野口 進(Susumu Noguchi)

野口 進(Susumu Noguchi)(大日)
 
 

本名:野口 進
生年月日:1908年6月2日
国籍:日本
戦績:56戦34勝(16KO)7敗15分
 
 

【獲得タイトル】
第2代日本(戦前)ウェルター級王座
第3代日本(戦前)ウェルター級王座
第4代日本(戦前)ウェルター級王座
第7代日本(戦前)ウェルター級王座
 
 

【戦歴】
1924/11/15 △12R判定 (採点不明) ファイティング・チゴラ(比)
1924/11/16 ○12R判定 (採点不明) バトリング・キーコ(比)
1924/12/07 △12R判定 (採点不明) ファイティング・チゴラ(比)
1927/06/05 ○3RKO ヤング・ジャクソン(米)
1927/06/19 ○10R判定 (採点不明) 池田 福太郎(所属ジム不明)
1927/07/10 ●5R判定 (採点不明) 日吉 勝吉(東拳)
1927/10/23 ○1RKO キッド・パウエル(国籍不明)
1927/10/24 △8R判定 (採点不明) 日吉 勝吉(東拳)
1928/04/19 ○1RKO 佐藤 東洋(帝拳)
1928/04/30 ○3RKO グレゴリー・サデソン(ロシア)
1928/12/25 △3R判定 (採点不明) 大森 熊蔵(東拳)
1931/06/28 ○10R判定 (採点不明) ボビー・ウィルス(比)
1931/07/18 ○10RTKO ジャック・クライトン(英)
1931/08/01 ○6R判定 (採点不明) ロメオ・パボリーニ(米)
1931/08/09 ○5RTKO アルバート・グレーザー(豪)
1931/09/27 ○10R判定 (採点不明) ボビー・ウィルス(比)
1931/10/07 ○1RKO ダブリュー・パリー(英)
1931/11/17 ●9R反則 熊谷 二郎(日倶)
1931/12/04 ●10R判定 (採点不明) ヤング・アルデ(比)
1931/12/26 ○10R判定 (採点不明) 熊谷 二郎(日倶)
1932/01/11 ○2RKO ボビー・ウィルス(比)
1932/01/22 ○6RTKO 小林 一夫(東京ボーリング)
1932/03/01 ○3RKO ローリー・ロウ(英)
1932/03/04 ○2RKO ローリー・ロウ(英)
1932/03/25 ○10R判定 (採点不明) 熊谷 二郎(日倶)
1932/04/15 ○8R判定 (採点不明) ボビー・ウィルス(比)
1932/04/20 ○4RTKO ボビー・ウィルス(比)
1932/05/09 △8R判定 (採点不明) フランク・マリナオ(比)
1932/05/16 △6R判定 (採点不明) 山中 利行(帝拳)
1932/05/25 △10R判定 (採点不明) 網野 松雄(日米)
1932/06/10 ○8R判定 (採点不明) テリー・セコンド(比)
1932/06/16 △8R判定 (採点不明) 網野 松雄(日米)
1932/07/03 ○8R判定 (採点不明) テリー・セコンド(比)
1932/07/08 ○10R判定 (採点不明) 網野 松雄(日米)
1932/07/16 ●3RKO ジャック・クライトン(英)
1932/08/09 △8R判定 (採点不明) 網野 松雄(日米)
1932/08/27 △8R判定 (採点不明) シドニー・ブレント(米)
1932/10/01 △8R判定 (採点不明) ファイティング・ネルソン(比)
1932/10/10 △10R判定 (採点不明) ジョニー・クリスマス(米)
1932/10/17 ○5RKO スター・コシオ(比)
1932/10/28 ○6R判定 (採点不明) 山中 利行(日米)
1932/11/10 ●10R判定 (採点不明) ファイティング・ネルソン(比)
1932/12/18 ○8R棄権 川田 藤吉(日米)
1933/01/05 ○5R反則 ラウル・タラン(メキシコ)
1933/02/17 ○6R判定 (採点不明) フランク・マリナオ(比)
1933/03/17 ○5RTKO テリー・セコンド(比)
1933/04/18 ○6R判定 (採点不明) テリー・セコンド(比)
1933/04/25 ○6R判定 (採点不明) 清宮 満三郎(帝拳)
1933/04/29 △8R判定 (採点不明) フランク・マリナオ(比)
1933/05/11 ○6R判定 (採点不明) 佐藤 利一(東邦)

■日仏対抗戦ウェルター級代表決定トーナメント決勝
1933/05/23 ○8R判定 (採点不明) 臼田 金太郎(国際)
※日本(戦前)ウェルター級王座獲得

1933/06/24 △8R判定 (採点不明) エイメ・ラファエル(仏)
1933/07/05 △8R判定 (採点不明) 熊谷 二郎(臨海)
1933/07/10 ●8R判定 (採点不明) エイメ・ラファエル(仏)
1933/07/28 ○3RTKO ジミー・ラビィ・ハート(米)
1933/10/10 ●7RTKO ハーリィ・ユーイン(英)
 
 

 
 

 

【補足情報】
・東京拳闘協会からプロとなり、大日本拳闘会へ移籍。
・第12代日本フライ級王者の野口 恭(野口)は息子。
・ライオンの異名を持ち、「ライオン野口」と表記されることもある。
・ヤング・ジャクソン戦の勝利で第2代日本ウェルター級王者に認定。第3代の同王座獲得は
 明治神宮大会優勝で獲得とされているが、1927年中のどの試合がそれに当たるかは不明。
 第4代日本ウェルター級王座の獲得時期は不明。第7代日本ウェルター級王座獲得時の臼田戦は
 一度引分とされた判定が抗議で覆されたが、王座は両名が
 認定されている。(第8代日本ウェルター級王座に臼田)
・引退後は若槻礼次郎襲撃事件を起こし逮捕されるなどもあったが、後に野口ジムを開設。1961年5月8日に
 胃潰瘍により逝去。
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-の-に戻る
索引-S-に戻る
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました