宮尾 綾香(Ayaka Miyao)

宮尾 綾香(Ayaka Miyao)(ワタナベ)

 

本名:宮尾 綾香
生年月日:1983年8月29日
国籍:日本
戦績:36戦24勝(6KO)9敗3分

 

【獲得タイトル】
WBA世界女子アトム級暫定王座
第2代WBA世界女子アトム級王座

 

【戦歴】
2004/07/25 △4R判定 0-1(採点不明) 入江 エリカ(山木)
2004/09/18 ○4R判定 3-0(採点不明) 入江 エリカ(山木)
2004/11/05 ○4R判定 3-0(採点不明) 入江 エリカ(山木)
2005/06/12 ○4R判定 2-1(採点不明) 森山 晶(フジワラ)
2005/10/16 △4R判定 0-1(採点不明) えっちゃん(八木橋)

■日本女子ミニフライ級タイトルマッチ
2006/04/30 ●4RKO 池山 直(フジワラ)
※日本ミニフライ級王座挑戦

2006/12/15 ●4R判定 0-2(採点不明) 久保 真由美(鴨居)
2007/02/12 ○6R判定 (採点不明) ジプシー・タエコ(ジプシー)

■WBC世界女子ライトフライ級王座決定戦
2007/04/03 ●10R判定 0-3(93-97、91-100、92-98) シリポン・タウィスク(タイ)
※WBC世界女子ライトフライ級王座挑戦

2007/06/24 ●2RKO ツナミ(山木)
2008/09/29 ○4R判定 2-1(40-37、39-38、38-39) 西田 久美子(マナベ)
2008/12/10 ○4R判定 3-0(40-37、40-37、39-37) 相川 周子(ワールドS)
2009/03/17 ○4R判定 3-0(39-37、39-38、39-38) 伊藤 まみ(イマオカ)
2010/02/05 ●4R判定 0-3(37-40、37-39、38-39) 柴田 直子(ワールドS)
2010/09/24 ○4R判定 3-0(40-35、40-35、40-35) 田中 奈浦子(フュチュール)
2010/12/15 ○4R判定 3-0(40-36、40-37、39-37) 小林 悠梨(グリーンツダ)
2011/04/21 ○6RTKO 伊藤 まみ(イマオカ)
2011/07/11 ○6R判定 3-0(59-56、59-56、59-56) 小田 美佳(宮田)
2012/02/19 ○8R判定 3-0(78-75、77-75、77-75) 秋田屋 まさえ(ワイルドビート)

■WBA世界女子アトム級タイトルマッチ
2012/09/16 ○10R判定 3-0(98-93、96-94、97-93) 安藤 麻里(フュチュール)
※WBA世界女子アトム級王座獲得

■WBA世界女子アトム級タイトルマッチ
2013/02/26 ○10R判定 3-0(98-91、98-92、96-93) 秋田屋 まさえ(ワイルドビート)
※WBA世界女子アトム級王座防衛①

■WBA世界女子アトム級タイトルマッチ
2013/06/24 ○10R判定 3-0(97-93、97-93、97-93) 安藤 麻里(フュチュール)
※WBA世界女子アトム級王座防衛②

■WBA世界女子アトム級タイトルマッチ
2013/11/28 ○10R判定 3-0(97-93、97-93、96-94) グレッツェン・アバニエル(比)
※WBA世界女子アトム級王座防衛③

■WBA世界女子アトム級タイトルマッチ
2014/03/03 ○5RKO ブアンゲルン・ワンソンチャイジム(タイ)
※WBA世界女子アトム級王座防衛④

2014/08/07 ○8RTKO ヨクファー・モークルンテープトンブリ(タイ)

■WBA世界女子アトム級タイトルマッチ
2014/10/25 ○10RKO 西村 聡美(折尾)
※WBA世界女子アトム級王座防衛⑤

2015/03/05 ○6R判定 3-0(60-54、60-55、59-55) 神田 桃子(勝又)

■WBA/WBC世界女子アトム級王座統一戦
2015/10/22 ●10R判定 0-3(93-96、93-96、94-95) 小関 桃(青木)
※WBA世界女子アトム級王座陥落
※WBC世界女子アトム級王座挑戦

2016/04/10 ○4RTKO クリカノック・アイランドムエタイ(タイ)

■WBO世界女子アトム級タイトルマッチ
2016/12/13 ●6RTKO 池山 直(フュチュール)
※WBO世界女子アトム級王座挑戦

2018/06/07 ○4RTKO アイサー・アリコ(比)

■WBA世界女子アトム級暫定王座決定戦
2018/11/20 ○10R判定 3-0(97-92、97-92、96-93) 池山 直(フュチュール)
※WBA世界女子アトム級暫定王座獲得

■WBA世界女子アトム級王座統一戦
2019/09/12 ●10R判定 1-2(96-94、94-96、92-98) モンセラット・アラルコン(メキシコ)
※WBA世界女子アトム級暫定王座陥落

■WBO世界ミニフライ級王座決定戦
2020/01/28 △10R判定 1-1(94-96、95-95、96-94) 多田 悦子(真正)
※WBO世界ミニフライ級王座挑戦

■WBO世界ミニフライ級王座決定戦
2020/12/03 ●9RTKO 多田 悦子(真正)
※WBO世界ミニフライ級王座挑戦

2021/09/22 ○8R判定 3-0(78-74、78-74、79-73) 長井 香織(真正)

 

【補足情報】
・長野県更埴市(現:千曲市)出身。
・アヤカのリングネームでデビュー。シリポン・タウィスク戦は本名で出場し、ツナミ戦ではまた
 アヤカで出場。西田 久美子戦以降は本名で戦っている。
・女子ボクシングJBC認可前はチームクロス所属、西田 久美子戦より大橋ジム所属、
 池山 直2戦目よりワタナベジム所属。
・BoxRecでは入江 エリカ1戦目の掲載がない。
・WBC世界女子ライトフライ級タイトルマッチとして行われたシリポン・タウィスク戦は、
 シリポンが麻薬の密売により服役中だった為、タイのクロムプレム中央刑務所内で行われた。

 

※当ブログでは情報を求めています。
誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-み-に戻る
索引-A-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました