岡田 博喜(Hiroki Okada)

岡田 博喜(Hiroki Okada)(角海老宝石)



本名:岡田 博喜
生年月日:1989年12月7日
国籍:日本
戦績:22戦20勝(13KO)2敗



【獲得タイトル】
2006年度インターハイライトウェルター級優勝(アマチュア)
2006年度国体少年の部ライトウェルター級優勝(アマチュア)
第38代日本スーパーライト級王座
WBOアジア太平洋スーパーライト級王座



【戦歴】
2011/10/01 ○2RTKO 中野 和也(花形)
2012/01/31 ○4RKO ペッチトンチャイ・ シリモンコンジム(タイ)
2012/08/07 ○1RKO 山内 直義(西城)
2012/09/28 ○3RTKO 菅沼 卓(川島)
2013/03/25 ○4RTKO 宮城 伶次(島袋)
2013/05/28 ○2RKO ヘリ・アンドリヤント(インドネシア)
2013/11/25 ○8RTKO ジェイピー・イグナシオ(比)

■日本スーパーライト級王座決定戦
2014/03/04 ○10R判定 3-0(98-92、97-92、96-94) 小竹 雅元(三迫)
※日本スーパーライト級王座獲得

■日本スーパーライト級タイトルマッチ
2014/07/28 ○10R判定 3-0(96-94、96-94、96-94) シャムガル 興一(三迫)
※日本スーパーライト級王座防衛①

■日本スーパーライト級タイトルマッチ
2015/03/07 ○3RTKO 外園 隼人(帝拳)
※日本スーパーライト級王座防衛②

■日本スーパーライト級王座統一戦
2016/01/16 ○3RTKO 中澤 将信(帝拳)
※日本スーパーライト級王座防衛③

■日本スーパーライト級タイトルマッチ
2016/04/19 ○7RTKO 麻生 興一(三迫)
※日本スーパーライト級王座防衛④

■日本スーパーライト級タイトルマッチ
2016/07/25 ○9R負傷判定 3-0(88-84、88-84、88-85) 青木 クリスチャーノ(駿河)
※日本スーパーライト級王座防衛⑤

■日本スーパーライト級タイトルマッチ
2016/11/01 ○10R判定 3-0(99-91、98-92、98-92) 細川 バレンタイン(宮田)
※日本スーパーライト級王座防衛⑥(のちに返上)

2017/03/04 ○7RTKO ロデル・ウェンセスラオ(比)
2017/06/30 ○10R判定 3-0(100-90、100-91、99-93) ジェリッツ・チャベス(比)

■WBOアジア太平洋スーパーライト級王座決定戦
2017/12/19 ○6RTKO ジェイソン・パガラ(比)
※WBOアジア太平洋スーパーライト級王座獲得(のちに返上)

2018/05/07 ○1RKO シソ・モラレス(比)
2018/09/14 ○10R判定 2-1(95-94、94-95、95-94) クリスティアン・ラファエル・コリア(亜)

■WBC米大陸/WBOインターコンチネンタルスーパーライト級王座決定戦
2019/02/10 ●9RKO ライムンド・ベルトラン(メキシコ)
※WBOインターコンチネンタルスーパーライト級王座挑戦
※WBC米大陸スーパーライト級王座挑戦

2019/11/02 ●1RTKO ハビエル・モリナ(米)
2020/12/14 ○8R判定 3-0(77-75、77-75、77-75) 富岡 樹(REBOOT.IBA)



【補足情報】
・東京都中野区出身。
・アマチュア戦績:43戦35勝(16KO)8敗。高校2冠王者となるも、卒業後は一旦ボクシングを
 離れる。のちに大学を中退してプロデビュー。
・キム・ファンキル戦は当初、2020/03/26に対戦する予定だったコロナウイルス流行の
 影響で延期の上で開催となった。
・日本スーパーライト級王座決定戦は正規王者だった小原 佳太(三迫)が東洋太平洋王座を目指して
 王座を返上したことに伴うもの。
・外園 隼人との日本タイトルマッチ後、岡田の拳の骨折により暫定王座が設けられ、
 中沢 将信が獲得。復帰後、王座統一戦として対戦した。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-お-に戻る
索引-H-に戻る




コメント

タイトルとURLをコピーしました