デオンテイ・ワイルダー(Deontay Wilder)

デオンテイ・ワイルダー(Deontay Wilder)(米)

 

本名:デオンテイ・レシュフン・ワイルダー
生年月日:1985年10月22日
国籍:米
戦績:45戦42勝(41KO)2敗1分

 

【獲得タイトル】
2007年度ナショナル・ゴールデングローブ・ヘビー級優勝(アマチュア)
2007年度全米選手権ヘビー級優勝(アマチュア)
WBCアメリカ大陸ヘビー級王座
第29代WBC世界ヘビー級王座

 

【戦歴】
2008/11/15 ○2RTKO イーサン・コックス(米)
2009/03/06 ○1RTKO シャノン・グレー(米)
2009/03/14 ○1R棄権 リチャード・グリーンJr(米)
2009/04/24 ○1RKO ジョセフ・ラボッテ(米)
2009/05/23 ○1RKO チャーリー・ブラウン(米)
2009/06/26 ○1RKO ケルシー・アーノルド(米)
2009/08/14 ○1RTKO トラビス・アラン(米)
2009/11/28 ○1RKO ジェリー・ボーン(米)
2010/04/02 ○1RKO タイ・カッブ(米)
2010/04/30 ○3RTKO アルバロ・モラレス(米)
2010/07/03 ○1R棄権 ダスティン・ニコラス(米)
2010/09/25 ○1RKO シャノン・コードル(米)
2010/10/15 ○4RTKO ハロルド・スコニアーズ(米)
2010/12/02 ○1RKO ダン・シーハン(米)
2011/02/19 ○2RTKO デアンドレイ・アブロン(米)
2011/05/06 ○1RTKO レジー・ペーニャ(米)
2011/06/18 ○2RKO デーモン・リード(米)
2011/08/27 ○2RTKO ドミニク・アレクサンダー(米)
2011/11/05 ○3RKO ダニエル・コタ(メキシコ)
2011/11/26 ○1RKO デビット・ロング(米)
2012/02/25 ○4RTKO マーロン・ヘイズ(米)
2012/05/26 ○1RTKO ヘスス・オルトマンズ(米)
2012/06/23 ○3R棄権 オーウェン・ベック(米)
2012/08/04 ○1RTKO ケートソン・マンスウェル(トリニダードトバコ)
2012/09/08 ○2RKO デイモン・マクリアリー(米)

■WBCアメリカ大陸ヘビー級王座決定戦
2012/12/15 ○3RKO ケルビン・プライス(米)
※WBCアメリカ大陸ヘビー級王座獲得

2013/01/19 ○2RTKO マシュー・グリア(米)
2013/04/27 ○1RTKO オードリー・ハリソン(英)

■WBCアメリカ大陸ヘビー級タイトルマッチ
2013/08/09 ○1RKO セルゲイ・リャコビッチ(ベラルーシ)
※WBCアメリカ大陸ヘビー級王座防衛①

■WBCアメリカ大陸ヘビー級タイトルマッチ
2013/10/26 ○4RKO ニコライ・フィルタ(米)
※WBCアメリカ大陸ヘビー級王座防衛②(のちに返上)

■WBC世界ヘビー級挑戦者決定戦
2014/03/15 ○1RKO マリック・スコット(米)
※WBC世界ヘビー級挑戦権獲得

2014/08/16 ○4R棄権 ジェイソン・ガバーン(米)

■WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
2015/01/17 ○12R判定 3-0(118-109、119-108、120-107) バーメイン・スタイバーン(カナダ)
※WBC世界ヘビー級王座獲得

■WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
2015/06/13 ○9RKO エリック・モリナ(米)
※WBC世界ヘビー級王座防衛①

■WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
2015/09/26 ○11RTKO ヨハン・デュオパ(仏)
※WBC世界ヘビー級王座防衛②

■WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
2016/01/16 ○9RKO アルツール・スピルカ(ポーランド)
※WBC世界ヘビー級王座防衛③

■WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
2016/07/16 ○8R棄権 クリス・アレオラ(米)
※WBC世界ヘビー級王座防衛④

■WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
2017/02/25 ○5RTKO ジェラルド・ワシントン(米)
※WBC世界ヘビー級王座防衛⑤

■WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
2017/11/04 ○1RKO バーメイン・スタイバーン(カナダ)
※WBC世界ヘビー級王座防衛⑥

■WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
2018/03/03 ○10RTKO ルイス・オルティス(キューバ)
※WBC世界ヘビー級王座防衛⑦

■WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
2018/12/01 △12R判定 1-1(115-111、112-114、113-113) タイソン・ヒューリー(英)
※WBC世界ヘビー級王座防衛⑧

■WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
2019/05/18 ○1RKO ドミニク・ブリーズエール(米)
※WBC世界ヘビー級王座防衛⑨

■WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
2019/11/23 ○7RKO ルイス・オルティス(キューバ)
※WBC世界ヘビー級王座防衛⑩

■WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
2020/02/22 ●7RTKO タイソン・ヒューリー(英)
※WBC世界ヘビー級王座陥落

■WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
2021/10/09 ●11RKO タイソン・ヒューリー(英)
※WBC世界ヘビー級王座挑戦

 

【補足情報】
・米-アラバマ州タスカルーサ出身。
・アマチュア戦績:24戦21勝3敗。わずか20戦強でオリンピックでメダリストとなるのは異例で、
 競技開始から驚異的なスピードでオリンピックまで駆け上がったことになる。
・プロ転向の理由は金銭面。19歳の頃に授かった娘が難病を抱えており、
 治療費を稼ぐためと言われている。
・2010/10/15のハロルド・スコニアーズとの一戦でプロ初のダウンを喫するも、
 4Rに3度ダウンを奪い逆転のTKO勝利を飾っている。
・2013年5月4日 暴行容疑で逮捕されている。こちらは物を取られたと勘違いしたワイルダーが
 女性の首を絞めたことが原因。女性に謝罪し解決している。
・日本語表記ではデオンタイ・ワイルダーと表記することも多い。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-て-に戻る
索引-D-に戻る 

コメント

タイトルとURLをコピーしました