江畑 佳代子(Kayoko Ebata)

江畑 佳代子(Kayoko Ebata)(ワタナベ)

 

本名:江畑 佳代子
生年月日:1976年1月7日
国籍:日本
戦績:21戦13勝(6KO)8敗

 

【獲得タイトル】
2001年度全日本女子アマチュアボクシング大会フェザー級優勝(アマチュア)
2002年度女子アマチュアボクシング全国大会バンタム級優勝(アマチュア)
2004年度全日本女子ボクシング選手権フライ級優勝(アマチュア)
2005年度全日本女子ボクシング選手権フライ級優勝(アマチュア)
2006年度全日本女子ボクシング選手権フライ級優勝(アマチュア)
2007年度全日本女子ボクシング選手権フライ級優勝(アマチュア)
G Legendライトフライ級王座
WBCインターナショナル女子ミニフライ級王座
第3代OPBF東洋太平洋女子フライ級王座
第6代WBO世界女子ミニフライ級王座

 

【戦歴】
■WBCインターナショナル女子ミニフライ級王座決定戦
2007/11/19 ○8R判定 3-0(77-75、77-75、78-76) ノンマイ・ソーシリポーン(タイ)
※WBCインターナショナル女子ミニフライ級王座獲得(のちに返上)

■WBC世界女子ライトフライ級タイトルマッチ
2008/04/26 ●10R判定 0-2(95-97、95-97、95-95) サムソン・ソーシリポーン(タイ)
※WBC世界女子ライトフライ級王座挑戦

2009/02/26 ○3RTKO キム・チスク(韓)

■OPBF東洋太平洋女子ライトフライ級王座決定戦
2009/06/26 ●10R判定 0-3(94-96、94-97、94-97) 菊地 奈々子(白井・具志堅S)
※OPBF東洋太平洋女子ライトフライ級王座挑戦

2009/12/28 ○3RTKO イム・ヒスン(韓)

■WBA世界女子スーパーフライ級タイトルマッチ
2010/05/17 ●10R判定 0-3(93-96、92-98、92-97) 天海 ツナミ(山木)
※WBA世界女子スーパーフライ級王座挑戦

■OPBF東洋太平洋女子ライトフライ級王座決定戦
2011/05/08 ●9R負傷判定 0-3(85-87、84-88、83-89) 柴田 直子(ワールドS)
※OPBF東洋太平洋女子ライトフライ級王座挑戦

2011/11/30 ○6R判定 3-0(60-54、60-55、59-56) マイムアン・シットクルシン(タイ)
2012/12/08 ○4R棄権 クリスティン・ラトゥーブ(比)

■G Legendライトフライ級王座決定戦
2013/03/03 ○5RTKO ヨクファー・シットクルシン(タイ)
※G Legendライトフライ級王座獲得

■OPBF東洋太平洋女子フライ級タイトルマッチ
2013/07/22 ○8R判定 3-0(78-73、79-73、78-73) ソン・チョーロン(韓)
※OPBF東洋太平洋女子フライ級王座獲得(のちに返上)

■IBF世界女子ミニフライ級王座決定戦
2013/11/28 ●10R判定 0-3(93-97、92-98、94-96) ナンシー・フランコ(メキシコ)
※IBF世界女子ミニフライ級王座挑戦

2014/08/27 ○6R判定 3-0(60-55、60-55、59-55) ペッチパヤ・モークルンテープトンブリ(タイ)

■WBO世界女子ミニフライ級タイトルマッチ
2015/05/06 ●7R負傷判定 1-2(67-66、66-67、66-67) 池原 シーサー久美子(フュチュール)
※WBO世界女子ミニフライ級王座挑戦

2016/03/01 ○5RTKO ソーンサワン・サラカーンジム(タイ)

■WBO世界女子ミニフライ級タイトルマッチ
2016/09/21 ●10R判定 1-2(94-96、96-94、94-96) 池原 シーサー久美子(フュチュール)
※WBO世界女子ミニフライ級王座挑戦

2017/01/17 ○4RTKO スーダ・サックナロン(タイ)

■WBO世界女子ミニフライ級王座決定戦
2017/05/19 ○10R判定 3-0(97-93、97-93、98-92) 塙 英理加(UNITED)
※WBO世界女子ミニフライ級王座獲得

■WBO世界女子ミニフライ級タイトルマッチ
2018/03/08 ○10R判定 2-0(96-94、95-95、97-93) パク・ジヒョン(韓)
※WBO世界女子ミニフライ級王座防衛①

■WBO世界女子ミニフライ級タイトルマッチ
2018/12/01 ●10R判定 0-3(92-98、92-98、93-97) 多田 悦子(真正)
※WBO世界女子ミニフライ級王座陥落

2021/10/15 ○6R判定 3-0(58-55、59-54、59-54) 池山 直(フュチュール)

 

【補足情報】
・東京都品川区出身。
・獲得したG Legendライトフライ級王座は東日本ボクシング協会女子委員会が
 制定したもの。のちにJBCと合同で作成する「日本女子ランキング」が開始された。
・サムソン・ソーシリポーンへの世界挑戦は、JBCが女子ボクシングを公認してから
 最初の世界タイトルマッチとなった。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-え-に戻る
索引-K-に戻る

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました