(亜)
※NABF北米ヘビー級王座獲得(のちに返上)

1971/09/14 ○1RKO ビック・スコット(米)
1971/09/21 ○2RKO リロイ・コールドウェル(米)
1971/10/07 ○2RKO オーリー・ウィルソン(米)
1971/10/29 ○4R棄権 ルイス・ファウスティーノ・ピレス(ブラジル)
1972/02/29 ○2RKO マーフィー・グッドウィン(米)
1972/03/07 ○2RKO クラレンス・ブーン(米)
1972/04/10 ○2RKO テッド・ガリック(米)

■パンアメリカンヘビー級王座決定戦
1972/05/11 ○2RKO ミゲール・アンヘル・パエス(亜)
※パンアメリカンヘビー級王座獲得(のちに返上)

1972/10/10 ○2RKO テリー・ソレル(米)

■WBA/WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
1973/01/22 ○2RTKO ジョー・フレージャー(米)
※WBA世界ヘビー級王座獲得
※WBC世界ヘビー級王座獲得

■WBA/WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
1973/09/01 ○1RKO ホセ・ローマン(プエルトリコ)
※WBA世界ヘビー級王座防衛①
※WBC世界ヘビー級王座防衛①

■WBA/WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
1974/03/26 ○2RTKO ケン・ノートン(米)
※WBA世界ヘビー級王座防衛②
※WBC世界ヘビー級王座防衛②

■WBA/WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
1974/10/30 ●8RKO モハメド・アリ(米)
※WBA世界ヘビー級王座陥落
※WBC世界ヘビー級王座陥落

■NABF北米ヘビー級王座決定戦
1976/01/24 ○5RKO ロン・ライル(米)
※NABF北米ヘビー級王座獲得

■NABF北米ヘビー級王座決定戦
1976/06/15 ○5RTKO ジョー・フレージャー(米)
※NABF北米ヘビー級王座防衛①(のちに返上)

1976/08/14 ○3RTKO スコット・レドゥー(米)
1976/10/15 ○4RTKO ジョン・ディノデニス(米)
1977/01/22 ○4RTKO ペドロ・アゴスト(プエルトリコ)
1977/03/17 ●12R判定 0-3(114-115、112-116、111-118) ジミー・ヤング(米)
1987/03/09 ○4RTKO スティーブ・ゾウスキー(米)
1987/07/09 ○3RKO チャールズ・ホステッター(米)
1987/09/15 ○6RTKO ボビー・クラブツリー(米)
1987/11/21 ○4RTKO ティム・アンダーソン(米)
1987/12/18 ○3RTKO ロッキー・セコースキー(米)
1988/01/23 ○1RKO トム・トリム(米)
1988/02/05 ○5RTKO グイド・トレーン(伊)
1988/03/19 ○7RTKO ドワイト・ムハマド・カウイ(米)
1988/05/21 ○3RTKO フランク・ラックス(米)
1988/06/26 ○4RTKO カルロス・エルナンデス(キューバ)
1988/08/25 ○2RTKO ラディスラオ・ミハンゴス(メキシコ)
1988/09/10 ○1RTKO ボビー・ヒッツ(米)
1988/10/27 ○2RTKO トニー・フリランジ(トンガ)
1988/12/28 ○1RTKO デビッド・ジャコ(米)
1989/01/26 ○7RTKO マーク・ヤング(米)
1989/02/16 ○3RTKO マノエル・デ・アルメイダ(ブラジル)
1989/04/30 ○5RTKO JB・ウィリアムソン(米)
1989/06/01 ○2R棄権 バート・クーパー(米)
1989/07/20 ○10R判定 3-0(99-91、98-91、97-92) エベレット・マーティン(米)
1990/01/15 ○2RTKO ジェリー・クーニー(米)
1990/04/17 ○4RTKO マイク・ジェームソン(米)
1990/06/16 ○2RKO アディルソン・ロドリゲス(ブラジル)
1990/07/31 ○3RKO ケン・ラコスタ(カナダ)
1990/09/25 ○1RKO テリー・アンダーソン(米)

■WBA/WBC/IBF世界ヘビー級タイトルマッチ
1991/04/19 ●12R判定 0-3(111-116、110-117、112-115) イベンダー・ホリフィールド(米)
※WBA世界ヘビー級王座挑戦
※WBC世界ヘビー級王座挑戦
※IBF世界ヘビー級王座挑戦

1991/12/07 ○3RTKO ジミー・エリス(米)
1992/04/11 ○10R判定 2-0(94-93、94-93、94-94) アレックス・スチュワート(ジャマイカ)
1993/01/16 ○8RTKO ピエール・コーツァー(南ア)

■WBO世界ヘビー級王座決定戦
1993/06/07 ●12R判定 0-3(110-117、110-117、109-118) トミー・モリソン(米)
※WBO世界ヘビー級王座挑戦

■WBA/IBF世界ヘビー級タイトルマッチ
1994/11/05 ○10RKO マイケル・モーラー(米)
※WBA世界ヘビー級王座獲得(のちに剥奪)
※IBF世界ヘビー級王座獲得

■IBF世界ヘビー級タイトルマッチ/WBU世界ヘビー級王座決定戦
1995/04/22 ○12R判定 2-0(115-113、115-113、114-114) アクセル・シュルツ(独)
※IBF世界ヘビー級王座防衛①(のちに剥奪)
※WBU世界ヘビー級王座獲得

■WBU世界ヘビー級タイトルマッチ/IBA世界ヘビー級王座決定戦
1996/11/03 ○12R判定 3-0(119-109、116-112、117-111) クロフォード・グリムスリー(米)
※WBU世界ヘビー級王座防衛①
※IBA世界ヘビー級王座獲得(のちに返上)

■WBU世界ヘビー級タイトルマッチ
1997/04/26 ○12R判定 2-1(118-110、115-112、113-114) ルー・サバレーゼ(米)
※WBU世界ヘビー級王座防衛②(のちに返上)

1997/11/22 ●12R判定 0-2(113-117、112-116、114-114) シャノン・ブリッグス(米)
 
 

 

【補足情報】
・息子のジョージ・フォアマン3世もプロのリングに上がった。
・ボクシングで稼いだ金を更生施設の建設につぎ込むなど、社会奉仕活動を積極的に行う人柄が
 人々から慕われ、体と器の大きさを讃えて「ビッグ」という愛称を持つ。
・アマチュア戦績:26戦22勝4敗
・ジミー・ヤング戦の敗戦後、ロッカールームで「神を見た」と言い、突然引退。宣教師となった。
 その後、青少年の更生施設の建設費用捻出のため10年ぶりに現役復帰。
・WBA世界ヘビー級王座の剥奪は指名挑戦者のトニー・タッカー(米)戦を拒否したことによるもの。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-し-に戻る
索引-G-に戻る
 
 
 

ボクシング 選手名鑑 -戦績一覧- -戦歴一覧-

コメント

タイトルとURLをコピーしました